1月11日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月11日【山羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月11日生まれの人は、強い意志を持って、自分の出会った相手や体験した出来事を的確に評価します。偏見を持たないことにかけては誇りを持っているようですが、自分の物差しですべてを測るため、場合によっては、やや客観性を欠いてしまうこともあるようです。

自分が得意とする文章や物、方法、財政、システムなどを評価することにかけては、まさに達人。そのため、それぞれの専門分野で、物や投資の価値、著作や美術工芸の信頼性について、意見を求められる存在になるでしょう。


Sponsored Link


1月11日が導く運勢

【インチキを見抜く目の持ち主】

優れた分析力と確かな鑑識眼を備えていて、冷静に物事をふるいにかけます。いかがわしいものを一目で見破ることが多く、無駄や不正を排除する場合には貴重な存在になります。

重大な事案について、この日生まれの人の目をごまかすのは至難の業(わざ)です。ただ、残念なのは、時として頭の固い偏狭(へんきょう)さが出てしまうこと。こうなると他人の意見など一切受け付けないでしょう。

【長 所】

  • 信用できる
  • 役に立つ
  • 意志が強い

【短 所】

  • 黒白つけたがる
  • 厳格

心理/性格

周囲をありのままに捉えるには、あまり信念にこだわらないほうがいいでしょう。モラルに厳しすぎて、自分の信念に反することをビシビシ非難してしまうところがあります。これは特に相手が自分の子供の場合は深刻で、子供に罪の意識を植え付けるばかりか、自信や自立心を奪ってしまいます。親になった場合は、裁判官のように高いところから見下ろして憎まれたり反抗されたりしないように要注意。

自分が全くといっていいほど知らないことも、自信や確信ありげに話すため、相手は調子が狂ってしまいます。しかし、当人は淡々と自分の意見を繰り返すばかり。ただ、結局はそれが「嘘から出たまこと」になってしまうことが多々あり、信用を失うことはないでしょう。

せっかく人生経験に対する洞察力や明確なビジョンを持っているのに、先入観や凝り固まった考え方は、美的センスを邪魔するだけです。他人に対する鑑識眼や分析力を自分に適用することによって、もっとオープンになれるでしょうが、そのためには相当な忍耐力が必要なことは言うまでもありません。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

山羊座(12月22日~1月20日)の特徴

山羊座は、人の一生を星座の12期に分割すると第10期(63歳~70歳)に当たることから、成熟した真面目な大人の時期と考えられています。ですから、倹約、省エネ、慎重なアプローチなどは、山羊座の責任感ある態度の典型です。

山羊座の山羊は、おとなしく草原で草を食べているだけのように思えますが、やがて、より見晴らしのよい地点を求めて山を登ります。この元気な山羊は、「野心」「意欲」「成功への努力」などを象徴しています。

山羊座生まれの人は、土星に支配されることから、真面目さ、責任感、そして制限への欲求が強まり、一見すると保守的に感じられますが、それは必ずしも向上を求めないということではありません。忍耐強く着実に高みを極めようとする人です。ですから、信条として、ゆっくりと丹念に取り組み、途中で投げ出すことは滅多にないでしょう。また、自由意志と自己主張の重要性を忘れることがないため、頂上を極めて、そこに留まる能力もあります。

一方で、権力とその効用について本能的に理解しており、独裁的になりがちです。人に何かを命令するどころか、やり方までいちいち指図し、言うことをきかせるために、圧倒的な知識をひけらかすことも珍しくありません。この、やや神経質な性格のおかげで、物事が容易に運んだり、上手く行きすぎたりすると、かえって疑わしい気持になるようです。

山羊座は非常に多様なタイプが見られるので、性格の判断が難しい星座です。しかし共通しているのは、土星の影響による宿命の感覚です。この感覚は、試練や困難や苦しみさえも、人生に包まれた一部として考え、縁あって巡ってきた、あらゆる役割を受け入れるでしょう。しかし、このような真面目な性格は、変化に対応できる柔軟性を欠くため、間違いや失敗をなかなか認めないところが心配されます。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

11日生まれの人は、ナンバー2(1+1=2)と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなりますが、リーダー向きではありません。
一方、月に支配される人は、豊かな創造力と優雅な性質が強調されます。

1月11日は、山羊座を支配する土星の影響も受けます。土星は縮小・制限を意味し、制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。また、責任感が強く、限界を知り、慎重ですが、諦めやすいのが特徴です

これらの性質を受ける1月11日生まれは、月と土星が陰の性質であるため、目立たない存在になりがちです。しかし、たとえ賞賛されることがなくても社会的な役割(労働や家族を守ることなど)を果たそうと努力するでしょう。ですから、この日に生まれた人は、信頼できる人として、周囲から評価されます。

ちなみに、11日生まれの人は、11という数字の形の影響を受け、同じ形のものが対になっている物や対象になっている物に興味をもつことがあります。これは、バランスをとって生きていこうとする証でもあるようです。

タロットが導くカード

11日の大アルカナ・カードは正義。片手に秤(はかり)、もう一方の手には剣を持ち、静かに坐る女性が描かれています。意味するものは宇宙の秩序。そのバランスと調和は、人間の生活のなかにも、常に存在することをあらわしているのです。

このカードのもつ良い面は、清廉潔白、公正、誠実、自制です。一方で、決断力に乏しく保守的すぎることや、冷淡、不平などの悪い面をもっています。

健康について

他人に気をつかい過ぎては、自分が疲れてしまいます。もっとリラックスして、休暇を取るようにしましょう。時には手を休めて、成り行きに任せればいいのです。精神面での固さが肉体面にも現れ、年齢とともに、とりわけ骨に影響が出ます。食事はあまり画一的にならず、新しいメニューや素材、調理法などを試してみましょう。また、定期的に、軽度から中程度の運動をするよう心がけてください。ウォーキングや水泳がおすすめです。

1月11日生まれの方へ

いったんこうと決めたら最後、議論の余地をほとんど持たないため、とにかく柔軟性を持つことが何よりも大事。寛大さや優しさ、献身的な態度を見せることはできるのですから、あとは批判的な態度さえ改めればもっとオープンに人を受け入れることができるはずです。

チャンスも与えずに相手を非難してはいけません。自分の過ちを認める。それが出来たら自分をたっぷりと褒めてあげましょう。

【瞑想の言葉】

偏見を捨てれば新鮮な空気が吸える。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link