7月19日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月19日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月19日生まれの人は、様々な状況で見せる反省の示し方が独特です。間違ったことをしてしまったとき、自分ですぐに気づきますが、ずるいと言われようが薄情と言われようが、すぐに謝るようなことはせず、同じことを繰り返さないよう努力します。このように、自分を成長させようとする向上心があり、友人、家族、配偶者もそれを分かっていることが多く、その努力を応援してくれるでしょう。


Sponsored Link


7月19日が導く運勢

【立ち居振る舞いの美しい人】

立ち居振る舞い、品の良さ、美しいフォームが魅力となります。自分をどう見せるかに心を砕き、外見にこだわります。思春期の頃はひどい気まぐれを起こしやすく、自分の周りの人々を困らせることもあります。しかし、成長するにつれて、生まれもった優雅さをさらに磨こうと、立ち居振る舞いを意識するだけでなく、話し方にも気を配るようになります。

【長 所】

  • 優雅
  • 己を知っている
  • 感情が豊か

【短 所】

  • 短気
  • 怒りっぽい
  • 気むずかしい

心理/性格

立ち居振る舞いや人との関わり方は身につけることができても、感情の奥底までコントロールすることはなかなか難しいものがあります。ですから、心を落ち着かせて、じっと動かずにいることがとても重要になります。行動しないことの価値を理解すれば、行動面にも良い影響がもたらされ、自信が深まるでしょう。

しかし、もともと自己批判の傾向があるので、行動しないことを、ためらいや優柔不断と混同しがちなところに注意しなければなりません。「行動しない」ということは、好機を持てる力、ここぞという時を見極めて行動できる力を発揮することです。目先の安易な安心感や満足感は捨て、もう一歩先で行動することが大事です。

人を信じすぎたり、媚びへつらったり、むやみに崇めたりしないよう気をつけてください。プライドや、自分の意見を無くしてしまうことにもなりかねません。自分らしさを大切にし、伸ばしていくことが極めて重要です。そのためには、勇気をもって余分なものをすべて脱ぎ捨て、自分自身を少しずつ着実に築き上げていかなければなりません。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹(かに)座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。

月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。

甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

19日生まれの人は、ナンバー1(1+9=10➡1+0=1)と太陽に支配されています。ナンバー1に支配されている人は何事にも1番を目指し、野心家で、縛られるのを嫌います。

7月19日は、月(蟹座の支配星)と太陽(獅子座の支配星)の影響を受ける蟹座~獅子座カスプ(7月19日~25日の蟹座と獅子座が混じりあう場所)に当たります。
月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。太陽は創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。

これらの性質を受ける7月19日生まれは、外向性の強い太陽及びナンバー1の影響と内向的な月の影響の衝突により、やや不安定になりがちです。しかしながら、大抵は活発な太陽の影響が強く出るため、無茶な理想を追わない限り、社会生活は安定するでしょう。太陽のもつエネルギーは、しっかりと方向を定め、力を継続して使うことが大事です。

タロットが導くカード

19日の大アルカナ・カードは太陽。他のカードに比べ、極めてたくさんの良い解釈が出来ると言われています。象徴するものは知識、生命力、幸運です。

太陽は、他にも尊敬、報酬、明瞭、周囲との調和、良い評判などの意味もあり、いいこと尽くめのように思われますが、一方で、高慢、虚栄、自惚れという悪い面もカードは暗示しています。価値を見誤ったり、安請け合いをしたり、また全般に皮肉的になったりしないよう気をつけてください。

健康について

炎症性の病気やリウマチには要注意です。また、胸の原因不明の痛みを感じたときは、医師の診察を必ず受けるようにしてください。非現実的な健康維持(無理なダイエットなど)は行わないようにしてください。バランスのよい食事を心がけ、ビタミンとミネラル不足には注意して、適度な運動を心がけてください。

7月19日生まれの方へ

感情をコントロールするのは大事ですが、のびのびと振る舞い、あくまで自由を主張しましょう。世間知らずと思われても気にしないで、もっと素直になってください。ただし、人を偶像化しやすく、のめり込みがちなところには注意が必要です。

【瞑想の言葉】

本当に必要なものは、たいてい身近にある

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link