8月17日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月17日【獅子座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

8月17日生まれの人は、精力的な面もあれば、物静かで孤独を愛するところもあります。私生活は断固として守り、仕事や社交の場以外では、一人で過ごしたがるほうです。時にはとても社交的で、場の盛り上げ役になることもありますが、バカ騒ぎを嫌います。どことなく、洗練されていて魅力的ですが、近寄りがたい雰囲気があります。


Sponsored Link


8月17日が導く運勢

【今にも爆発しそうなパワー】

周囲を圧倒するほどのパワーにあふれ、非常に精力的です。男女ともに根っからの支配者で、ものごとを仕切りたがります。そのダイナミックなパワーの源である支配欲は、現実主義的な考え方に根ざしています。注意しなければならないのは、その支配欲が強くなりすぎて、周りの人々を辟易(へきえき)させてしまうことです。ですから、トラブルを招くこともしばしばです。一言発する前に、まず一呼吸置くことを心がけると、ある程度、トラブルを回避できるでしょう。

【長 所】

  • 多才
  • 力強い
  • 気さく

【短 所】

  • 激情にかられやすい
  • 反感を買いやすい
  • お高くとまっている

心理/性格

人と衝突しやすい性格をコントロールするのに苦労するでしょう。敵対心をあおるような、衝動のおもむくままに行動していたら、とんでもないことになります。新たな敵をつくるだけでなく、暴言や暴挙も許してくれる家族や友人にさえ見放されてしまうでしょう。

人間に深みがあり、見識のある考え方もできるという多芸多才なので、自分のエネルギーをコントロールできさえすれば、活躍の場が広がるはずです。自分でも手に負えないほどの内に秘めた力を、何らかの方法で精神的に鍛錬すれば「嵐」のようなエネルギーをコントロールできるようになるでしょう。つまり、嵐の前触れである風を察知し、それが暴風雨になる前に鎮めてしまうことが、成功のカギとなるようです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

獅子座(7月23日~8月23日)の特徴

獅子座は、人の一生を星座の12期に分割すると第5期(28歳~35歳)に当たります。この獅子座は、若い力が社会の中で全力を注ごうとする「成熟した大人」に例えられ、世の中を明るく照らし出す創造的な力をあらわします。また、獅子座は、地上に足跡を残したいという自我の欲求を象徴し、「野心」「権力」「自信」が大きな特徴になります。

獅子は、勇気と王者の風格により、尊敬され、畏(おそ)れられます。この要素をもつ、獅子座の人は、先頭に立つことを好み、他人は従うのが当然だと思っています。また、必要とあらば不正や抑圧や悪と戦うことも辞しません。一方で、分かち合いと心の温かさも重視し、享楽と満足と調和を求めます。

ケチ臭い事や惨めったらしいことが大嫌いで、百獣の王の名にたがわず、価値がないと判断したことは無視する傾向があります。自分のやりたいようにやるだけでなく、気に入らない申し出を断わる強さや、決意を守り通す意志を誇示したがる傾向もあり、獅子座生まれの人にとって、口にした約束は絶対です。ただし、頑固な態度や古くさいやり方に固執することが、成長の妨げにもなります。

基本的に獅子座の人は、誉められることが大好きで、容貌だけでなく行為についてもそれを求めます。このため、他人から祭り上げられることは少しも苦ではありません。生まれながらのリーダーも多く、家族や社会、政治など様々な集団の手本となるでしょう。しかし、本来は、黙々と物事をやり遂げ、自信と信頼のイメージを伝えることを好む人です。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

17日生まれの人は、ナンバー8(1+7=8)と土星に支配されています。ナンバー8に支配される人は、ゆっくりと着実に生活基盤やキャリアを築いていきます。一方、孤立しがちで、気ままな性格になりやすく、何かに没頭し過ぎる傾向もあるようです。

土星に支配される人は、制限や制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。

8月17日は、獅子座を支配する太陽の影響も受けます。太陽は、創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。ただし、この太陽の力は少しずつ着実に使うことが大切です。エネルギーを一気に使い切ってはいけません。

これらの性質を受ける8月17日生まれは、太陽と土星のダブル効果で真面目な面が強調され、責任感が非常に強くなり、自分にも他人にも厳しくなりがちです。そのため、本当は温かい心の持ち主なのに、とっつきにくく無愛想な印象を周囲に与えてしまうようです。

タロットが導くカード

17日の大アルカナ・カードは星。裸の美しい娘が、星の下にいます。彼女は1つの水差で乾いた大地を潤し、もう1つの水差しで、池のよどんだ水を生き返らせているのです。

娘が象徴しているのは、地上における生命の繁栄。しかし、彼女の肉体は、その繁栄の奴隷であることも示しています。

一方で、頭上の星は精神的な世界の存在を思い起させます。これは、万全を尽くした後は、運を天に任せて信じるしかないということです。ですから、8月17日生まれの人は、常に大志を抱き、信じて努力することが大事。そうすることで、天は見放さないでしょう。

健康について

不安要素を取り除くために攻撃し、攻撃した後、仕返しに不安を抱いてしまう。こんな、堂々巡りを繰り返していては、寿命を縮めるだけでなく、楽しい人生を送ることは不可能です。毎日のように不安を口にし、癇癪(かんしゃく)を起こし、イライラしていると間違いなく病気になります。仕事も生活も流れに逆らわず素直に取り組むようにすれば、驚くほど良い結果をもたらすはずです。

元々、知性もあり精力的なのですから、力の使い方、出し方さえ間違わなければ、不安要素は消え、心身ともに安定します。そうすると、少々不運な目に遭っても、周りの人たちが助けてくれるでしょう。注意すべきは怒りです。怒りは人を遠ざけ、病気を招くということを忘れないでください。

8月17日生まれの方へ

状況をよく見て激情を抑えてください。ひと息入れて、何がしたかったのかを考えましょう。もっと自分をよく知ることです。普段の自分を把握し、激情が起こる前触れをキャッチし、心を鎮めることを覚えてください。肩の力を抜いてみましょう。

【瞑想の言葉】

鼻をさわったら、否定の意味。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link