7月3日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月3日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月3日生まれの人は、天性の記録係といえるでしょう。日々に起こる出来事や昔ながらの伝統を記録し、後世に伝えます。また、我こそは市井(しせい)の人々の代弁者であるという自負をもっています。一方、風変わりで、気まぐれなことにかけてはチャンピオン級。ただし、外見や習慣については保守的なところもあるようです。


Sponsored Link


7月3日が導く運勢

【生まれながらの記録好き】

一見、茶目っ気たっぷりの皮肉屋さん。でも、よくよく観察してみれば、シニカルな仮面の下に鋭い感性を隠し持っているのがわかるはず。つまり、まわりに壁を張りめぐらせて、身を守っているのです。砦の中から外の世界を観察し、どんな出来事も見逃すことはありません。目にしたことをそのまま口に出し、まわりの人々の些細な欠点や癖まで暴いてしまいます。奇人変人はもちろん、ごく平凡な人々の一風変わった癖にも興味をもち、人間という生き物のおかしな部分をずばりと見抜いてしまいます。

【長 所】

  • 観察力が鋭い
  • 真実を重んじる
  • 鋭い感性

【短 所】

  • 知ったかぶり
  • 口が悪い
  • 引きこもりがち

心理/性格

好奇心の度が過ぎて、世間から白い目で見られてしまうという場合があります。ただ観察していただけなのに事件の当事者にされてしまい、厄介なことになるかもしれません。感性が鋭く、感情移入しやすいので、一時的にいかがわしい活動にひかれるかもしれません。たいていは、すぐ我に返って次の冒険に備えることになるでしょう。

興味の対象は、技術、科学、自然現象などより、人間性です。人の行動や言動を観察するだけでなく、その心のなかまで知ろうとします。そのため「おせっかい」という烙印を押されてしまう場合もあります。扉の向こう側で何が起きているのか知りたくて、そっと覗いて見るようなところがあるので注意してください。

退屈とは無縁で、身の回りのどんなものでも、飽きることなく観察できる人です。しかし、年をとるにしたがって、あまりに何もかもが見えすぎて嫌気がさすかもしれません。人から俗物に見られる心配もあります。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹(かに)座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。

月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。

甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

3日生まれの人は、ナンバー3と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は、自分のテリトリーでトップを目指し、独立心が旺盛です。そのため、自主性を重んじ、一人でも十分にビジネスを営む力量があり、実際、自営業やフリーの仕事で能力を発揮します。
木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的な性質をもたらします。やや非現実的なところもありますが、ナンバー3の影響を受けることで、精神面でも肉体面でも様々なことに集中して取り組むでしょう。

7月3日は、蟹座を支配する月の影響も受けます。月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。

これらの性質を受ける7月3日生まれは、見かけは楽天的でおおらかですが、やや冷めたところがあり集団行動が苦手なようです。また、多分に理想主義的で、これにこだわり過ぎて孤立することもあるようです。

タロットが導くカード

3日の大アルカナ・カードは女帝。創造的な知性をあらわします。女帝は完璧な女性。あらゆる女性的要素を一身に備え、母なる大地を潤し、人間の夢や希望、憧れを体現しています。

このカードがもつ良い面は、魅力、優雅、絶対的な愛。悪い面は、虚栄、気取り、完全なものしか認めないことです。

健康について

実社会から遠ざかろうとする傾向を抑えるようにしてください。感性の鋭さは、創造的な活動に向けましょう。さらに、人を観察して批評するよりも、人との真の結びつきを求めることが大事。家族や友人の助力と理解こそ、あらゆる病気、特に心の病の予防薬です。例えば、愛する人のために料理をすることなどはおすすめ。運動は、ウォーキング、水泳、そしてバレーボールのようなチームスポーツが特におすすめです。

7月3日生まれの方へ

もっと積極的に社会のなかに飛び込みましょう。ただ観察するだけでなく、参加するのです。他人に心の中を覗かれることを恐れないでください。人のことは観察するくせに自分のプライバシーは守るというのはよくありません。人に認めてもらうための努力は惜しまないでください。

【瞑想の言葉】

さまざまな時間や空間があったとしても、すべては1つの時空に帰結する。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link