10月20日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月20日【天秤座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

10月20日生まれの人は、意外に世渡りがうまく、金銭感覚に優れています。また、マネージャーとしての腕もなかなかのものです。ただし、お金にこだわりすぎる面が心配されます。
注意すべきは、病気にかかりやすいところ。病弱な体質が計画を実現しようとする、足かせ、になることもあるでしょう。現実として、この障害は繰り返し直面する可能性があります。


Sponsored Link


10月20日が導く運勢

【流行に敏感なデザイナー】

その時々の流行にとても敏感です。周囲に大きな影響を与えることが多いため、流行の仕掛け人になることもあるでしょう。ただし、すでに社会に広く普及しているものやファッションを簡単には受け入れない頑固さもあります。世間に認められたい、社会に影響を与えたいという思いが強いので、自分のセンスが世の中に受け入れられないと、失望するでしょう。また、失敗や困難に見舞われたり、人から後れを取ると、かなり落ちこむタイプです。

【長 所】

  • 熱意にあふれている
  • 論理的
  • 仕事熱心

【短 所】

  • 頑固
  • お節介
  • 何事も過剰になりやすい

心理/性格

心ここにあらずといった感じで、仕事に対しては、実にそっけない態度を見せることもあります。もっとも、これが成功を生む最大の秘訣かもしれません。つまり、客観的な姿勢や距離を保つことが、かえってプラスに働くということです。そのためか、二足のわらじを履いていることも多く、本業で生活をさせながら「趣味」に創造的なエネルギーを費やすこともありそうです。

とても頑固で、一度こうと決めたら最後まで意志を通します。ただし、大きく成長するには、過ちを認められるようになることが非常に大切です。幸い、感情をコントロールできることに加え、分別があるので、客観的に判断できる人です。そのため、もっと良い方法があるというアドバイスを受けると、それを熱心に検討し、そのアドバイスが正しいと理解すると、受け入れるでしょう。

この日生まれの人にとって、見せ掛けは非常に重要です。ファッション、スタイル、デザインなどは単なる見せ掛けや些細なことではなく、個性を表現する手段と考えています。たとえ直接ファッション業界に携わっていなくても、自分が周囲にどんな印象を与えるか、よく理解できる人です。そのため、仕事仲間や社会にとって、「気になる存在」といえるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

天秤座(923日~1022日)の特徴

天秤座は、人の一生を星座の12期に分割すると第7期(42歳~49歳)に当たります。このため天秤座は、人生後半の生活様式を形成しようとする成熟した大人に例えられ、この世の舞台で自分が果たす役割を完全に理解しています。また、人生におけるバランスの必要性を強調しています。実際、天秤座は選択肢を秤(はかり)にかけることが多く、それがよく考え抜かれた意見となることもあれば、優柔不断や迷いに繋がることもあります。

特徴として、誰に対しても公平な態度を心掛け、物事が問題なく円滑に進むことを望みます。しかし一方で、論争好きな態度や振る舞いから騒動を引き起こすことがあります。また、計画をあらゆる方向から検証したがるため、実行を先延ばしにする傾向があり、急いで結論を出すことを頑なに拒否します。ゆったりと息をつけるスペースを必要とし、人ごみの中や圧迫を感じる状況ではナーバスになるようです。

注意しなければならないのは、フェアな精神です。公平を求めるには、中道を探らなければなりません。受け入れすぎても、批判しすぎても、それぞれ落とし穴があることを覚悟してください。

エネルギッシュでスタミナあふれる天秤座の人は、「鋭い感覚」「魅力」「優雅さ」をもっています。そのため、遊びや仕事の仲間として人気があり、大抵の人から好意的に評価されるでしょう。しかしながら、自分の考えを他人に押しつけがちなところは、要注意です。また、魅力をとても重視しますが、見かけに振り回されないよう用心することです。見かけにこだわりすぎると、品位を犠牲にすることにもなりかねません。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

20日生まれの人は、ナンバー2(2+0=2)と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなり、仕事や人間関係を円滑にするでしょう。しかし、月の影響を受けることで、主導権や自主的な行動が抑制されるため、リーダー的な存在にはなりにくいようです。また、月のもつ思慮深さが消極性を強めるため、フラストレーションが溜まるでしょう。

10月20日は、金星(天秤座の支配星)と冥王星(蠍座の支配星)の影響を受ける天秤座~蠍座カスプ(10月19日~25日の天秤座と蠍座が混じりあう場所)に当たります。
金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴です。また、社交的なところが強調されます。冥王星は、金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事を表します。

これらの性質を受ける10月20日生まれは、月・金星・冥王星の3つの惑星の影響を受けることで、富に強く憧れ、感覚的な楽しみを好むことが多くなるでしょう。一方で、周囲の批判や不用意な言動に傷つきやすく、些細なことに腹を立て、イライラに悩まされそうです。あまり周囲の事は気にせず、腰を落ち着けることで、おのずと道は開けて来るはずです。

タロットが導くカード

20日の大アルカナ・カードは審判、あるいは覚醒をあらわしています。このカードは、肉体的な欲望を忘れ、高い精神性の追求と人間の上にいる無限の存在に気付くよう促しています。

カードにはトランペットを吹く天使が描かれていますが、これは、やるべき大きな目的があることに気付くよう告げています。また、トランペットの音は、新しい日の到来を告げてもいますが、その一方で、「狂気」「極度の興奮」「バランスを失うこと」「卑しい衝動に従い欲望を満足させること」などの過剰な行動には注意せよ、と警告しています。

健康について

一風変わった病気で休養しなければならなくなったり、機能障害の危険にさらされたりすることがあります。環境に敏感で、様々なアレルギー、喘息、関節炎をはじめ、免疫反応不全に悩まされるかもしれません。食生活を見直し、必要に応じて気分転換すると効果大。例えば「粘液を抑制する食事」に切り替えれば、乳製品やアレルギー物質による痰(たん)を抑えることができます。

朝、昼、晩とメリハリのある生活をすること。流行を追うには経済的負担が心配されます。お金の使い方に注意し、地に足のついた、安定した生活を送ることで、病気を寄せ付けず、幸運を招きやすくなるでしょう。

10月20日生まれの方へ

基本的な問題をおろそかにせず、健康を犠牲にしないように。状況に見あった役割を果たすこと。雰囲気に流されると家族、友人、お金を失いかねません。感覚的な楽しみや欲望を追い過ぎることに注意してください。

【瞑想の言葉】

心を落ち着かせることが悟りへの第一歩。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link