9月18日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月18日【乙女座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

9月18日生まれの人は、孤独を好み、人目を避けようとするところがあります。自分だけの世界に浸りがちで、容易に人を寄せ付けません。しかし、なぜか人から注目される職業に就くことが多いようです。また、不思議と、いざというとき頼りになる人でもあります。ただし、何の前触れもなく突然友情や愛情に終止符を打ってしまうことがあります。この日生まれの人の、急な心変わりには覚悟しておく必要があるでしょう。


Sponsored Link


9月18日が導く運勢

【謎に満ちた神秘の存在】

理解できないことを解明するのが大好きな人です。複雑な問題に直面すると、ほつれた糸をほぐすように一つ一つ整理して明らかにしていきます。物事を理解したいと強く願い、そのために世間から遠ざかって一人きりで思案をめぐらせ、解決の糸口を探ろうとする沈思黙考タイプといえます。気持ちを抑圧することによって精神的にトラブルを抱えてしまう場合もありますが、同時にミステリアスな雰囲気も生まれ、周囲の人々にはとても魅力的な人に感じられるでしょう。

【長 所】

  • 思慮深い
  • 真面目
  • 美的センスに恵まれている

【短 所】

  • 孤立しがち
  • トラブルに巻き込まれやすい
  • 消極的

心理/性格

この日生まれの人にとって、人生の最大のテーマは「美」です。争い、暴力、熾烈な競争などを苦手とし、そういったものからすぐに逃げようとするでしょう。実は大きなストレスに対処するのが苦手なのです。魅力的な容姿に恵まれていることが多いにもかかわらず、あまり自分に自信がもてないのでしょう。

人生を非常に真面目に捉えています。むしろ真面目すぎるくらいかもしれません。また、熱中しやすいので、常に集中力や注意力が要求される仕事や調査研究を得意とします。このことが功を奏して、大きな成功を手にする可能性があります。しかし、失敗や不運な出来事を繰り返し経験することもありそうです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

乙女座(824日~922日)の特徴

乙女座は、人の一生を星座の12期に分割すると第6期(35歳~42歳)に当たります。このため乙女座は、中年期にありがちな、避けることのできない重要な問題に直面しても解決できる「成熟した大人」に例えられます。この「成熟した大人」とは、道徳心の強さでもあり、乙女座に真面目なイメージを与えています。事実、乙女座の人に、あまりユーモアは通じません。また、注意深く几帳面な上に、鑑識眼が鋭すぎるため、何かにつけて厳しく選り好みするでしょう。
基本的に、乙女座は秘密主義で、何を隠し、何を(いつ、どのように)明らかにするかに気をつかいます。ですから、乙女座の内面は、分析、解決、評価に没頭しています。また、乙女座にとっては未来に焦点があり、目標を設定して計画的に働こうとします。例えば、休暇のときも、「旅行資金を積み立てる」「用意周到に準備を整える」「スーツケースや車のスペースを完璧に利用する」などはお手のものです。だからといって、偶然や即興を楽しまないわけではありません。ただ、その楽しみ方は、ちょっとしたアクシデントでは揺るがない、しっかりした土台があってこそと考えています。つまり、自らの真面目で几帳面な部分を土台とすることで、自分と仲間の為の安心安全を得たいのです。言い換えると、ちょっとした心配性でもあります。
これまで乙女座は控えめな、あるいは取り澄ました姿に描かれるのが普通でしたが、因習的な道徳を振り捨て、自らの感情や欲望をはばからず口にする人も少なくありません。とはいえ、一線を越えるようなことはなく、家族や職場の同僚として最高で、それぞれの集団に大きな貢献をします。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

18日生まれの人は、ナンバー9(1+8=9)と火星に支配されています。9は特別なナンバーです。あるナンバーに9を足すと各位の数字の和が必ずもとのナンバーになり(例:5+9=14➡1+4=5)、また、9をかけた場合は各位の数字の和が必ず9になる(例:5×9=45➡4+5=9)というように、他のナンバーに強い影響を与えます。このため9月18日生まれの人も周囲に対して大きな影響力を振るいます。
火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。

9月18日は、乙女座を支配する水星の影響も受けます。水星は頭の回転の速さとコミュニケーションをあらわします。また、ゲームやパズルが大好きで、細部に注意を払い、立ち直りが早いこともこの惑星の特徴です。

これらの性質を受ける9月18日生まれは、一人で考えることを好み、世間離れしているところがあります。これは、火星の攻撃的な部分が水星の賢さを刺激するため、あらゆることを自分の頭の中で解決しようとするからでしょう。注意すべきは、無愛想な態度です。物事に集中するほど、周囲につっけんどんな態度をとりがちなので、完全に孤立する恐れもあります。ただ、本人は、それを全く苦にせず、淡々とやるべきことに取り組むでしょう。

タロットが導くカード

18日の大アルカナ・カードは月。主として夢、感情、無意識の世界を象徴しています。

このカードのもつ良い面は繊細さと、相手に共感し理解すること。悪い面は感情に流され、受け身で自分がないところです。

健康について

慢性病に要注意。大きな事故や手術の後、後遺症に悩まされることがあるかもしれません。腹腔、生殖器、腎臓、副腎は特に弱い分部です。万が一、健康を損なったときは、医師の指示を守って病気とうまく付き合うことが大事です。

精神的な不安をまぎらわすために、あらゆる欲求に歯止めがきかなくなることがあります。あるいは逆に、欲求を抑え込んでしまい、エネルギーのバランスを失う可能性もあります。いずれの場合も自暴自棄になりやすく、トラブルを招く恐れがあります。瞑想やヨガなど、心が安定するものを試すといいでしょう。

9月18日生まれの方へ

もう少し忍耐力を養いましょう。ただし、時には争うことも必要です。体調に気を配り、異常があれば放置しなように。ミステリアスな性格のため、光を遠ざけているようです。もっと明るく。

【瞑想の言葉】

この宇宙のすべてに生命が宿っている。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link