5月6日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月6日【牡牛座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

5月6日生まれの人は、とても繊細な上に「無意識の破壊的な力」に促されているせいで、感情が不安定になり、体の不調に悩まされることが多々あるようです。しかし、人生につきまとう障害を一つ一つ着実に克服して行ける人です。
ですから、一見、理不尽にも思える他人の言動に対しても直観を働かせ、誰よりも早く、そして深い理解を示し行動できるでしょう。また、知恵と勇気をもっているので、心が動揺した人にとっては頼りがいのある存在となります。

無意識の破壊的な力とは、心の奥底に「生きることに意味はないのでは?」という思いがあり、衝動的に死を恐れない心を生み出す力のこと。


Sponsored Link


5月6日が導く運勢

【夢を実現する人】

空想力や想像力を必要以上に働かせる人ですが、これには二通りのタイプがあります。一つは同情的で感情移入しやすい「教師タイプ」。もう一つは人々の憧れの的になろうとする「スタータイプ」です。

教師タイプは、困っている人びとを導く力があり、その人たちを行動に駆りたてている原因を読み解いて、本人に理解させようとします。

スタータイプは、夢を実現することに情熱をかけ、人々が心の中に閉じ込めている空想の世界で生きてみようとする人です。

このように、想像力を利用できる才能をもっていますが、この使い方を誤ると大変です。不道徳な目的や、いい加減な目的の為にこの才能を使えば、望んでもいない仕事や不幸な結婚をすることにもなりかねません。自分の限界をわきまえたうえで、自分と他人の目標を倫理に叶った客観的な方法で扱うことができさえすれば、成功できるでしょう。

【長 所】

  • 鋭い感性
  • 目端が利く
  • 想像力に富む

【短 所】

  • 気持ちが揺れ動く
  • 苦労性
  • 優柔不断

心理/性格

子供の頃にトラウマをもつなど、何かと苦労の多い人生になりがちですが、勇気と忍耐力で心の傷を癒します。こうした苦労のおかげで、平凡な時間を過ごした人や鈍感な人には分からないことまで見抜く力が授かります。

人を思いやる気持を忘れず、洞察力を用いれば、社会に貢献できる人物になるでしょう。苦しみを抱えていても弱音を吐かず、人のために尽力する人です。

自分の運命をコントロールしようとするあまり、綿密なスケジュールを立てずにはいられない人です。それは時間をコントロールしていないと、何かとんでもないことが起きてしまうという強迫観念に捉われているかのようでもあります。

一見すると、表面的には快適なライフスタイルを送って、時間を有効に使っているように見えます。また、本人もそう思い込んでいます。しかし、実は今にも爆発しそうな激しい感情を常にもっています。これは、敗者や犠牲者の気持が分かり過ぎるほど分かる為、必要以上に感情移入してしまうからでしょう。何でもかんでも、深入りすると、疲れてしまい自己実現を遅らせることになるだけです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

牡牛座(421日~521日)の特徴

牡牛座は、人の一生を星座12期に分割すると、第2期(7歳~14歳)に当たることから、成長と発達を意味し、身辺の管理を覚えていく子供に例えられます。この、少年期から思春期への成長は、何が自分のもので、何がそうでないかを学ぶ時期でもあるため、牡牛座の人は、大切なものを維持管理することが主要なテーマになります。

金星に支配される牡牛座は、調和を求め、身のまわりを美しくすることに関心があります。物質界との関わりが深いため、大切なものを所有することと安全を確保することが、人生に大きく影響するでしょう。

牡牛座は、シンボルの雄牛さながらに頑固で闘争的です。しかし、調和を求めるので、意外に柔軟なところもあります。また、牡羊座は、何にでも興味をもつところがあります。特に、異性、食事、スポーツなど、肉体に関するすべてに関心を寄せるでしょう。

基本的に、プロジェクトを立ち上げ、形にすることを得意とします。
牡牛座生まれの人は、じっくりと考える能力が発達しており、周到な計画をたて、時が熟するのを待って実行に移す慎重さがあります。しかし、物事を先延ばしにして、行動のきっかけをなくすこともあるようです。

牡牛座生まれの人は、集団に属することを好む半面、かなりの部分を自己裁量でやりたいと願います。支配したいという欲求が強いため、いつまでも追随者ではいられません。
頑固者との評判どおり、一緒に働く人々に対して譲れない線を示すことも多いでしょう。

特徴的なのは、周囲の人に対して最もプラスになることを心に留め、人の為に生きようとすることです。しかし、「自分のやり方以外は認めない」と主張するところがあり、誤解を招くことが多々あるようです。
頑固な態度は、自分優先に利益を守ろうとしているのでは? という印象を周囲に与えるため、利己的と非難されないよう言動には注意してください。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

6日生まれの人は、ナンバー6と金星に支配されています。
ナンバー6に支配される人にとって、愛は人生最大のテーマ。また、金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあるため、6日生まれは、愛情や尊敬の対象となります。

5月6日生まれの人は、牡牛座を支配するのも金星であるため、女性的な要素が強まります。
金星は社交をつかさどる惑星でもあります。このため、金星の影響を強く受ける人は、母性的で世話好きなところが強調され、心地よさや気持ちよさ などの感覚を愛するでしょう。

このような性質を持つ5月6日生まれの人は、大勢の人と組んで仕事をしたがります。また一方で、強いリーダータイプでもありますが、愛情をもって人に尽力するため、頼りがいのある存在になるでしょう。

タロットが導くカード

6日の大アルカナ・カードは恋人たち。このカードは、男性と女性がもつ、それぞれの性質を1つにすることによって、全人類を結びつける愛情をあらわしています。

このカードのもつ良い面は、精神的にも肉体的にも、そして道徳的観点からも高いレベルの愛情や願望。
悪い面は、満たされない欲求、感傷、優柔不断などです。

5月6日生まれの人は、影響する「ナンバー6」「牡牛座」「タロット」の特徴すべてに金星の女性的な要素が含まれます。このため、安定を求める気持ちが強くなり過ぎて、ありもしない不安や将来への心配事に悩まされそうです。
注意すべきは、空想に捉われ過ぎること。また、愛や人間関係、美しさなどに対して自制心をもつことが大事です。

健康について

無意識の衝動に突き動かされたり空想に捉われたりすると、極度のストレス状態に陥ります。他人の心のトラブル(気分の著しい変化やヒステリーなど)に関しては冷静に対処できますが、自分の事となると意外に脆(もろ)い人です。また、プライドが傷つきやすいので、より強い自己を確立しながら(ナルシストになるわけではなく)、自分自身をもっと客観的に見つめる必要があります。干渉したり過保護になったりしやすい点も要注意。恋愛に耽溺(たんでき)する癖にも気をつけること。敏感な体質のバランスを保つために、新鮮な野菜や穀類を取りましょう。ハーブ療法も効果的です。

5月6日生まれの方へ

弱い立場の側に立つことが多いのですが、助けた相手から愛を告白されたり崇拝されたりすることがあるので要注意。人から感謝されると、悪い気分はしないでしょうが、そのような関係は、長続きしないどころか、上手に利用されるだけです。感情をコントロールし、ギリギリまで手出しをしない忍耐力を身につけてください。

逆に、自分自身に助けが必要なときは意地を張らず、助けを求めてください。常に身辺を整理し、直観を賢く用いることが大事です。

【瞑想の言葉】

不思議な偶然の一致は、宇宙ではごく当たり前のこと。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link