1月22日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月22日【水瓶座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月22日生まれの人は、公の場では非常に自制心が強そうに見えても、私生活では勝手気ままに振舞う人です。逆に、仕事の場で激しい気性が出てしまう人もいますが、いずれにしても、成功するためには、公私にわたって衝動的な性格をうまく導き、感情の荒波を乗り切ることが重要になってくるでしょう。

落ち込むとなかなか立ち直れません。大人になったら出来るだけ早いうちに自分をよく把握し、自分の能力を現実的に評価すること。一つの仕事にエネルギーを集中し、一歩ずつ着実にキャリアを築いて行くのがベストです。


Sponsored Link


1月22日が導く運勢

【感情の嵐に翻弄される人】

他人を拒絶するかと思うと、妙に人を惹きつけるという激しいエネルギーの持ち主です。感情が顔に出てしまうため、私生活でも社会の中でも衝動をコントロールするのが苦手なようです。最大の課題は感情のコントロール。激しい感情を抑え、人々に息をつかせる余裕を与えたほうが対人関係はスムーズにいくと気づいてください。

【長 所】

  • 気取らない
  • 情感豊か
  • エキサイティング

【短 所】

  • せっかち
  • 気性が激しい
  • 注意散漫

心理/性格

友人や恋人、家族は、あなたの癇癪(かんしゃく)にヒヤヒヤさせられて、うんざりするでしょう。その癇癪は、あふれる感情というより気持ちの乱れに見えてしいます。一言発する前に、グッとこらえて一呼吸おくようにするといいでしょう。

仕事面ではできるだけベテランのアドバイスに従い、慎重に取り組んだほうがよさそうです。細心の注意力を養い、技術を磨くことが肝心なのです。アドバイスに束縛されてしまうのではないか、また、自分らしさが損なわれるのではないか、などと恐れないこと。そんな心配はまずないと心得てください。

初めのうちは大変でも、自分自身や仕事をありのままに見つめることが大事です。あらゆる人々と有意義な関係を築くことが、ビジネスを成功させる秘訣です。他人の仕事に興味を持ち、違う意見に耳を傾け、分かち合い、話し合って長所や短所を受け入れることも大切です。本来のたくましさに、こうした優しさが加わると、非の打ち所のない円満な性格が得られるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

水瓶座(1月21日~2月19日)の特徴

水瓶座は、人の一生を星座の12期に分割すると第11期(70歳~77歳)に当たることから、現世からの離脱の進行を感じさせます。このため、どこかハッキリしない夢見がちな(しかし賢明な)言動が特徴としてあらわれるでしょう。

水瓶座の人は、高貴な理想に邁進し、科学的・普遍的な真理を尊重します。ただ、客観性を重んじるため、冷たいとか感情がないなどと非難されることがあります。また、状況を敏感に察知し、素早く反応して、楽々と世渡りするため、調子のよい人間と見られる事もあります。

天王星に支配される水瓶座は、予測不可能で、エキセントリックかつ不安定な言動が生じやすく、いろいろな意味で変人という評判をたてられることが多々あります。水瓶座の行動を予測することは不可能かもしれません。その突発的な行動を阻止しようと、ルーティーンワークに縛りつけておいても無駄なことのようです。想像力を羽ばたかせる余地を十分に与え、制約は可能な限り取り除いてやらないと、せっかくの才能が埋もれてしまいます。

基本的に、陽気でオープンな態度で人生に向かいます。ただし、拒絶されると困惑し、急に閉鎖的になる場合もあります。また、他人と衝突したり、ストレスのかかる要求をつきつけられたりすると、逆上し突如攻撃に転じるか、黙って姿を消してしまうこともあるでしょう。
ちなみに、水瓶座の人は、不思議と本人とは対照的な、深く暗い側面をもった相手に、強烈に惹かれることが多いようです。

水瓶座を支配する天王星は不安定な軌道をもち、どんな抵抗も打ち砕くほど強力です。このエネルギーは、損なうことなく、適切な方向に導かなければなりません。
水瓶座は、科学および超感覚的な力を与えられており、まもなく始まろうとする新たな千年紀の象徴でもあります。この千年紀に、世界は変わることでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

22日生まれの人は、ナンバー4(2+2=4)と天王星に支配されています。ナンバー4に支配される人は、何をするにも独特の方法を用い、少し風変わりで、どちらかといえば、金儲けよりも名誉や権力に惹かれるようです。天王星は独創性や反抗精神、また急激な変化や思いがけない行動をつかさどります。

1月22日は、土星(山羊座の支配星)と天王星(水瓶座の支配星)の影響を受ける山羊座~水瓶座カスプ(1月17日~22日の山羊座と水瓶座が混じりあう場所)に当たります。
土星は縮小・制限を意味し、制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。しかし、慎重になり過ぎて、諦めやすいところがあります。
天王星は、22日の支配星でもあり、水瓶座の支配星でもあるため、1月22日生まれは、天王星の影響を強く受けます。

これらの性質を受ける1月22日生まれは、刺激を求めて挑戦することを生きがいにします。これが影響し、規則やルールに従わず、社会秩序を変えたいと思うことが多くなるでしょう。
注意すべきは、他の人と打ち解けず激昂しやすいことです。何かを変えたいのであれば、我慢と辛抱が必要です。何事も一朝一夕にはいかないことを知ってください。

ちなみに、22日生まれは、数字が重なっているため、偶然の一致や対称形の形に興味を抱きます。これは、バランスを求めるためですが、ある程度の経験と年齢を重ねないと、巧みにバランスを取ることは難しいでしょう。

タロットが導くカード

22日の大アルカナ・カードは愚者。ある解釈では、無分別にも断崖の縁から一歩を踏み出そうとしている、と言われています。描かれているのは、判断力をなくした愚か者だという説もあれば、物質的束縛から自由になった無垢な魂の持ち主だという説もあります。

ただし、愚者といっても、年齢を重ね、経験を積み、独自のものの見方を身につけることで、愚者のふりをした賢者にもなれることを忘れてはなりません。

このカードのもつ良い面は、抵抗を止めて、本能に従い、自由に行動することですが、一方で、愚かさ、衝動、破滅などの悪い意味もあります。

健康について

健康面で何より大きな問題は精神や感情面の安定です。感情をコントロールするには、深いレベルまで自分を知ることが大事ですが、洞察力の鋭いセラピストによる治療も効果的です。また、肉体的な快感を得られるような幅広い活動がおすすめです。特に、呼吸と体をコントロールするヨガのような自己鍛錬がよいでしょう。

料理や食べ物に興味をもち、愛する人と美味しいものを食べながらの会話がおすすめです。心温まる交流は、傷付きやすいプライドを癒してくれるでしょう。

1月22日生まれの方へ

途中で癇癪(かんしゃく)を爆発させ、すべてを台無しにしてしまわないよう注意。癇癪が起きそうになったら無理に抑えつけず、その蒸気を上手く逃がす方法を身につけてください。

自分にとってプラスになることは、しっかり受け止めましょう。諦めろとは言いませんが、限界を知ることは大切です。仕事は客観的に取り組むこと。他人の意見をすべて退けるのは問題です。逆境に直面しても冷静に。

【瞑想の言葉】

熱中は活力を与えるが、道を誤ると危険。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link