7月12日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月12日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月12日生まれの人は、説得力があります。誰もが納得するように理路整然と話を進めることができるばかりか、天性のタイミングのよさをもっています。必要に応じてアメとムチを使い分け、極端な場合は脅しも辞さないでしょう。しかし、大抵はユーモアで相手を自分の陣地に引き込んでしまうことが多いようです。


Sponsored Link


7月12日が導く運勢

【説得の達人】

人を納得させるのが上手ですが、人を引っ張っていく能力にも恵まれています。なかなか具体化しなっかったプロジェクトが、この日生まれの人の奮闘で、うまく軌道に乗ることもあるでしょう。時には何らかのアイデアを誰かにそっと吹き込んで、相手に自分の思いつきだと勘違いさせ、思い通りに動かしてしまうという器用な人もいます。

【長 所】

  • 役に立つ
  • 積極的にコミットする
  • 観察力が鋭い

【短 所】

  • 過保護
  • お節介
  • 頭が固い

心理/性格

どこにいても強い影響力をもつ存在となります。職場ではその説得力を買われ、調停役として一肌脱ぐこともあります。ただし、その強い影響力があるのをいいことに、横暴な態度になる危険性があります。影響力をやたらと行使することで、積もり積もった恨みを、ぶちまけられるという事態もありそうです。一歩下がって意見を聞き、決定権を譲ることも大事です。

賞賛に値しないような上司、少なくとも尊敬できない上司の下では働いていられません。ですから、大抵は自営業や直接の上司のいない組織を選ぶことになります。生きる上での優先順位、指針がしっかりと決まっていて、それを頑固に守る人なので、会社や組織の考えに全面的に従うというのは、なかなか難しいでしょう。

人を説き伏せるのがうまく、少々強引なところがあるので、敵を作ったり、反感や恨みを買ったりすることがあります。本人はみんなのために行動しているつもりでも、人の目には独裁者、頑固者、理屈屋と映っているのかもしれません。その強烈な個性と対等に付き合えるパートナーがなかなか見つからず、私生活はあまり落ち着かないかもしれません。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。
月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。
甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

12日生まれの人は、ナンバー3(1+2=3)と巨大な木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は、自分のテリトリーでのトップを目指します。しかし、組織の中の仕事に疲れてしまうと、たとえ安定した経済力があったとしても、その安全な地位を捨てようという衝動に駆られるようです。このため、自由でいられるフリーランスの仕事や自営業で生計を立てたいと思うでしょう。木星の性質は、ナンバー3の影響を受けることで、精神面でも肉体面でも様々なことに集中して取り組み、開放的になります。

7月12日は、蟹座を支配する月の影響も受けます。月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。

これらの性質を受ける7月12日生まれは、月の理想主義と木星の現実主義がぶつかり合い、思い通りにならないと、攻撃的な態度になりがちです。事が思い通りに進まないのなら、一歩譲って妥協することも覚えたほうがいいでしょう。

タロットが導くカード

12日の大アルカナ・カードは吊された男。一本の足で、逆さ吊りになっている男が描かれています。体は自由になりませんが、吊された男は、強い意志をもち深い思索にふけっています。

このカードがあらわす良い面は、自分の限界を知り、克服すること。また、飾りのない、ありのままの人間でいることも意味しています。悪い面は心が狭く、広い視野をもたないところです。

健康について

自分の健康に無頓着になりがちです。健康よりも仕事が大事というタイプです。自己診断せず、医師の検診を受けて、しっかりしたアドバイスをもらい、それに従うようにしてください。

休養は、辺鄙な田舎に隠れ家を見つけて、自然に囲まれて充電するとよいです。食事には注意して、体重を増やさないようにしてください。気が向いた時に運動するよりも、適度な運動を習慣づけるほうがいいでしょう。できれば、ジョギングやジムでのトレーニング、水泳などがおすすめです。

7月12日生まれの方へ

一歩譲ることも覚えましょう。人には深く干渉しないようにしてください。自分の考えを、無理に押し付けてはいけません。人が何を望んでいるのか、常に気を配るようにしてください。

【瞑想の言葉】

人にもっとスペースを与えたら、自分もずっと息がしやすくなる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link