11月16日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月16日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

11月16日生まれの人は、子供時代や青年期には反抗的で乱暴な人が多く、30代前半までは分別のある人間とはいえないかもしれません。しかしながら、年齢を重ね経験を積むと、自分の行いを反省し行動も落ち着き、自分のことだけでなく、周囲の人の動機や望み、関心を読み取る力が身につくでしょう。この力を人助けに使うと、大きく成長し道が開けてくるようです。


Sponsored Link


11月16日が導く運勢

【天性のボス】

男女の別なく天性の威厳を持ち、その生かし方も知っています。経験が増すごとに、家庭でも職場でも、良き指導者、リーダーとして、評判は高くなるでしょう。また、自分が属する社会的なグループやチームでも、アドバイザーやコーチとしての能力が高く評価されます。その指導や命令する言葉には、疑問を差し挟む余地はほとんどありません。というのも、敵意や反感を買わないように振舞うだけの良識があり、グループの気持ちを汲んだ決断を下すからです。

【長 所】

  • 威厳がある
  • 即戦力になる
  • 話がわかる

【短 所】

  • 自分のことで頭がいっぱい
  • 落ち着きがない
  • 孤立しがち

心理/性格

とてもパーソナルな人なので、家族や友人、社会的なグループなどの影響をあまり受けません。また、他人の助け、保護、支援などを受けることは得意ではありません。しかし、他人の状況に感情移入できる生き生きした想像力があるので、人の身になって考え、理解することができる人です。

人の扱いがうまく、豊富な人生経験を生かすことで、頼りになる存在になるでしょう。ただし、成功するとしたら、巧みに仕事をこなし、与えられた分野でトップになろうと工夫した人です。その工夫で一番重要なのが、人助けです。たとえライバルであったとしても、ここぞという時に助けると、そのことが、圧倒的な魅力となり、真に強いリーダーになれるでしょう。

強いリーダーとはいえ、やはり自分にぴったりのパートナーがほしいはずです。結婚にしろ仕事にしろ、人生のパートナー選びは何よりも重要でしょう。そのような人が現れなければ、仕事を進めていけないこともあります。残念ながら、恋愛は起伏が多く、幸せになるまでに何年も苦しい思いをするかもしれません。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

16日生まれの人は、ナンバー7(1+6=7)と、海王星に支配されています。ナンバー7に支配される人は、自分の考えを押し通せず、現実から安易に逃避することが心配されます。
一方、海王星は、想像、夢、神秘的な現象をつかさどり、知的で深みがありますが、まわりくどく、態度がハッキリしないところもあります。ただ、不思議と人を魅了し、どんな垣根も取り払うことが出来ます。

11月16日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける11月16日生まれは、冥王性の影響で、経済的な現実を客観的に判断しますが、ナンバー7の影響が強く出ると金銭的にルーズになり、家族を困窮させる恐れがあります。とにかく現実を直視して、今やらなければならないことに集中しましょう。そうすると、冥王星のもつ経済感覚が良い方向に導くはずです。

タロットが導くカード

16日の大アルカナ・カードは塔。一説には、稲妻に打たれ塔から転落する王と、頭を一撃されて死ぬ、塔の建造者が描かれている、と言われています。塔が象徴するのは、形あるものは、いつか壊れるということ。それは、人間が生きていく上での様々な結びつきや、個々の役割も変わってゆくということです。つまり、時間の経過とともに必ず変化はやってきて、良いことも悪い事も、アッという間に過ぎ去る、というメッセージをカードは伝えているのです。

このカードのあらわす良い面は、災厄を乗りこえ、困難に立ち向かうところ。その一方で、「むやみに高いところまで登りつめること」「自分の造ったものをあえて破壊する行為」「非現実的な企ての誘惑に負けること」など、周囲から理解され難い行為は危険だともカードは告げています。11月16日生まれの人は、このカードを心に留めて、怪しげな事には手を出さないよう注意してください。

健康について

特に背中の障害、便秘、肥満など、座ってばかりいることから起きる病気に要注意。毎日規則正しく指導に基づいた運動を続けることが健康を保つ秘訣です。

特にバターやクリームなどの高カロリー食品の食べ過ぎには気をつけましょう。消化器系、肝臓、すい臓にストレスが溜まると40歳代で胆のう障害(脂肪の摂り過ぎから)、肝硬変(アルコールから)、糖尿病(砂糖から)などの問題を引き起こします。いわゆる、生活習慣病を招きやすい状態に注意し、定期検診は必ず受けてください。

11月16日生まれの方へ

他人の関心事にも常に心を配りましょう。行動には責任をもち、自分の力は賢く使うこと。力ずくは止めましょう。妨害には気をつけてください。ただし、被害妄想にはならないように。心静かに、かつ気を引き締めて事に当たってください。

【瞑想の言葉】

素晴らしさとは相対的なもの。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link