1月22日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月22日生まれの人は、人前では非常に自制心が強そうに見えても、私生活では勝手気ままに振舞う人です。逆に、仕事の場で激しい気性が出てしまう人もいますが、いずれにしても、成功するためには、公私にわたって衝動的な性格をうまく導き、感情の荒波を乗り切ることが重要になってくるでしょう。

落ち込むとなかなか立ち直れません。大人になったらできるだけ早いうちに自分をよく把握し、自分の能力を現実的に評価すること。一つの仕事にエネルギーを集中し、一歩ずつ着実にキャリアを築いて行くのがベストです。


Sponsored Link


1月22日生まれ 特徴

【感情の嵐に翻弄される人】

他人を拒絶するかと思うと、妙に人を惹きつけるという激しいエネルギーの持ち主です。感情が顔に出てしまうため、私生活でも社会の中でも衝動をコントロールするのが苦手なようです。最大の課題は感情のコントロール。激しい感情を抑え、人々に息をつかせる余裕を与えたほうが対人関係はスムーズにいくと気づいてください。

【長 所】

  • 気取らない
  • 情感豊か
  • エキサイティング

【短 所】

  • せっかち
  • 気性が激しい
  • 注意散漫

心理/性格

友人や恋人、家族は、あなたの癇癪(かんしゃく)にヒヤヒヤさせられて、うんざりするでしょう。その癇癪は、あふれる感情というより気持ちの乱れに見えてしいます。一言発する前に、グッとこらえて一呼吸おくようにするといいでしょう。

仕事面ではできるだけベテランのアドバイスに従い、慎重に取り組んだほうがよさそうです。細心の注意力を養い、技術を磨くことが肝心なのです。アドバイスに束縛されてしまうのではないか、また、自分らしさが損なわれるのではないか、などと恐れないこと。そんな心配はまずないと心得てください。

初めのうちは大変でも、自分自身や仕事をありのままに見つめることが大事です。あらゆる人々と有意義な関係を築くことが、ビジネスを成功させる秘訣です。他人の仕事に興味を持ち、違う意見に耳を傾け、分かち合い、話し合って長所や短所を受け入れることも大切です。本来のたくましさに、こうした優しさが加わると、非の打ち所のない円満な性格が得られるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

Sponsored Link


健康について

健康面で何より大きな問題は精神や感情面の安定です。感情をコントロールするには、深いレベルまで自分を知ることが大事ですが、洞察力の鋭いセラピストによる治療も効果的です。また、肉体的な快感を得られるような幅広い活動がおすすめです。特に、呼吸と体をコントロールするヨガのような自己鍛錬がよいでしょう。

料理や食べ物に興味をもち、愛する人と美味しいものを食べながらの会話がおすすめです。心温まる交流は、傷付きやすいプライドを癒してくれるでしょう。

1月22日 生まれの方へ

途中で癇癪(かんしゃく)を爆発させ、すべてを台無しにしてしまわないよう注意。癇癪が起きそうになったら無理に抑えつけず、その蒸気を上手く逃がす方法を身につけてください。

自分にとってプラスになることは、しっかり受け止めましょう。諦めろとは言いませんが、限界を知ることは大切です。仕事は客観的に取り組むこと。他人の意見をすべて退けるのは問題です。逆境に直面しても冷静に。

【瞑想の言葉】

熱中は活力を与えるが、道を誤ると危険。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。