10月19日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月19日【天秤座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

10月19日生まれの人は、独立心が強く、活発で率直、周囲を活気づかせます。また、生き方については揺るぎない信念を持ち、とても頑固です。ただ、議論好きで、他人と競い合うのが大好きですが、困ったことに行く先々で揉め事や摩擦を起こしがちです。身近な人に対しても非常に批判的になることもあるようです。特に、義務を果たすように迫られると強く反発する性格です。2番手になることや補佐役に回ることを楽しめるようになれば、周囲の状況が好転し、精神的に落ち着くでしょう。


Sponsored Link


10月19日が導く運勢

【真実を求める挑発者】

人生に付きまとうテーマは、隠された真実を暴くこと。そのため、挑発的な性格は、真実を明らかにしたい、興味を持った対象の真の姿を見極めたいという意志の現れです。

下心を持ったり、狡猾に人の気持ちを操ったり、懲らしめるために黙り込んだりすることを大変嫌う人です。腹を立てると癇癪を爆発させる癖もありますが、嵐が過ぎ去った後は後腐れなく、すっきりと仲直りできる人です。

【長 所】

  • 粘り強い
  • 独立心旺盛
  • 快活

【短 所】

  • 理屈をこねたがる
  • 騒がしい
  • 独占欲が強い

心理/性格

自分の本当の姿を、さらけ出すことを極端に恐れるところがあります。このため、世間の詮索から逃れようと過剰防衛に走ったり、病的に人を避けたりすることもあるようです。それでも、少しずつ警戒心を解いて、自分を進歩させてゆけば、いつかは恐怖や羞恥心を持たずに、全てをさらけ出せるようになるでしょう。人生を一気に好転させるためには、世間と積極的に関わることが大事です。

羞恥心や内向性を克服した喜びは、普通の人が考えるよりずっと大きいものです。一時的に世間から遠ざかった後、自分の腕にいっそう磨きをかけて再び姿を現し、以前よりもさらに大きな成功を収めることがあります。ここで、唯一危険なのは、世間から遠ざかっている間に、行き詰ったり、生活環境や家族の都合で再び浮かび上がれなくなってしまうことです。自分の動機や行動に対して、すぐ守りの態勢に入ってしまいがちですが、この癖を直すと、たとえ沈んでも浮き上がりの早い人生になるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

天秤座(923日~1022日)の特徴

天秤座は、人の一生を星座の12期に分割すると第7期(42歳~49歳)に当たります。このため天秤座は、人生後半の生活様式を形成しようとする成熟した大人に例えられ、この世の舞台で自分が果たす役割を完全に理解しています。また、人生におけるバランスの必要性を強調しています。実際、天秤座は選択肢を秤(はかり)にかけることが多く、それがよく考え抜かれた意見となることもあれば、優柔不断や迷いに繋がることもあります。
特徴として、誰に対しても公平な態度を心掛け、物事が問題なく円滑に進むことを望みます。しかし一方で、論争好きな態度や振る舞いから騒動を引き起こすことがあります。また、計画をあらゆる方向から検証したがるため、実行を先延ばしにする傾向があり、急いで結論を出すことを頑なに拒否します。ゆったりと息をつけるスペースを必要とし、人ごみの中や圧迫を感じる状況ではナーバスになるようです。
注意しなければならないのは、フェアな精神です。公平を求めるには、中道を探らなければなりません。受け入れすぎても、批判しすぎても、それぞれ落とし穴があることを覚悟してください。
エネルギッシュでスタミナあふれる天秤座の人は、「鋭い感覚」「魅力」「優雅さ」をもっています。そのため、遊びや仕事の仲間として人気があり、大抵の人から好意的に評価されるでしょう。しかしながら、自分の考えを他人に押しつけがちなところは、要注意です。また、魅力をとても重視しますが、見かけに振り回されないよう用心することです。見かけにこだわりすぎると、品位を犠牲にすることにもなりかねません。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

19日生まれの人は、ナンバー1(1+9=10➡1+0=1)と太陽に支配されています。ナンバー1に支配されている人は何事にも1番を目指し、野心家で、縛られるのを嫌います。太陽は創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。ただし、太陽のもつエネルギーは、しっかりと方向を定め、力を継続して使うことが大事です。

10月19日は、金星(天秤座の支配星)と冥王星(蠍座の支配星)の影響を受ける天秤座~蠍座カスプ(10月19日~25日の天秤座と蠍座が混じりあう場所)に当たります。
金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴です。また、社交的なところが強調されます。冥王星は、金と権力をつかさどり、非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける10月19日生まれは、非常に力強い人です。この力強さを利用して、人間関係を支配したがりますが、特に異性に対して独占欲が強くなるようです。注意すべきは、譲る気持ちが失われること。強烈なエネルギーをくだらない意地のために使っているようでは、いずれ周囲から見放されてしまうでしょう。

タロットが導くカード

19日の大アルカナ・カードは太陽。他のカードに比べ、極めてたくさんの良い解釈が出来ると言われています。象徴するものは知識、生命力、幸運です。太陽は他にも、尊敬、報酬、明瞭、周囲との調和、良い評判などの意味もあり、いいこと尽くめのように思われますが、一方で、高慢、虚栄、自惚れという悪い面もカードは暗示しています。

10月19日生まれの人は、太陽の影響を強く受けます。しかし、人間関係を支配したがる傾向があるため、価値を見誤ったり、安請け合いをしたり、また全般に皮肉的になったりしないよう気をつけてください。せっかくの太陽の影響力も、使い道を誤ると災難を招くので要注意。

健康について

競争心の強さが災いして怪我をしないように要注意。好戦的なところから敵を作りますが、これは結果的に身体面だけでなく、精神面においても危険を及ぼします。

動揺しやすく、トゲのある視線や心ない言葉で簡単に傷つく人です。また、イライラしやすく周囲の出来事に敏感に反応するため、アレルギーに悩まされることもあるようです。食生活をきちんと管理し、乳製品、油脂、甘いものには特に注意してください。女性は膀胱、男性は前立腺の病気に気をつけること。

10月19日生まれの方へ

たまには行動で示しましょう。独立心と人恋しさのバランスをうまく保つこと。好意を寄せる相手を独占するような行為は避けること。「良き友」であることに満足せず、無理に「恋人」になりたがるのは止めましょう。何でも許してもらえると思ったら大まちがいです。

【瞑想の言葉】

洞窟につながれた者には、岩壁に映る影が現実。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link