11月17日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月17日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

11月17日生まれの人は、道徳的な信念を重んじるあまり、柔軟性に欠けるところがあります。また、心を開いて打ち解けるのが苦手な人です。しかしながら、日頃から何者にも心を乱されないように鍛錬し、逆境やプレッシャーに直面しても、落ち着いて冷静に対処できるよう心がけています。そのためか、どこか超然として、仲間からも一線を画しているような印象を与えるかもしれません。


Sponsored Link


11月17日が導く運勢

【未来への橋渡しとなる人】

荒れる川に架かった橋のように、対立する人々の意見や考え、関心事の間をつなぐ存在になるでしょう。人生を例えるなら、いくつもの道路が交わる交差点のようなもの。そんな交差点で積極的に物事を取りまとめ、セメントのように固める役割を果たします。また、家庭、社交、仕事の場で、集団がスムーズに動けるように取り仕切る能力もあります。

取りまとめに優れているのは、先天的、あるいは後天的な気質のせいでしょうが、少なからぬ奮闘のおかげでもあります。ともあれ、決して歩み寄ることなどない文化、階級、国家などを、体を張って結び付ける力をもった人です。

【長 所】

  • 調停役に向いている
  • 手助けをいとわない
  • 責任感が強い

【短 所】

  • ガチガチの道徳観を振り回す
  • お高くとまっている
  • お節介

心理/性格

何よりも嫌うのは口論、反対、仲間割れの画策、あらゆる差別です。特に女性は、きわめて自立心に富み、何があっても自分の独立した地位を守ろうとします。限定されたアシスタント的な業務に甘んじている女性たちは、自分たちの地位を再検討し、できればその向上を目指そうとするでしょう。

男性の場合、自分の意見に関しては威圧的、攻撃的になる傾向がありますが、歩み寄りの大切さも分かっています。晩年になると子孫に目を向けるようになり、自分が何を遺してやれるのかを気にするようになるでしょう。

物質的なものに関心があり、金銭的に困ることはほとんどありません。家は頑丈で暮らしやすく清潔さに気を使うでしょう。成り行き任せということができない人です。そのため、何もかもコントロールしようとする癖には要注意です。

必ずしも野心的なわけではありませんが、いったん重要な地位を手にすると、そこに留まり、必死で守ろうとします。しかし、人を導いたり、困っている人たちを守る立場になると、必要とあらば天に昇って神と戦うことさえ厭(いと)わないでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

17日生まれの人は、ナンバー8(1+7=8)と土星に支配されています。ナンバー8に支配される人は、ゆっくりと着実に生活基盤やキャリアを築いていきます。ただ、孤立しがちで、気ままな性格になりやすく、何かに没頭し過ぎる傾向もあるようです。一方、土星に支配される人は、制限や制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。

11月17日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける11月17日生まれは、支配的で重苦しく、冷酷で抑圧的という面が強調されます。このため、独りよがりになる危険が増すので、とにかく孤立しないよう注意してください。また、理想が高すぎて思い通りにならないことに苦しむようです。現実から逃げずに、もっと心を開くことで、理想と現実の間が縮まるはずです。

タロットが導くカード

17日の大アルカナ・カードは星。裸の美しい娘が、星の下にいます。彼女は1つの水差で乾いた大地を潤し、もう1つの水差しで池の よどんだ水を生き返らせているのです。

娘が象徴しているのは、地上における生命の繁栄。しかし、彼女の肉体は、その繁栄の奴隷であることも示しています。一方で、頭上の星は精神的な世界の存在を思い起させます。

11月17日生まれの人は、お金や権力に貪欲にならないよう常に意識し、本来目指している目標を見失わないようにしてください。

健康について

特に中高年になってから、骨格や腰の損傷、ゆがみなどを引き起こす姿勢には要注意です。カイロプラクティック、マッサージ、鍼治療が効果的でしょう。

痛みに対して我慢強いので、慢性的な病気は無視しがちです。この点からも、健康診断(貧血症の可能性もあるので血液検査を含む)は定期的に受けるべきです。精神的な痛みから、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病など腸の潰瘍疾患を抱える恐れがあります。

食事については、胃腸に過度の刺激を与えるスパイシーな料理やエキゾチックな食品を取り過ぎないよう気をつけること。よほどの運動好きでないかぎり、激しい運動はおすすめしません。特に高齢者は慎重に。

11月17日生まれの方へ

心をオープンにしましょう。感情を押し込めないように。陰でコソコソ言わず面と向かい合うことです。目標をハッキリさせること。

【瞑想の言葉】

神の選びし人とは、つまり人類すべてのこと。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link