2月19日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月19日【水瓶座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

2月19日生まれの人は、自分の手で新しい世界を開拓したいタイプです。また、アイデアや活動に自分の名を冠することに強く惹かれます。
空想力の豊かさは、旅、冒険、ロマンスへの憧れとして表れるでしょう。ただし、達成するのが困難なほど、遠くのゴールに挑むことが、致命的な欠陥になるようです。
成功への憧れは健全で活気あふれるものですが、長い期間、妨害を乗り越え障害を克服することに明け暮れるあまり、無神経と冷淡な言動が目立つようになります。目的のために、多くの大切なものを失わないよう、目の前の現実も考慮することを忘れないでください。


Sponsored Link


2月19日が導く運勢

【自立心あふれる探検家】

基本的にタフで意志が強く、身近な場所を果敢に探索したがる人です。そのため、ついには冒険好きな本能に突き動かされて、遥か彼方の世界にまで到達せずにはいられない衝動に駆られることが多々あるようです。ただし、最終的な目標はたいてい社会的なものではなく、自分自身の成長や名誉に関わるものになるでしょう。

束縛を振り捨てて、本能の赴くままに行動せずにいられない性質は、この日生まれの人の際立った特徴です。ですから、衝動に駆られ、向う見ずになることも多いため、自滅的な行為に走らないように注意しなければなりません。

【長 所】

  • 大胆
  • 想像力に富む
  • 力強い

【短 所】

  • 向こう見ず
  • 非情
  • 無軌道

心理/性格

基本的に、単独で何かをするときに最も実力を発揮しますが、同僚に対する洞察力や認識が鋭く、特に強みや弱点をつかんだり、潜在的な能力を見抜いたりすることに長けているため、チームプレーヤーとしても優秀です。この能力のおかげで、他の人の目には素晴らしい才能の持ち主に見え、地道で頼もしく、安定した人に移ります。ただし、本質は地道も安定も避けるところがあり、進んでリーダーになりたいとはあまり考えない人です。

際立ったリーダーシップに恵まれていることも多いのですが、人を育てるのは苦手です。これを克服するには、自分の子に限らず子供と過ごす時間を持つようにするとよいでしょう。更に、様々な社会的な活動に参加すれば、他人の抱える問題やニーズが見えてくるはずです。ただ、それでも、結局はどこかへ行って自分のことに専念したくなる性質は直らないでしょう。

子供の頃の傷つきやすさを早々と克服する人が多く、日常のストレスに対処できる強さをあっという間に身に着けます。このためか、将来に対する不安というストレスを感じにくく、とにかく行動を起こし大きく変わりたいという衝動を覚えると、その欲求を追いかけずにはいられないようです。しかし、内面は非常に繊細な人です。この繊細さを自分の言動や性格の一部にすることができれば、地に足がついた現実的な仕事ができるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

水瓶座(1月21日~2月19日)の特徴

水瓶座は、人の一生を星座の12期に分割すると第11期(70歳~77歳)に当たることから、現世からの離脱の進行を感じさせます。このため、どこかハッキリしない夢見がちな(しかし賢明な)言動が特徴としてあらわれるでしょう。

水瓶座の人は、高貴な理想に邁進し、科学的・普遍的な真理を尊重します。ただ、客観性を重んじるため、冷たいとか感情がないなどと非難されることがあります。また、状況を敏感に察知し、素早く反応して、楽々と世渡りするため、調子のよい人間と見られる事もあります。

天王星に支配される水瓶座は、予測不可能で、エキセントリックかつ不安定な言動が生じやすく、いろいろな意味で変人という評判をたてられることが多々あります。水瓶座の行動を予測することは不可能かもしれません。その突発的な行動を阻止しようと、ルーティーンワークに縛りつけておいても無駄なことのようです。想像力を羽ばたかせる余地を十分に与え、制約は可能な限り取り除いてやらないと、せっかくの才能が埋もれてしまいます。

基本的に、陽気でオープンな態度で人生に向かいます。ただし、拒絶されると困惑し、急に閉鎖的になる場合もあります。また、他人と衝突したり、ストレスのかかる要求をつきつけられたりすると、逆上し突如攻撃に転じるか、黙って姿を消してしまうこともあるでしょう。
ちなみに、水瓶座の人は、不思議と本人とは対照的な、深く暗い側面をもった相手に、強烈に惹かれることが多いようです。

水瓶座を支配する天王星は不安定な軌道をもち、どんな抵抗も打ち砕くほど強力です。このエネルギーは、損なうことなく、適切な方向に導かなければなりません。
水瓶座は、科学および超感覚的な力を与えられており、まもなく始まろうとする新たな千年紀の象徴でもあります。この千年紀に、世界は変わることでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

19日生まれの人は、ナンバー1(1+9=10➡1+0=1)と太陽に支配されています。ナンバー1に支配されている人は、何事にも1番を目指し、野心家で、縛られることを嫌います。
太陽は創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。ただし、太陽のもつエネルギーは、しっかりと方向を定め、力を継続して使うことが大事です。

2月19日は、天王星(水瓶座の支配星)と海王星(魚座の支配星)の影響を受ける水瓶座~魚座カスプ(2月16日~22日の水瓶座と魚座が混じりあう場所)に当たります。
天王星は独創性や反抗精神など、急激な変化や思いがけない行動をつかさどります。また、不規則な動きをすることから、単純な行動を嫌います。ただ、衝動的でありながら自然なエネルギーを出すため、周囲から極端に嫌がられることはないでしょう。
海王星は、想像、夢、神秘的な現象をつかさどり、知的で深みがありますが、まわりくどく、態度がハッキリしないところもあります。ただ、不思議と人を魅了し、どんな垣根も取り払うことが出来ます。

2月19日生まれは、様々なエネルギーが複雑に絡み合い、精神的に疲れやすくなります。特に、太陽に支配されているため、エネルギーをコントロールすることに注意してください。
ストレスに潰されたり、燃え尽きたりしないよう、適度に息抜きすることが成功のポイントになるでしょう。

タロットが導くカード

19日の大アルカナ・カードは太陽。他のカードに比べ、極めてたくさんの良い解釈が出来ると言われています。象徴するものは知識、生命力、幸運です。

太陽は、他にも「尊敬」「報酬」「明瞭」「周囲との調和」「良い評判」などの意味もあり、いいこと尽くめのように思われますが、一方で「高慢」「虚栄」「自惚れ」という悪い面もカードは暗示しています。

健康について

事故に遭いやすいので、足の怪我には要注意。また、循環器系のトラブルにも悩まされそうです。十分な水分を摂ることが健康の秘訣。毎日、少なくとも1リットル程度の水を飲むことをおすすめします。

体を動かすことが好きなので、運動量は多くなるはず。後はそれを正しく適用して活力と健康を維持することに努めてください。

食事に関しては、屈託なく好きなものを好きなだけ食べてしまいがちです。もう少し栄養に気を配って必要なビタミンやミネラルを補充し、肉は控え目にしてください。

滅多に感じない疲れを感じたら十分な休養と睡眠を取るようにしましょう。

2月19日生まれの方へ

忍耐力を養い、手を出さないでじっと見守りましょう。一生懸命やることが常にベストとは限りません。時には自分から追求せずに、向こうからやって来るのを待つこと。

あれこれ手を出し過ぎると、せっかくの能力が分散されてしまいます。色々な経験の中から、これと思うものに力を注ぐようにしてください。

【瞑想の言葉】

「君子危うきに近寄らず」

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link