1月12日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月12日【山羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月12日生まれの人は、とにかく仕事に徹するタイプなので、持っている能力を有効に活かすためにも、慎重に職業を選択することが大事です。
自分や他人を傷つけるような回り道を避け、確固たる道徳基準を持ち、従来の人間的な価値を見失わないことが、より良い人生を歩むカギになるようです。
自己犠牲の衝動と、その対極の利己的な力の行方を見守りつつ、自分をコントロールしてゆく必要があります。


Sponsored Link


1月12日が導く運勢

【プロに徹して生きていく定め】

プロに徹して生きてゆくという宿命を背負っています。大抵は20代に仕事や生きがいに取り付かれ、主に精神的な成長の部分で大きな犠牲を払います。

自分では人生を他人に捧(ささ)げているつもりでも、実は刺激や冒険を求めているのは当の本人。他人が関与しているかどうかは、あまり関係がないのです。ただ、いったん天職を見つけたら、どんな苦労も厭(いと)わない人です。

【長 所】

  • プロ意識がある
  • ひらめきがある
  • 積極的にコミットする

【短 所】

  • 自分を犠牲にする癖がある
  • 何かに気を取られやすい
  • 無頓着

心理/性格

自分を社会や政治の理想像と考えがちで、自分のアイデンティティの大部分をその理想像に預けてしまいます。一方で、プロの道で成功するために自分の個性やイメージが不可欠と考えた場合、完全に自分に心酔してしまう癖もあります。例えば、セールス活動やフリーランスとしての売込みにおける宣伝、広告、演出などにこの傾向が見られます。

この性格のおかげで、見通しの悪い計画を引きずったまま方向転換できずに、結局は失敗に終わってしまうこともありがちです。プロジェクトが失敗すると大きな挫折感を味わい、立ち直るのにかなりの時間を要する場合もあるようです。

この日生まれの人が魅力を感じる仕事(または熱中している趣味)は、控えめに言っても一風変わったものが多いようです。このため、成功を収めた場合は、「すばらしい」、「非凡だ」などの評価に混じって、「少々変わっている」という意見もあるでしょう。

どうやら、安定した生活から得られるメリットには縁がないようです。ただし、自分にふさわしい、古風で物静かな(また、穏やかさと慎ましさを備えた)人にめぐり逢えれば、末永く幸せに過ごすチャンスはあるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

山羊座(12月22日~1月20日)の特徴

山羊座は、人の一生を星座の12期に分割すると第10期(63歳~70歳)に当たることから、成熟した真面目な大人の時期と考えられています。ですから、倹約、省エネ、慎重なアプローチなどは、山羊座の責任感ある態度の典型です。

山羊座の山羊は、おとなしく草原で草を食べているだけのように思えますが、やがて、より見晴らしのよい地点を求めて山を登ります。この元気な山羊は、「野心」「意欲」「成功への努力」などを象徴しています。

山羊座生まれの人は、土星に支配されることから、真面目さ、責任感、そして制限への欲求が強まり、一見すると保守的に感じられますが、それは必ずしも向上を求めないということではありません。忍耐強く着実に高みを極めようとする人です。ですから、信条として、ゆっくりと丹念に取り組み、途中で投げ出すことは滅多にないでしょう。また、自由意志と自己主張の重要性を忘れることがないため、頂上を極めて、そこに留まる能力もあります。

一方で、権力とその効用について本能的に理解しており、独裁的になりがちです。人に何かを命令するどころか、やり方までいちいち指図し、言うことをきかせるために、圧倒的な知識をひけらかすことも珍しくありません。この、やや神経質な性格のおかげで、物事が容易に運んだり、上手く行きすぎたりすると、かえって疑わしい気持になるようです。

山羊座は非常に多様なタイプが見られるので、性格の判断が難しい星座です。しかし共通しているのは、土星の影響による宿命の感覚です。この感覚は、試練や困難や苦しみさえも、人生に包まれた一部として考え、縁あって巡ってきた、あらゆる役割を受け入れるでしょう。しかし、このような真面目な性格は、変化に対応できる柔軟性を欠くため、間違いや失敗をなかなか認めないところが心配されます。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

12日生まれの人は、ナンバー3(1+2=3)と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は、自分のテリトリーでトップを目指します。このため、自由でいられるフリーランスの仕事や自営業で生計を立てたいと思うでしょう。
木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。一方で、やや非現実的なところもありますが、ナンバー3の影響を受けることで、精神面でも肉体面でも様々なことに集中して取り組むでしょう。

1月12日は、山羊座を支配する土星の影響も受けます。土星は縮小・制限を意味し、制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。また、責任感が強く、限界を知り、慎重ですが、諦めやすいのが特徴です

これらの性質を受ける1月12日生まれは、必要に応じて慎重に用心深く、現実的に取り組みます。特に、私生活において、この傾向が強まるようですが、あまりに、私的な事で慎重になり過ぎると、身動きがとれなくなることもあるようです。これは、余計な事で仕事に影響することを嫌うためですが、あまりに仕事優先では、いずれ行き詰ります。出来るだけ早く、理解あるパートナーを見つけ、私生活にも目を向けるようにしてください。

タロットが導くカード

12日の大アルカナ・カードは吊された男。一本の足で、逆さ吊りになっている男が描かれています。体は自由になりませんが、吊された男は、強い意志をもち深い思索にふけっています。

このカードがあらわす良い面は、自分の限界を知り、克服すること。また、飾りのない、ありのままの人間でいることも意味しています。悪い面は心が狭く、広い視野をもたないところです。

健康について

大切な活動に影響しない限り、健康を侮(あなど)りがちです。半年から1年に1度は定期検診を受けるといいでしょう。歯のトラブルにはかなり早くから悩まされそう。ホルモンのアンバランスや姿勢の問題、極端な肥満や痩せ、アレルギーや軽い炎症などの皮膚病にもかかりやすいようです。

安定したライフスタイルを確立し、日頃から健康に気をつけることが大事です。バランスの摂れた食事も健康を改善します。新鮮な果物や野菜、穀類をたっぷり取り、動物性脂肪や糖分を控えめに。運動は長距離のウォーキングをするなど、適度なものがおすすめ。

1月12日生まれの方へ

活発で饒舌(じょうぜつ)な上に、自分のアイデアに心を奪われて、警告やアドバイスが耳に入らなくなることもしょっちゅうです。そのため、尊大な態度になりがちで嫌われてしまうことが多々あるようです。時には控えめなアプローチや、相手のニーズに対する気遣いが良い結果を生むということを肝に銘じてください。

私生活に気を配り、確固たる道徳観を忘れずに。他人の意見に耳を傾けること。傲慢(ごうまん)や恩着せがましさには要注意。仕事面では熱中しすぎないこと。仕事は人生の一部にすぎません。

【瞑想の言葉】

何より大切なのは、自分に忠実であること。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link