1月3日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月3日【山羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月3日生まれの人は、説得力があり、頑固です。一度約束したら、断るのは簡単ではありません。また、人に大きなプレッシャーをかけて、すべてを思い通りに運ぼうとします。
特徴的なのは、説得の手法が巧みで、ひそかに少しだけ圧力をかけてみたり、ユーモアに訴えたり、あからさまに誘惑したり、あの手この手を使います。一見すると、周囲から疑いの目で見られそうですが、私利私欲がなく組織や理念に対する忠誠心が完璧そのものであるため、非難されることはないでしょう。


Sponsored Link


1月3日が導く運勢

【どこまでも追い求める人】

人物やプロジェクトと徹底的に付きあおうとします。一度取り組んだら最後、どんな活動にも全面的に参加し、途中で降板したり活動を停止したりすることはまずありません。一方で、物事がうまくいかないと、余計に頑固になり軌道修正ができず大変です。これは、失敗を認めようとしないからです。ただ、万事順調なら、仕事の面でこれほど頼れる人はいません。

基本的に、注意深く、仕事熱心で、献身的な人です。単純作業にも文句を言わないのは、強い義務感のなせる業。決して責任転嫁をしません。仕事をたらい回しにするだけでは何の解決にもならないと知っているからです。

【長 所】

  • 信用できる
  • サービス精神がある
  • 愛情を込めて人に尽くす

【短 所】

  • 頑固
  • 隠し事をしたがる
  • すぐカッとなる

心理/性格

葛藤を厭(いと)わず、トラブルに直面すると闘志を燃やしますが、普段は衝突を避け、大抵は優雅に行儀よく振舞うでしょう。教養や品のよさに加え、したたかに社会を生き抜く手練手管(てれんてくだ)も身につけており、いろいろな意味で世慣れしています。

話し上手で、人生の楽しみをフルに味わおうとする世俗的な人でもあります。楽しんで仕事をするか、しぶしぶするかは人によりますが、とにもかくにも仕事はやり遂げます。

説得力があり、意思が強い一方で、付き合いにくい横柄な性格も潜んでいます。このため、相手も堪忍袋の尾を切って、互いに烈火のごとく怒り出してしまうこともあるでしょう。でも、そんなときも分はいいようです。自制心が強いため、結局は勝ち残りの側になります。

常套手段(じょうとうしゅだん)は、いったん折れたように見せかけて力を蓄え、頃合いを見計らって反撃に出ることです。これと思ったことは、決して諦めず、負けを認めない性分のようです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

山羊座(12月22日~1月20日)の特徴

山羊座は、人の一生を星座の12期に分割すると第10期(63歳~70歳)に当たることから、成熟した真面目な大人の時期と考えられています。ですから、倹約、省エネ、慎重なアプローチなどは、山羊座の責任感ある態度の典型です。

山羊座の山羊は、おとなしく草原で草を食べているだけのように思えますが、やがて、より見晴らしのよい地点を求めて山を登ります。この元気な山羊は、「野心」「意欲」「成功への努力」などを象徴しています。

山羊座生まれの人は、土星に支配されることから、真面目さ、責任感、そして制限への欲求が強まり、一見すると保守的に感じられますが、それは必ずしも向上を求めないということではありません。忍耐強く着実に高みを極めようとする人です。ですから、信条として、ゆっくりと丹念に取り組み、途中で投げ出すことは滅多にないでしょう。また、自由意志と自己主張の重要性を忘れることがないため、頂上を極めて、そこに留まる能力もあります。

一方で、権力とその効用について本能的に理解しており、独裁的になりがちです。人に何かを命令するどころか、やり方までいちいち指図し、言うことをきかせるために、圧倒的な知識をひけらかすことも珍しくありません。この、やや神経質な性格のおかげで、物事が容易に運んだり、上手く行きすぎたりすると、かえって疑わしい気持になるようです。

山羊座は非常に多様なタイプが見られるので、性格の判断が難しい星座です。しかし共通しているのは、土星の影響による宿命の感覚です。この感覚は、試練や困難や苦しみさえも、人生に包まれた一部として考え、縁あって巡ってきた、あらゆる役割を受け入れるでしょう。しかし、このような真面目な性格は、変化に対応できる柔軟性を欠くため、間違いや失敗をなかなか認めないところが心配されます。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

3日生まれの人は、ナンバー3と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は、自分のテリトリーでトップを目指し、独立心が旺盛です。そのため、自主性を重んじ、一人でも十分にビジネスを営む力量があり、自営業やフリーの仕事で能力を発揮します。
木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的な性質をもたらしますが、やや非現実的なところもあります。

1月3日は、山羊座を支配する土星の影響も受けます。土星は縮小・制限を意味し、制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。また、責任感が強く、限界を知り、慎重ですが、諦めやすいのが特徴です。

これらの性質を受ける1月3日生まれは、一見すると、個性的で独立志向の強い人のように感じますが、実際は土星の影響を強く受け、会社勤めか家庭に落ち着くことが多いでしょう。ただ、目標のための努力期間が長くなるほど、ナンバー3の性質が強くあらわれるようです。ですから、もし、独立できるビジネスチャンスがあれば、挑戦するのもいいでしょう。
木星のもつ非現実的な楽天主義を、土星のもつ「秩序」と「制限」する力が抑え込むため、失敗は少ないはずです。長期間の努力が希望を与え、同時に名誉と信頼も与えるでしょう。

タロットが導くカード

3日の大アルカナ・カードは女帝。創造的な知性をあらわします。女帝は完璧な女性。あらゆる女性的要素を一身に備え、母なる大地を潤し、人間の夢や希望、憧れを体現しています。

このカードがもつ良い面は、魅力、優雅、絶対的な愛。悪い面は、虚栄、気取り、完全なものしか認めないことです。

女帝の何事にも動じない性質は、そのまま1月3日生まれの長所となってあらわれ、周囲に対して誠実に振る舞い、頼りにされるでしょう。

健康について

健康に気をつかうため、歯科検診や定期検診を進んで受けたがる人です。でも、仕事のために健康や幸せを犠牲にすることがあまりにも多いのでは?

若いうちから、栄養のある食事を取り、衛生を心がけ、規則正しい睡眠を取る習慣をつけることが大事です。健康診断を受けるだけでは健康な身体は維持できません。診断結果に異常が出てからでは、取り返しのつかない場合もあります。特に生活習慣病には注意してください。

運動は、チームスポーツや1対1の競技など、激しいスポーツがおすすめですが、熱くなりすぎての喧嘩には要注意。

1月3日生まれの方へ

必ずしも勝つ必要はありません。人の足を引っ張ってまで勝つ様では嫌われ者になってしまいます。周りの人々に自分と同じ熱意があるとは限りません。この点を理解し、個人差を尊重すること。

グループのために自分を犠牲にしすぎないことも大事です。どんな仕事でも、自分の資質を活かすことを考え、自由と義務のバランスを適度に保つこと。周囲の状況を考慮し、臨機応変に対処することを覚えてください。

【瞑想の言葉】

しがらみを振り切ってまで願望を叶えても幸せになれない。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link