7月11日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月11日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月11日生まれの人は、とても社交好きなタイプです。身の回りのものすべてに興味を抱きます。どんな話題にもついていける情報通で、そんな自分を誇りにしています。プライバシーを大事にする傾向がありますが、遠慮なく話し合える親しい友人や家族を必ずもっています。


Sponsored Link


7月11日が導く運勢

【口が達者な情報通】

少々ナルシストの気もあり、ファッションやインテリアを非常に気にします。趣味を深めれば人間的な魅力も深まりますが、それが高じると趣味が生活の中心になり、多くの無駄な時間を費やすこともあります。例えば、家具はどれを選ぼうか、置く場所はどこにしようか、などと考えているうちに一日が過ぎてしまいます。物質的なことにこだわって精神的な面をないがしろにしないよう気をつけましょう。

【長 所】

  • 博識
  • 世情に通じている
  • 協調性がある

【短 所】

  • しゃべりすぎ
  • 人を惑わす
  • 物欲が強い

心理/性格

何より大切なのはプライバシーを守ることで、私生活を垣間見せることなど皆無といっていいでしょう。秘密はよほど親しくなって初めて打ち明けます。自分が人にどう思われているか、どんなイメージを与えているかをよくわきまえています。

職場や社交の場では、噂話やゴシップでも、その場の話題にうまく調子を合わせることができます。仕事の上で高い地位にいるベテランでさえ、こういった無駄話をとても重視します。業界の情報に精通するには、ある程度の調査も必要だからです。内部事情に詳しいことで、上手にものごとを自分に都合よく運ぶことができます。

普段は様々のことで頭がいっぱいです。常に先を読んで対策を練り、運命の先回りをしようとします。まずいことが起こりそうだと思えば、その場所を避けて通り、大儲けのチャンスが転がっていると思えば大急ぎで飛んでいく、行動力があります。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹(かに)座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。

月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。

甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

11日生まれの人は、ナンバー2(1+1=2)と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなりますが、リーダー向きではありません。

7月11日は、蟹座を支配するも月であるため、月の影響を強く受けるでしょう。月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。

これらの性質を受ける7月11日生まれは、想像を巡らせる能力が非常に高くなり、非常に現実離れした行動をとることもあるようです。また、11日生まれは、何かと、こだわりがちで感情豊です。このため、蟹座の特徴である感情に偏りがちな面が増々強調されます。

ちなみに、11日生まれの人は、11という数字の形の影響を受け、同じ形のものが対になっているものや対象になっているものに興味をもつことがあります。これは、理想と現実のバランスをとって生きていこうとする証でもあります。

タロットが導くカード

11日の大アルカナ・カードは正義。片手に秤(はかり)、もう一方の手には剣を持ち、静かに坐る女性が描かれています。意味するものは宇宙の秩序。そのバランスと調和は、人間の生のなかにも、常に存在することをあらわしているのです。

このカードのもつ良い面は、清廉潔白、公正、誠実、自制です。一方で、決断力に乏しく保守的すぎることや、冷淡、不平などの悪い面をもっています。

健康について

自分のことよりも、他人の健康状態や最新流行の健康法に興味を示しがちです。仕入れた知識の数々は、遅かれ早かれ自分で試すことになるでしょう。いくつもの健康法を試すので、結果は大混乱になるケースがあります。心身の健康管理は常識の範囲内にとどめ、流行に惑わされないようにしてください。規則正しい、ごく普通の食事をしていれば、健康を維持できます。

過食になりやすく、美味しいものや「美食」に目がありません。度が過ぎると、体を壊してしまう恐れがあります。運動を定期的に生活に取り入れると、精神的に落ち着きが出てきます。また、ストレス解消には香水やハーブ入りのお風呂など感覚を刺激するものがおすすめです。

7月11日生まれの方へ

事実を脚色し過ぎないよう気をつけてください。そうでないと、いつかは誰からも相手にされなくなります。また、必要とあらば嘘も辞さない行動は身の破滅を招きます。先回りしすぎる想像力の手綱を引き締めるようにしてください。空想壁と現実的な部分のバランスには十分注意してください。

【瞑想の言葉】

熟した果実は、色で人を惹きつける。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link