4月10日生まれの運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月10日生まれの人は、自分の職業を心から愛しています。それに加えて、独立心が旺盛なので、平凡な家庭生活とは縁がないかもしれません。その反面、安らぎを求め、必要なときにいつでもそばにいてくれる思いやりのある仲間や友人に甘えます。この日生まれの人の人間関係は、型にはまらないことが多いようです。

成り行きで選んだ仕事や親や先生のいいなりになって進路を決めた場合でも、一定の成果が出るまでは努力するでしょう。しかし、それが天職ではないと感じたら、簡単に捨てることになるようです。できるだけ早く天職と感じられるものを見つけることが何よりも大切です。


Sponsored Link


4月10日が導く運勢

【自分の生き方を貫く人】

ありのままの自分でいる勇気と、計画やアイデアを結実させる力をもっています。どんなに反対されても自分らしい生き方を貫きますが、一方で、対立はできるだけ避けようとします。勇気があるといっても、向こう見ずではなく、むしろ強い信念と世間一般の常識に根ざした不屈の精神の持ち主なのです。

向こう見ずではないのですが、他人にはそんな印象を与えてしまいます。ときには無謀とさえ思われる行動も、後になってその大胆さが評価され、リスクも最小限であったことが分かってもらえるでしょう。

【長 所】

  • 熱中できる
  • 勇気がある
  • 大胆

【短 所】

  • 不安定
  • 執着が強すぎる
  • ストレスを溜めやすい

心理/性格

この日生まれの人には、2つの異なったタイプが見られます。1つは、独立心が強く、独学でユニークなスタイルや技術や才能を磨こうとする「一匹狼型」です。もう一つは、きわめて社交的で、自分についてくる人を求める「リーダー型」です。

このリーダー型のタイプは、人をやる気にさせることが得意です。専門的な仕事に打ちこむ一匹狼的なタイプとは違って、遠大な計画を立て、グループや社会的な活動を組織することにエネルギーを注ぎます。気持が外に向いているため、評判を気にしますが、ギャンブル好きの割には考え方が堅実なので、おべっか使いや腰巾着をいちいち相手にしたり、思い上がったりすることはありません。

どちらのタイプでも、精神的に成熟した人は、自惚れや自分の判断力に対する過信が致命的になり得るということを知っています。自分の限界を知っている有能な戦士なので、負け戦になりそうな気配を察知し、退くべきときには思い切って退却します。無謀な計画や安っぽいプロジェクトには見向きもしません。何より幸福を感じるのは、自分の着想や計画を見事に実現したときでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

占星術が導くナンバーと惑星

10日生まれの人は、ナンバー1(1+0=1)と太陽に支配されています。ナンバー1に支配される人は、他人の意見に惑わされることは滅多になく、何事にも1番を目指します。また、野心が強く、成功のための独特の考えを持ち、融通が利かない頑固者です。一方、太陽の支配を受けると、活発で思いやりがあり、常に前向きになれます。
4月10日は、牡羊座を支配する火星の影響も受けます。火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。

これらの性質を受ける4月10日生まれは、自分だけの目標を目指す「一匹狼タイプ」と組織のトップを目指す「リーダータイプ」に分かれるようです。いずれの場合も、太陽と火星がこの日生まれの人の大きなエネルギー源となります。


Sponsored Link


タロットが導くカード

10日の大アルカナ・カードは運命の輪。この輪の中では良いことも悪いことも必ず逆転し、変化のみが永遠であることをあらわしています。また、このカードは、成功も失敗も、終わりなく続くものではないことを意味しています。つまり、悪い事の後には、良いことがあり、またその逆があるということです。

ナンバー1と10に支配される人は、いつもチャンスを掴もうとしています。注意しなければならないのは、巡り合わせです。カードが示すように、良いことだけが巡ってくるわけではありません。たとえ悪い事があったとしても、次に期待しましょう。

健康について

何より大事なのはリラックスすること。一時の停滞や小さな失敗をいちいち気に病んでいたら疲れ果ててしまいます。他人の批判をひどく気にするので、エネルギーの消耗が激しく、様々な不快感(とくに頭痛や皮膚のトラブル)に悩まされそうです。食べることに興味をもち、何でも食べるようにすれば活力が湧いてきます。

何かに行き詰った時は、充電のため、1人になれる場所で休養するのもいいでしょう。外向的なタイプ(リーダー型)は人前に出るのをしばらく控え、内向的なタイプ(一匹狼型)は仕事から解放される時間をとりましょう。

4月10日生まれの方へ

人生も一種のギャンブルだと考えている上に、リスクなど最初からないと信じているところがありますが、この考えは危険です。あなたが一人困るだけならいいのですが、周りの人たち(家族や同僚)に影響する恐れがあります。自分の持つ影響力を侮ってはいけません。

力を抜きましょう。でないと神経症になる恐れもあります。平凡な日常にも喜びを感じましょう。自分の幸せも、仕事の成功と同じくらい大切です。頭で考えるだけでなく、ときには心で感じたものにも従ってください。エンジンを止めて、休むことが大事。

【瞑想の言葉】

見る行為そのものが創造的な行為。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link