5月9日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月9日【牡牛座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

5月9日生まれの人は、弱者の味方となり、権力者や組織の横暴を許しません。
基本的に、腹の立つことがなければ、普段はとても寛容で優しく、本人も幸せでいられます。ところが不正を目にしたとたん、頭に血が上ってしまいます。家族や友人を悲しませないためにも、執念深い怒りは捨てること。

争いを避けるには、人を相手にすることが少ないクリエイティブな仕事や個人事業などの一人でも出来る仕事を選ぶといいでしょう。とはいえ、おのずと改革や抗議に関わってしまいがちです。周囲への影響力を考え、なるべく若い時期に感情をコントロールする術を身に付けたほうがいいでしょう。


Sponsored Link


5月9日が導く運勢

【正道を行く人】

誰に対しても公平なので、意見や忠告は信頼をもって聞かれるでしょう。また、人にも公平さを求め、特に約束事に関しては厳しくなるところがあります。正義とフエアプレイの精神が守られていないと生きがいを感じないのでしょう。

正しいと信じていることのためなら必死で闘い、必要なら命までも投げ出します。責任感に燃えて、理想を掲げ、ときには自ら理想の旗印になることさえ自然にやってのけるでしょう。

【長 所】

  • 高い倫理観をもっている
  • 人を守ろうとする
  • 公正さを重んじる

【短 所】

  • 人を許さない
  • 禁欲的
  • 現実離れしている

心理/性格

アイデア、理想、目標などに夢中になり過ぎて、現実的な計画が立てられないと、様々な問題に直面します。とにかく、現実離れした夢を持ちがちで、はっきり無理だと分かっていても諦めきれないことがトラブルの原因になるようです。極端な場合、自滅的な衝動に駆られることさえあり、特に人間的に未熟な人の場合はそうなりがちです。自分の長所を十分に発揮するには、叶いそうもない望みを捨て、ありのままの現実を見ることが大切です。

外見に関係なく、体から力がみなぎっており、小柄な人でも華奢(きゃしゃ)な体つきの人でも同じようにパワフルな印象を与えます。とはいえ、自分から攻撃的な態度に出ることは滅多にありません。基本的に、自身の強靫さは攻撃よりも防御のために利用する人です。

牡牛座の人は、美しいものや自然への愛にあふれています。過大な目標をもたなければ、芸術や商売で優れたセンスを発揮し、商才で名をなすでしょう。お金やエネルギーを無駄に使ったりはせず、何をするにも確実な利益と結果を求める人です。ですから、自制心さえ身に付ければきっと成功するはずです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

牡牛座(421日~521日)の特徴

牡牛座は、人の一生を星座12期に分割すると、第2期(7歳~14歳)に当たることから、成長と発達を意味し、身辺の管理を覚えていく子供に例えられます。この、少年期から思春期への成長は、何が自分のもので、何がそうでないかを学ぶ時期でもあるため、牡牛座の人は、大切なものを維持管理することが主要なテーマになります。

金星に支配される牡牛座は、調和を求め、身のまわりを美しくすることに関心があります。物質界との関わりが深いため、大切なものを所有することと安全を確保することが、人生に大きく影響するでしょう。

牡牛座は、シンボルの雄牛さながらに頑固で闘争的です。しかし、調和を求めるので、意外に柔軟なところもあります。また、牡羊座は、何にでも興味をもつところがあります。特に、異性、食事、スポーツなど、肉体に関するすべてに関心を寄せるでしょう。

基本的に、プロジェクトを立ち上げ、形にすることを得意とします。
牡牛座生まれの人は、じっくりと考える能力が発達しており、周到な計画をたて、時が熟するのを待って実行に移す慎重さがあります。しかし、物事を先延ばしにして、行動のきっかけをなくすこともあるようです。

牡牛座生まれの人は、集団に属することを好む半面、かなりの部分を自己裁量でやりたいと願います。支配したいという欲求が強いため、いつまでも追随者ではいられません。
頑固者との評判どおり、一緒に働く人々に対して譲れない線を示すことも多いでしょう。

特徴的なのは、周囲の人に対して最もプラスになることを心に留め、人の為に生きようとすることです。しかし、「自分のやり方以外は認めない」と主張するところがあり、誤解を招くことが多々あるようです。
頑固な態度は、自分優先に利益を守ろうとしているのでは? という印象を周囲に与えるため、利己的と非難されないよう言動には注意してください。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

9日生まれの人は、ナンバー9と火星に支配されています。9は特別なナンバーです。あるナンバーに9を足すと各位の数字の和が必ずもとのナンバーになり(例:5+9=14➡1+4=5)、また、9をかけた場合は各位の数字の和が必ず9になる(例:5×9=45➡4+5=9)というように、他のナンバーに強い影響を与えます。このため、5月9日生まれの人も周囲に対して大きな影響力を振るいます。
火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。この火星の熱いエネルギーは、仕事に関して良くも悪くも大きな影響を及ぼします。攻撃だけで、仕事をこなすことは難しいと知り、熱い想いはコントロールすることで、大きな成果が得られるはずです。

5月9日は、牡牛座を支配する金星の影響も受けます。金星は社交をつかさどる惑星です。また、美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあります。このため、金星の影響を受ける人は、母性的で世話好きなところが強調され、心地よさや気持ちよさ などの感覚を愛するでしょう。

これらの性質を受ける5月9日生まれは、火星のもつ男性的な部分と金星のもつ女性的な部分がバランスよく働き、性別に関係なく好かれるでしょう。また、ナンバー9の影響もあり、周囲からは頼りになる存在として評価されます。
注意すべきは、掲げる理想が高すぎること。特に周囲の人に対しては、寛大な目で見るようにしましょう。それが出来れば、更に大きく成長できるはずです。

タロットが導くカード

9日の大アルカナ・カードは隠者。通常はランプと杖をもって歩く姿が描かれています。

隠者は、瞑想、孤独、静寂の象徴。また、知恵を使うことや修行を積むことも意味しています。隠者は人々の良心を呼びさまし、導きます。

このカードのもつ良い面は、粘り強さ、目的意識、知識の深さ、集中力。
悪い面は、独断、心が狭いこと、不信、落胆です。

5月9日生まれの人は、人の言葉を批判的に受け取りがちです。カードの隠者を見習い、一人になって考えることが大事です。そうすることで、心が広がり、不振や落胆から解放されるはずです。

健康について

抑えることのできない、怒りと無謀さに注意。どちらも怪我や事故のもとです。怒りに駆られるとカッとして怖いもの知らずになるため、極度のストレス状態におかれたときには自制できるようにしておく必要があります。もっと冷静になり、人の欠点を許すようにすれば、心身ともに平穏無事に暮らせるはずです。

瞑想やヨガもおすすめ。意識や洞察力、自制心を高めてくれるセラピーもプラスになるでしょう。肉や糖分は控えめに、野菜や果物、穀類や魚を主体にした食生活を心がけてください。

5月9日生まれの方へ

説得力があり、カリスマ性を発揮するので、友達や支持者が周囲に集まります。そのことをよく理解して、感情をコントロールしてください。ほんの少しの我慢ができないために、取り返しのつかない多大な犠牲を払うことになります。

短気を起こさないこと。人の個性を尊重し、欠点を許しましょう。批判的な目で人を見てはいけません。それができれば、あなたも周囲の人たちも、もっと幸せになれるでしょう。人にはやさしく、自分には厳しく。

【瞑想の言葉】

大声で叫び合うのは、人が遠く離れているとき。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link