9月17日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月17日【乙女座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

9月17日生まれの人は、正義感が強く、争いごとはフェアに決着をつけるべきだと考える人です。また、たとえ自分が不利な状況で力を出せなかったとしても、結果は公平に扱われることを強く望みます。このように一見堅物な人間ですが、一風変わったユーモアのセンスの持ち主でもあります。ごく当たり前のことも、普通とは違う変わったやり方をするので、周囲が思っているほど生真面目というわけではありません。気のおけない仲間といるときなどは実に愉快になれる人です。


Sponsored Link


9月17日が導く運勢

【我慢と忍耐の人】

一度こうと決めたら、どんな些細な目標であっても、ひたすら達成することを目指します。目標を達成しようとする粘り強さと情熱は誰もが認めるところです。あらゆる状況を我慢し、屈辱にも耐え、たとえ何年かかっても(かえって時間をかけるのを好むところがあります)、キャリアを積み、地位を高めていくでしょう。そればかりか、トップの座を獲得したら、苦労した期間以上に、その座を維持するでしょう。

【長 所】

  • 粘り強い
  • 強靭
  • 不屈の精神

【短 所】

  • 古い体質(体制)に固執する
  • こだわり過ぎる
  • もったいぶっている

心理/性格

創造性を発揮する人もいますが、大抵は強靭な体力に恵まれ、感心させられるほど頑固で、左脳が活発に働く理論派です。理路整然と考え、説得力のある推論をするのも得意です。ただし、その能力を使って、意識的に目立とうとしたり、誰かの気を引こうとすることは一切ありません。また、周囲の人々の気まぐれや感情の浮き沈みによって翻弄されることもなく、お世辞や媚を全くを受け付けない人です。

障害に出会い、それを克服することは日常茶飯事。敵に対しては、打撃を与えて一気に叩き潰すよりも、容赦なくプレッシャーを与えて、じわじわと追い詰めるタイプです。逆に、当人はこの手のプレッシャーに強く、窮地に立たされても神経がひどく参ったり自信喪失に陥ったりすることはまずありません。つまり、困難や逆境に直面したときにこそ頼もしい存在になります。

基本的に、現状維持を好みますが、現行の制度を少しずつ改善していこうと努力することもあるでしょう。ただ、どんなに急進的な考え方を持っていても、結局は体制の中に自分の居場所を見いだすはずです。これは文字どおり組織というものに対して共感を抱き、無秩序と混乱に支配された世の中を嫌う気持ちの表れでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

乙女座(824日~922日)の特徴

乙女座は、人の一生を星座の12期に分割すると第6期(35歳~42歳)に当たります。このため乙女座は、中年期にありがちな、避けることのできない重要な問題に直面しても解決できる「成熟した大人」に例えられます。この「成熟した大人」とは、道徳心の強さでもあり、乙女座に真面目なイメージを与えています。事実、乙女座の人に、あまりユーモアは通じません。また、注意深く几帳面な上に、鑑識眼が鋭すぎるため、何かにつけて厳しく選り好みするでしょう。

基本的に、乙女座は秘密主義で、何を隠し、何を(いつ、どのように)明らかにするかに気をつかいます。ですから、乙女座の内面は、分析、解決、評価に没頭しています。また、乙女座にとっては未来に焦点があり、目標を設定して計画的に働こうとします。例えば、休暇のときも、「旅行資金を積み立てる」「用意周到に準備を整える」「スーツケースや車のスペースを完璧に利用する」などはお手のものです。だからといって、偶然や即興を楽しまないわけではありません。ただ、その楽しみ方は、ちょっとしたアクシデントでは揺るがない、しっかりした土台があってこそと考えています。つまり、自らの真面目で几帳面な部分を土台とすることで、自分と仲間の為の安心安全を得たいのです。言い換えると、ちょっとした心配性でもあります。

これまで乙女座は控えめな、あるいは取り澄ました姿に描かれるのが普通でしたが、因習的な道徳を振り捨て、自らの感情や欲望をはばからず口にする人も少なくありません。とはいえ、一線を越えるようなことはなく、家族や職場の同僚として最高で、それぞれの集団に大きな貢献をします。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

17日生まれの人は、ナンバー8(1+7=8)と土星に支配されています。ナンバー8に支配される人は、ゆっくりと着実に生活基盤やキャリアを築いていきます。ただ、孤立しがちで、気ままな性格になりやすく、何かに没頭し過ぎる傾向もあるようです。土星に支配される人は、制限や制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。

9月17日は、乙女座を支配する水星の影響も受けます。水星は頭の回転の速さとコミュニケーションをあらわします。また、ゲームやパズルが大好きで、細部に注意を払い、立ち直りが早いこともこの惑星の特徴です。

これらの性質を受ける9月17日生まれは、土星と乙女座の組み合わせにより、真面目な部分が一層、強まるでしょう。注意すべきは、こだわり過ぎです。特に、自分の考えが一番という考えは、孤立を招きます。もう少し柔軟に、そして、周囲との何気ない会話を楽しむようにしましょう。そうすることで、視野が広くなり、水星のもつ想像力もよく働くでしょう。

タロットが導くカード

17日の大アルカナ・カードは星。裸の美しい娘が、星の下にいます。彼女は1つの水差で乾いた大地を潤し、もう1つの水差しで池のよどんだ水を生き返らせているのです。娘が象徴しているのは、地上の生命の繁栄。しかし、彼女の肉体は、その繁栄の奴隷であることも示しています。一方で、頭上の星は精神的な世界の存在を思い起させます。

9月17日生まれの人は、気持ちの中にある、不平や不満に振り回されないようにし、目標を常に高く持ちましょう。そのためには、他人に対する優しさを養うことが大切です。

健康について

デスクワークをする人も、体を動かす職業の人も、太りやすいようです。食事制限と運動は意識して日々過ごした方がいいでしょう。基本的に体が丈夫な人が多いので、出来れば、有酸素運動といわれる少し激しい運動がおすすめです。

30歳代後半になると生活習慣病が心配されます。出来るだけ、脂肪やタンパク質を控えることが肝心です。また、ストレスから過食の心配もあります。ストレスを軽減するためにも、無駄な衝突は極力避けてください。

9月17日生まれの方へ

他人を批判するのは悪い癖です。一歩譲り、他の人を立てる余裕をもってください。寛容な気持ちを忘れずに、楽しむための時間を持ちましょう。たまには、「愛している」と言いましょう。

【瞑想の言葉】

地図を描くのは手、導いてくれるのは心。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link