8月13日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月13日【獅子座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

8月13日生まれの人は、ユニークな個性の持ち主だけに、一風変わった人に惹かれ、興味をもちます。逆に、堅苦しい人や保守的な人は苦手です。本人は理想を非常に高くかかげる傾向にありますが、他人の現実離れした理想、楽天すぎる理想をもつ人には懐疑心を抱きます。

基本的にリーダー向きに生まれついているのですが、権威を振りかざしがちなところには気をつけなければなりません。


Sponsored Link


8月13日が導く運勢

【不屈の闘志で一発逆転】

基本的に、立ち向かうべき困難のない平坦な人生には背を向けます。そして、危険が大好きです。これは、死や怪我などの危険というよりも、成功の確率が極めて低い状態を意味します。つまり不可能を可能にしたいのです。実際、突発的な事故や不運な出来事をやっと乗り越えたと思ったら、またしても大きな賭けに出て、周りの人々を驚かせることがあります。粘り強さがあり、勝負どころも心得ているので、不屈の闘志で一発逆転を狙える可能性を秘めた人です。

【長 所】

  • 負けじ魂がある
  • 元気がいい
  • 勇気がある

【短 所】

  • 奇抜
  • 神経過敏
  • 危なっかしい

心理/性格

8月13日生まれの人が成功してトップの座を保ち続けるためには、勝ち目の少ない戦いを何度も勝ち抜いていかねばなりません。生涯をかけて、心から望んで手に入れた地位を守り抜き、目標達成を目指して奮闘し、素晴らしい人間関係を築くことに挑戦するでしょう。

様々な苦境や苦難に時々押しつぶされそうになるため、人の目には意気消沈しているように見えることもあるでしょう。しかし、普段は陽気で楽天的な姿勢を崩しません。批判をひどく気にかけ、自己嫌悪に陥りやすいタイプですが、不安は胸の中にしまっておき、人懐っこく、素直に、とりわけ意欲的になろうと努めます。

残念なことに、目標を達成し、狙っていたものを手に入れても、その価値が必ずしも永遠に続くわけではないという皮肉な運命につきまとわれているようです。人と同じでないことを喜びとするタイプなので、社会的な成功に安住しようとすることはないでしょう。それよりも、独自の道を切り開くことに生涯を傾けたいと願う人です。苦しい試練に立ち向かうほど幸運の女神が微笑みかけ、助けてくれそうです。もうダメかという時に、思いがけない場面で、一発逆転、助け船が現れるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

獅子座(7月23日~8月23日)の特徴

獅子座は、人の一生を星座の12期に分割すると第5期(28歳~35歳)に当たります。この獅子座は、若い力が社会の中で全力を注ごうとする「成熟した大人」に例えられ、世の中を明るく照らし出す創造的な力をあらわします。また、獅子座は、地上に足跡を残したいという自我の欲求を象徴し、「野心」「権力」「自信」が大きな特徴になります。
獅子は、勇気と王者の風格により、尊敬され、畏(おそ)れられます。この要素をもつ、獅子座の人は、先頭に立つことを好み、他人は従うのが当然だと思っています。また、必要とあらば不正や抑圧や悪と戦うことも辞しません。一方で、分かち合いと心の温かさも重視し、享楽と満足と調和を求めます。
ケチ臭い事や惨めったらしいことが大嫌いで、百獣の王の名にたがわず、価値がないと判断したことは無視する傾向があります。自分のやりたいようにやるだけでなく、気に入らない申し出を断わる強さや、決意を守り通す意志を誇示したがる傾向もあり、獅子座生まれの人にとって、口にした約束は絶対です。ただし、頑固な態度や古くさいやり方に固執することが、成長の妨げにもなります。
基本的に獅子座の人は、誉められることが大好きで、容貌だけでなく行為についてもそれを求めます。このため、他人から祭り上げられることは少しも苦ではありません。生まれながらのリーダーも多く、家族や社会、政治など様々な集団の手本となるでしょう。しかし、本来は、黙々と物事をやり遂げ、自信と信頼のイメージを伝えることを好む人です。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

13日生まれの人は、ナンバー4(1+3=4)と天王星に支配されています。天王星は、気まぐれで激しやすい性質があります。また、ナンバー4は、反抗的になったり、一風変わった信念を持ったり、社会のルールを変えようと考えたりもします。

8月13日は、獅子座を支配する太陽の影響も受けます。太陽は、創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。ただし、この太陽の力は少しずつ着実に使うことが大切です。エネルギーを一気に使い切ってはいけません。

これらの性質を受ける8月13日生まれは、ものの見方が人と全く違うためか、非常にユニークな個性と人生観を持つでしょう。注意すべきは、危険な事を危険と思わないこと。とは言っても、危険こそがヤル気の源でもあるため、平穏とか安全というものを避けて行くでしょう。

ちなみに、13は不吉な数字だと考えられていますが、正確には強い力をもつ数字というべきです。人がその力を賢く使えばいいのですが、その逆なら身の破滅をもたらすような数字だということを肝に銘じておいてください。

タロットが導くカード

13日の大アルカナ・カ-ドは死神。しかし、死神のイメージで、このカ-ドを解釈することは滅多にありません。自分の限界を超えて成長してゆくために、過去に別れを告げることを意味しているのです。

このカードとナンバー4は、8月13日生まれの人に、落胆、幻滅、悲観、憂鬱(ゆううつ)に注意せよと告げています。これは、心が沈んだ危険な状態であれば、現実の危険に立ち向かうことは無理ということ。苦しい時こそ人を頼り、人の助けを借りましょう。天(神)に頭を下げお願いするのではなく、身近な人に頭を下げお願いすることを覚えましょう。

健康について

基本的に、自分の健康状態について無頓着なタイプです。しかし、食事、運動、健康管理ついて、自分なりにしっかり好みをもっており、特に、睡眠に関しては昔ながらの習慣を守り、一日7、8時間は眠ろうとします。日々、いろいろなプレッシャーを受ける人なので、心を休めるためにも、睡眠時間だけはしっかり取るようにしてください。

病気と闘う、あるいは成功率の低い手術を受けることになっても大丈夫です。きっと切り抜けられます。なにしろ、大きな賭けに勝った経験が何度もある人なのですから。

8月13日生まれの方へ

今やっていることにベスト尽くし、世間に押しつぶされないようにしてください。同じ好みや考えを持つ人を見つけましょう。怒ったり、暴君になったりしがちなところには要注意です。いつも素直に、人を疑わないようにしましょう。自分の殻に閉じこもってはいけません。

【瞑想の言葉】

今、歩いている道を逸れてはいけない。これがあなたの道なのだから。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link