7月13日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月13日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月13日生まれの人は、常にチャンスを待ち構えている人です。好機を敏感に察知し、タイミングよく行動を開始して自分の能力を遺憾なく発揮します。そして、それ相応のお金、あるいは精神的満足を得ることができます。しかし、タイミングがずれて、うまく乗りきれなかった場合、徹底的に打ちのめされることがあります。ダメだと思ったら、サッと引いて出直すことも大事です。


Sponsored Link


7月13日が導く運勢

【飛躍のチャンスを捉える達人】

新しい計画を実行に移したり、事業を起こしたりといった場合、大抵じっくりと腰を据えて取り組み、何らかの報酬を得ることができます。その一方で試練、苦難、時には失敗も経験するでしょう。しかし、万が一破産や挫折の憂き目にあったとしても、それはきちんと精算した上で、また別の分野に挑戦するバイタリティーがあります。

【長 所】

  • 大胆
  • 目標を立てて努力する
  • 妥協しない

【短 所】

  • 衝動的
  • 人を許さない
  • 自分を過小評価する

心理/性格

出発点がどん底でも、必ずそこから上昇するという強い意志を持てる人です。その様子は、勇敢な登山家が辛抱強く頂上を目指す姿に似ています。上昇していくうちに、一か八かの賭けに出ることが必要になるかもしれません。あるいは、繰り返し危険に見舞われることもあるでしょう。でも、それらを乗り越え、果敢に前進できる力を持っています。ただ、その力を信じきれない人も多く、自分を不運な人間だと思い、どうせうまくいかないという自己暗示にかかってしまう場合もあるようです。

いろいろな経験を積んだ、人間的に成熟した人なら、ゆったりと構え、そのうち時期が来るだろうと、自信たっぷりでいます。なかなか前に進めなくても嘆いたりしません。どんな試練にあっても、その自信と誇りは揺るがないでしょう。

それまでに蓄えた財産や地位をすべて捨て去り、新しい土地に踏み出す人もいます。堅実な仕事を捨てて事業を起こしたり、まったく新しい未知の分野に挑戦しようと思い立ったりします。家族としては、リスクを恐れない行動の数々を長い目で見てあげる必要があります。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹(かに)座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。

月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。

甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

13日生まれの人は、ナンバー4(1+3=4)と天王星に支配されています。天王星は、気まぐれで激しやすい性質があります。また、ナンバー4は、反抗的になったり、一風変わった信念を持ったり、社会のルールを変えようとする願いなどをあらわします。

7月13日は、蟹座を支配する月の影響も受けます。月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。

これらの性質を受ける7月13日生まれは、しっかり目標を定めて粘り強く事に当たらなければならない機会が多いので、衝動的な面を自重して好機を待つことが必要です。また、自分を「ついていない人間」と決めつけがちなところに要注意。

ちなみに、13は不吉な数字だと考えられていますが、正確には強い力をもつ数字というべきです。人がその力を賢く使えばいいのですが、その逆なら身の破滅をもたらすような数字だということを肝に銘じておいてください。

タロットが導くカード

13日の大アルカナ・カ-ドは死神。しかし、死神のイメージで、このカ-ドを解釈することは滅多にありません。自分の限界を超えて成長してゆくために、過去に別れを告げることを意味しているのです。
死神とナンバー4の組み合わせは、落胆、幻滅、悲観、憂鬱(ゆううつ)に注意せよと告げています。

このカードは7月13日生まれの人に対して、マイナス思考にはまり込む前に「決断せよ」と告げています。これは、無謀な決断ではなく、タイミングを考慮して決断することが大事ということ。つまり、辛抱して「待つことを決断」することが成功のカギとなるようです。

健康について

大きな転換期には、事故や精神的なストレスに要注意です。目標はしっかり見定めることができても、心身の変調は見逃してしまいがちです。目標まであと一歩というところで倒れてしまってはなにもなりません。食べ物のバランスを考えたり運動の習慣をつけたりして、時間をかけた体力づくり、または体力回復に努めてください。

7月13日生まれの方へ

常に好機を待つこと。それがあなたの強みです。じっと身を潜めるときと、飛びかかるときを心得ている虎と同じです。辛抱は必ず報われるはず。行動を起こすときは全力を尽くしましょう。失敗を恐れないのが成功の秘訣です。

【瞑想の言葉】

ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。(方丈記)

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link