10月21日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月21日【天秤座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

10月21日生まれの人は、性格も考え方も、周囲の人々とは全く違います。社会や職場では魅力的で人を惹きつけますが、一個人としては手ごわく気難しい人です。批判的な上に、好戦的な面もあるので、その複雑な人間関係は一向に改善されないでしょう。
調和や穏やかさを重視し、和やかな雰囲気が大事だといいながら、些細なことで気分を害し、相手に好意を持っているときでも、小さな失敗に苛立ちます。そのため、強い感情に流されてトラブルを起こすこともあるようです。


Sponsored Link


10月21日が導く運勢

【会話の達人】

会話の達人です。話すことが好きで、話術に優れています。仕事面では多彩ぶりを発揮し、後々までも残る業績を残します。ただし、本人が自分の才能をあまり自覚していないために、何年か後に自分の業績が再評価され、びっくりすることこともあるようです。

基本的に、面白いことや楽しいことが好きですが、根は真面目で、どちらかといえば悲観的な人です。しかし、周囲を存分に楽しませ、人生という舞台を巧みに演じる人ですから、どんな場所でも「引っ張りだこ」な存在となるでしょう。

【長 所】

  • 閃きがある
  • 人を惹きつける魅力がある
  • 話し上手

【短 所】

  • 自滅的
  • 依存癖がある
  • 理屈っぽい

心理/性格

万事を心得ている態度が、印象的で、人々に感銘を与えます。ただし、あまりにも気がつきすぎるためか、心からくつろぐことができないというマイナス面があります。また、私生活では、パートナーとギクシャクしていても愛情を簡単に断ち切ることができず、夫婦生活にメリットとデメリットを天秤にかけながら何年間も悩み続けることがあるでしょう。

親になった場合、礼儀正しさにこだわって子供を躾ますが、決して古風だというわけではなく、伝統を大切にするためです。家庭では強引で支配的な雰囲気があります。そのため、よほど動揺したり落ち込んだりしない限り、家族の助けが必要だとは考えず、一人思い悩むこともあるようです。深刻な問題を抱える前に、家族やパートナーに助けを求めること大事です。

家族、社会、社交クラブなどのマイナス面を見つけて、自分はそれに関わるまいとします。受け入れがたいものを拒み続けて人生の大半を送った後、一番必要なのは、和やかな家庭や落ち着きのある職場だということに気づくでしょう。そして、仏教の解脱にも似た境地に達することもあるようです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

天秤座(923日~1022日)の特徴

天秤座は、人の一生を星座の12期に分割すると第7期(42歳~49歳)に当たります。このため天秤座は、人生後半の生活様式を形成しようとする成熟した大人に例えられ、この世の舞台で自分が果たす役割を完全に理解しています。また、人生におけるバランスの必要性を強調しています。実際、天秤座は選択肢を秤(はかり)にかけることが多く、それがよく考え抜かれた意見となることもあれば、優柔不断や迷いに繋がることもあります。

特徴として、誰に対しても公平な態度を心掛け、物事が問題なく円滑に進むことを望みます。しかし一方で、論争好きな態度や振る舞いから騒動を引き起こすことがあります。また、計画をあらゆる方向から検証したがるため、実行を先延ばしにする傾向があり、急いで結論を出すことを頑なに拒否します。ゆったりと息をつけるスペースを必要とし、人ごみの中や圧迫を感じる状況ではナーバスになるようです。

注意しなければならないのは、フェアな精神です。公平を求めるには、中道を探らなければなりません。受け入れすぎても、批判しすぎても、それぞれ落とし穴があることを覚悟してください。

エネルギッシュでスタミナあふれる天秤座の人は、「鋭い感覚」「魅力」「優雅さ」をもっています。そのため、遊びや仕事の仲間として人気があり、大抵の人から好意的に評価されるでしょう。しかしながら、自分の考えを他人に押しつけがちなところは、要注意です。また、魅力をとても重視しますが、見かけに振り回されないよう用心することです。見かけにこだわりすぎると、品位を犠牲にすることにもなりかねません。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

21日生まれの人は、ナンバー3(2+1=3)と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は野心が強く、ときに横暴な態度になることがあります。木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的な性質をもたらします。

10月21日は、金星(天秤座の支配星)と冥王星(蠍座の支配星)の影響を受ける天秤座~蠍座カスプ(10月19日~25日の天秤座と蠍座が混じりあう場所)に当たります。
金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴です。また、社交的なところが強調されます。冥王星は、金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事を表します。

これらの性質を受ける10月21日生まれは、木星、金星、冥王星の相互作用により、恋愛に熱中しがちです。しかし、あまりに恋愛を優先すると、恋愛以外の大事な日常生活がおろそかになり、結局は破局を招くことになるでしょう。また、嫉妬などの悪い感情を抱くことが多々あり、特に女性はこの傾向が見られます。嫉妬に駆られて冷静さを失うこともあるので、周囲の忠告には耳を傾けること。とにかく、支配的な態度には要注意。

タロットが導くカード

21日の大アルカナ・カードは世界。エネルギーを与える杖を両手に持ち、走る女神が描かれています。女神は世界の頂点に立ち、真理をあらわす存在です。彼女には無限の力があります。

このカードが象徴しているのは、この世界で達成できる、すべてのこと。また、報酬と完全な姿を意味しています。一方で、挫折、苦悩、甘えなどの悪い面も意味しており、克服できない障害があらわれることも警告しています。

このカードから与えられる、10月21日生まれの人の課題は、何事も建設的に取り組むことです。やる前から、出来ない理由を探すのではなく、出来る方法を考えることが大事です。

健康について

心身両面での疲れに要注意。何事にもよく気が付く人なので、往々にして自分で招いた心配事やストレス、頭痛、などに悩まされることが多々ありそうです。深刻な症状になる前に、辛いことは家族に話しましょう。家族や恋人に、あれこれ話したところで、何の解決にもならないようですが、精神的にはかなり楽になるはずです。忠実なパートナーの愛や理解にまさる特効薬はないでしょう。

食生活に関しては、規則正しい食事と腹八分目を心がけ、新鮮な果物や野菜、穀類を中心に取るようにしてください。テンションが高いため不眠症に悩まされることもありますが、薬に頼るのは禁物です。

10月21日生まれの方へ

心を鎮めること。ぶつかっていく代わりに一歩退くことで、周囲とのトラブルが避けられることもあります。批判的な態度は出来るだけ控えめにすること。寛容を心がけ、愛の力を思い起こしましょう。才能を世の中のために役立ててください。

【瞑想の言葉】

死は復活へのチャンス。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link