10月18日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月18日【天秤座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

10月18日生まれの人は、人生という壮大なドラマで、重要かつ活発な役割を演じます。また、演じるだけでなく、家族や仕事、社会など、周囲の出来事に采配を振るう強力なディレクターともなります。
ためらわずにトップの座を目指しますが、お山の大将になりたがる一方で、必要なら低姿勢をとることもできるでしょう。ただし、自立心があるのはいいのですが、他人の意図を勘違いしたり、回復できるはずの関係を断ち切らないよう注意してください。


Sponsored Link


10月18日が導く運勢

【一見控えめなリーダー】

興味の幅が広く、典型的なリーダータイプというわけではありません。会社の社長であれば暇を見ては抜け出し、興味が湧いたものに人知れず熱中するという具合です。管理職に抜擢されても、それまで自分が熱中していたことに、再び取り組める日を首を長くして待つでしょう。職場を移動することになれば、周囲の人々から、その誠実で人望ある、公明正大な人柄を恋しがられます。そのため、まさに影のリーダー的存在となるでしょう。

【長 所】

  • ひらめきがある
  • 想像力に富む
  • 臆しない

【短 所】

  • ストレスを溜めやすい
  • お高くとまっている
  • 気ぜわしい

心理/性格

比較的おとなしいタイプでも、才能やコネ、幸運によって名声や財産を手にしたいと考えるでしょう。ただし、実際に高い地位に就いたとき、必ずしも居心地よく感じるわけではありません。責任にプレッシャーを感じて、完全なノイローゼに陥り、結局は低い位置に甘んじたり、ストレスに負けたりする場合もあるようです。

刺激的な場所を好み、できればその中心に身をおきたいと願っています。しかし、どんなに目立つタイプでも、内省的な面を備えています。リーダーシップを発揮するときも、無理強いをしたり、度を越えたりすることはありません。つまり、和を乱してまで、強いリーダーシップを発揮するというわけではなく、調整しながら、組織の中で存在感を示す人です。

他人と楽しむのは好きですが社交性にやや欠けるため、うまく溶け込めないことがあります。そのため、社会的なグループの計画には参加したがりますが、誘われないことが多々あるようです。ただし、たとえ仲間外れにされたとしても、仕事や個人的な趣味に戻るため、方向を見失うことはないでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

天秤座(923日~1022日)の特徴

天秤座は、人の一生を星座の12期に分割すると第7期(42歳~49歳)に当たります。このため天秤座は、人生後半の生活様式を形成しようとする成熟した大人に例えられ、この世の舞台で自分が果たす役割を完全に理解しています。また、人生におけるバランスの必要性を強調しています。実際、天秤座は選択肢を秤(はかり)にかけることが多く、それがよく考え抜かれた意見となることもあれば、優柔不断や迷いに繋がることもあります。

特徴として、誰に対しても公平な態度を心掛け、物事が問題なく円滑に進むことを望みます。しかし一方で、論争好きな態度や振る舞いから騒動を引き起こすことがあります。また、計画をあらゆる方向から検証したがるため、実行を先延ばしにする傾向があり、急いで結論を出すことを頑なに拒否します。ゆったりと息をつけるスペースを必要とし、人ごみの中や圧迫を感じる状況ではナーバスになるようです。

注意しなければならないのは、フェアな精神です。公平を求めるには、中道を探らなければなりません。受け入れすぎても、批判しすぎても、それぞれ落とし穴があることを覚悟してください。

エネルギッシュでスタミナあふれる天秤座の人は、「鋭い感覚」「魅力」「優雅さ」をもっています。そのため、遊びや仕事の仲間として人気があり、大抵の人から好意的に評価されるでしょう。しかしながら、自分の考えを他人に押しつけがちなところは、要注意です。また、魅力をとても重視しますが、見かけに振り回されないよう用心することです。見かけにこだわりすぎると、品位を犠牲にすることにもなりかねません。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

18日生まれの人は、ナンバー9(1+8=9)と火星に支配されています。9は特別なナンバーです。あるナンバーに9を足すと各位の数字の和が必ずもとのナンバーになり(例:5+9=14➡1+4=5)、また、9をかけた場合は各位の数字の和が必ず9になる(例:5×9=45➡4+5=9)というように、他のナンバーに強い影響を与えます。このため10月18日生まれの人も周囲に対して大きな影響力を振るいます。火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。

10月18日は、天秤座を支配する金星の影響も受けます。金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴です。また、社交的なところが強調されます。

これらの性質を受ける10月18日生まれは、火星の強いエネルギーと金星の周囲に対する優しさが反発し合い、なかなか決断することが出来ず、苦しむことになるでしょう。誰もが納得する答えを求め過ぎると自分自身が自滅してしまうことに注意してください。また、金星と火星の組み合わせは、相性が悪い反面、性的な魅力を強調するとも言われています。
注意すべきは、欲求不満に陥ると危険な行動に走りがちなこと。たまには、開き直って、気持ちをリラックスさせてください。

タロットが導くカード

18日の大アルカナ・カードは月。主として夢、感情、無意識の世界を象徴しています。

このカードのもつ良い面は繊細さと、相手に共感し理解すること。悪い面は感情に流され、受け身で自分がないところです。

健康について

自分を追い詰めたり、責任を負い過ぎてストレスを溜めないように要注意。規則的な睡眠や食事は、精神の安定を得るために効果絶大です。バランスのよい食事を心がけ、様々な穀類や新鮮な野菜を取るようにすること。カフェインやニコチンなどの刺激物はなるべく控えめに。また、眠気を誘い、感覚を麻痺させ、うつ状態をもたらすアルコールや薬物などには細心の注意を払うこと。

規則的な運動の時間をつくりましょう。体の痛み、特に背中や腰の痛みを和らげ、リラックスするためには、お風呂上がりのストレッチ運動がおすすめです。背筋を伸ばして肩甲骨を動かしましょう。

10月18日生まれの方へ

本当は、控えめな人間なのに、なぜか「知ったかぶり」「お高くとまった自惚れ屋」、などの誤ったイメージがつきやすいようです。大勢の人が集まるような場所では、品位のある態度や謙虚さを常に忘れずに。尊大な態度や自信過剰は禁物です。

できないものには「ノー」と言えるようになりましょう。限界を知り、出来ることと出来ないことを区別するのがキーポイントです。生産するばかりが人生ではありません。たまには自分に甘く、物事を都合のいいように解釈してください。

【瞑想の言葉】

生きていれば、思いがけない時に思いがけないことを求められる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link