2月11日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月11日生まれの人は、肉体、精神、経済面などのあらゆるハンディを克服することに関して非常に熱心です。そのため、精神や肉体の限界を超えることは、やりがいがあり、実り多いことと考えるでしょう。その一方で、自分の失敗については、なかなか認めようとしないところがあり、友達や家族、知人のために良かれと思って手本を示したつもりが、結局は相手を怒らせてしまうことも多々あるようです。


Sponsored Link


2月11日生まれ 特徴

【暮らしの改良に情熱を注ぐ人】

この日生まれの人は、完全に快適で便利な環境など、この世に存在しないと考えています。ですから、人々の暮らしの質(生活水準、食事、娯楽)を改善するに当たって、単に暮らしを楽で愉快なものにするのではなく、もっと意味あるものにしたいと考えています。

つまり、便利な生活の落とし穴でもある「堕落した時間」を増やそうということではなく、もっと知的なことや創造的なこと、あるいは精神的なことに使える時間を増やしたいと思っているのでしょう。いずれにしても、身近な人々の生活が物質面で助けられたり、改善されたりすることに喜びを感じる人です。

【長 所】

  • 手助けを厭(いと)わない
  • 創意工夫の才がある
  • 良いものを見分ける力がある

【短 所】

  • 何事にも過剰になりやすい
  • のめり込み過ぎる
  • 無神経

心理/性格

日常生活の向上に貢献できる人です。ですから、新しいアイデアや便利な発明品などを生み出す可能性があります。ただし、単に快適さや贅沢を世に送り出したいと思っているわけではないようです。経験を積み、様々なものを改良し、熱意を持って取り組むべき創造的な仕事に関わりたいと考えているのでしょう。

この日生まれの人で、社会的な地位を得た人は一匹狼とみなされ、変化や進歩を恐れる保守的な人々から敵対視されることもあるようです。成功者でいるためには機転や処世術を身に着け、放置すべき時は手を出さないことも大事です。

仕事仲間が、間違っていたり、稚拙なやり方だったりしても「自分のやり方には手を出さないでほしい」という人がいることを忘れてしまいがちです。要領の悪い人や頑固な人が同じ過ちを繰り返し、改良のチャンスをみすみす逃しているのは見るに忍びないことかもしれません。しかし、時には我慢して、人がなすままにさせておくことも大事、と心得てください。


Sponsored Link


色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

健康について

他の人に比べて感情面でのトラブルに多く見舞われそうです。物事を思い通りに進めたいがために、自分の欲求を満たそうとして非常に子供っぽい態度をとったり、他人を犠牲にしたりすることもあります。感情が昂ぶりやすい原因を探るためには、セラピーや心理カウンセリングが役立ちそうです。過食、快楽に溺れるなどの問題を抱える人もいますが、知的に対処すれば避けられるでしょう。

食事についてはある程度の管理は必要ですが、あまり健康法にこだわり過ぎるのは考えものです。運動があまり好きではなく、関心も薄いようですが、ストレスにならない適度な運動を日常生活に取り入れることをおすすめします。

2月11日 生まれの方へ

人々がうわべで求めているものではなく、本当に必要としているものに目を向けることが大事です。理想や主義を重んじるのは結構ですが、家族や友人に押し付けてはいけません。他人のプライバシーを大切に。

【瞑想の言葉】

楽しみを追求すれば、必ず苦しみが伴う。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。