10月7日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月7日【天秤座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

10月7日生まれの人は、自分の信念が正しいと固く信じる人です。ただし、その信念は、社会の大勢と真っ向から対立することが多いでしょう。それでも、あえて抵抗するのは、自分なりに現状を改善したいという欲求のあらわれです。それを実現するだけの権力を手に入れるため、地道に努力して、指導者の地位を目指すこともあるようです。


Sponsored Link


10月7日が導く運勢

【信念によって抵抗する人】

強い抵抗精神を持ち、何かに抵抗することで力を発揮する人です。ですから、問題が起こるのは、組織の一員として活動するときでしょう。その組織の中で、自分の役割がはっきりしていないと、組織内の統率や協調、組織に対する忠誠などに疑問がわき、トラブルを起こしてしまうようです。このため、組織の中で自分の力を発揮するために、強く権力の座を求める場合もあります。ただし、決して、私利私欲に野心を燃やすようなことはないようです。

【長 所】

  • 積極的にコミットする
  • 理想が高い
  • チャーミング

【短 所】

  • トラブルに巻き込まれやすい
  • 現実離れしている
  • 孤立しがち

心理/性格

魅力的な雰囲気があり、表面的には批判的な性格はそれほど感じられませんが、自分の意見を述べるときは言葉を濁さず、思っていることを率直に表現する人です。また、自分の世界に浸りきっているようにも見えますが、言葉にユーモアがあふれ、すぐに鋭い感性や洞察力を持っていることが周囲の人々をにも分かるでしょう。

人間の思考を感じ取ることがうまく、あらゆる面で相手の考えをすばやく察知します。また、自分を正当化するために時間を浪費するより、ひたすら行動に訴えて最善策をとろうとします。この点は、非常に強い精神の持ち主です。

道徳観念がないわけではありませんが、会社組織や社会を変えるとなると、善悪の判断が曖昧になってしまうところがあります。抵抗そのものを美化して、現状維持を訴える人を必要以上に攻撃しないように注意してください。また、相手の意見のよい点を、後になって理解した場合、素直にそのことを尊重するようにしましょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

天秤座(923日~1022日)の特徴

天秤座は、人の一生を星座の12期に分割すると第7期(42歳~49歳)に当たります。このため天秤座は、人生後半の生活様式を形成しようとする成熟した大人に例えられ、この世の舞台で自分が果たす役割を完全に理解しています。また、人生におけるバランスの必要性を強調しています。実際、天秤座は選択肢を秤(はかり)にかけることが多く、それがよく考え抜かれた意見となることもあれば、優柔不断や迷いに繋がることもあります。
特徴として、誰に対しても公平な態度を心掛け、物事が問題なく円滑に進むことを望みます。しかし一方で、論争好きな態度や振る舞いから騒動を引き起こすことがあります。また、計画をあらゆる方向から検証したがるため、実行を先延ばしにする傾向があり、急いで結論を出すことを頑なに拒否します。ゆったりと息をつけるスペースを必要とし、人ごみの中や圧迫を感じる状況ではナーバスになるようです。
注意しなければならないのは、フェアな精神です。公平を求めるには、中道を探らなければなりません。受け入れすぎても、批判しすぎても、それぞれ落とし穴があることを覚悟してください。
エネルギッシュでスタミナあふれる天秤座の人は、「鋭い感覚」「魅力」「優雅さ」をもっています。そのため、遊びや仕事の仲間として人気があり、大抵の人から好意的に評価されるでしょう。しかしながら、自分の考えを他人に押しつけがちなところは、要注意です。また、魅力をとても重視しますが、見かけに振り回されないよう用心することです。見かけにこだわりすぎると、品位を犠牲にすることにもなりかねません。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

7日生まれの人は、ナンバー7と海王星に支配されています。ナンバー7に支配される人は、変化や旅行を好み、一か所に落ちつきません。また、物事が中途半端になりがちで、非現実的になる傾向があります。海王星は、想像、夢、神秘的な現象をつかさどります。海王星に支配される人は、知的で深みがあり、不思議と人を魅了し、どんな垣根も取り払うことが出来ます。しかし一方で、まわりくどく、態度がハッキリしないという特徴もあります。

10月7日は、天秤座を支配する金星の影響も受けます。金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴です。また、社交的なところが強調されます。

これらの性質を受ける10月7日生まれは、信じる気持ちが強くなるため、融通の利かない頑固者になる恐れがあります。注意すべきは、現実離れしたことに興味を持ち、それを信じること。特に、悪質な思想や宗教活動には要注意です。基本的に、祈るだけで物事が解決することは、まずありません。10月7日生まれの人に限ったことではありませんが、大事なことは、人の道を外れることなく、信じて努力すること。そして、目的が達成されたら、感謝の気持ちで祈ることです。人生は、この繰り返しと心得てください。

タロットが導くカード

7日の大アルカナ・カードは戦車。意気揚々たる戦士が、自分の存在を力強く誇示しながら進んでいきます。正しい道が、いかに狭く危険であっても前進しなければならない、と解釈することもできるでしょう。

このカードのもつ良い面は、成功、才能、有能です。悪い面は傲慢。方向を見失いやすいという面もあります。

健康について

やっとの思いで過ごす日が多々あるようです。そのため、フラストレーションや怒りを内に溜めこんでいることが多く、そのままにしておくと不安や憂うつを生む原因となります。注意しなければならないのは、不安を取り除こうと、悪質な思想や宗教活動に傾倒してしまうことです。尊敬できる人や心を許せる親しい友人を積極的に見つけ、付き合いの輪を広げることが大切です。

絶えず脅されていると感じることがあるようです。そのため、攻撃することで、自分を守ろうとしますが、この態度は改めましょう。「攻撃は最大の防御」という言葉は、常に正しいわけではありません。規則正しい食事や睡眠を最優先すれば、精神面の安定につながります。食事では栄養の偏りに注意しましょう。また、適度な運動を心がけること。

10月7日生まれの方へ

権威をもった相手との関係をよく考えてみましょう。信頼できる相手をもっと増やしましょう。自分の権利を守り、他人の犠牲になるのはやめましょう。ただし、反抗心をコントロールし、バランスをとることが大事です。

【瞑想の言葉】

赤ん坊のように、たまには昼間も意識を眠らせよう。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link