4月19日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月19日【牡羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

4月19日生まれの人は、他の人の思想や考えが気になり、自分の潜在的な能力が埋もれてしまう恐れがあります。ですから、できるだけ早く得意なもの、夢中になれるものを見つけて、努力を重ねることが大事です。
そうすることで、その分野でトップの地位につくことも夢ではありません。また、仕事仲間や家族の意見をよく聞いて、失敗に気づき、そこから学べばさらに前進できるでしょう。それができないと、型にはまった生活から抜け出せなくなり、単調でつまらない仕事を一生続けることになりそうです。


Sponsored Link


4月19日が導く運勢

【徹底的にコントロールする人】

なんでも徹底的にコントロールしたがります。パワーを発散しているので、スターや開拓者になる資質もあります。忍耐力と現実的なところが特徴です。とても達成できそうにない高いゴールを目標にしますが、本人はごく当たり前のことだと思っています。リーダーシップではなく、コントロールに重点をおいているからでしょう。つまり、しっかりした計画さえあれば、特に強いリーダーは存在しなくても、すべては段取り次第で誰でもコントロールできると考えています。

【長 所】

  • 節度がある
  • 忍耐力がある
  • 熟練した腕をもつ

【短 所】

  • 尊大
  • 繰り返しが多い
  • 執着が強い

心理/性格

形のないものに具体的な形を与え、まとまりのある立派なものに仕上げる能力をもっています。しかし、何より喜びを感じるのは、基礎のしっかりした職業や組織や家庭環境を築き上げたときです。

何かが意味をなすには目の前に存在していなければならず、大抵の場合、必要なものは自分で作り出そうとします。また、人が作ったものを改良して新しい側面を与え、より魅力的にすることに大きな幸福を感じるでしょう。

変化を受けいれることが大切。チャンスは必ず訪れるはずなので、一生に1度のチャンスを掴んでください。あれこれ口実をつけて、せっかくのチャンスをふいにする人もいますが、逃したチャンスは2度と戻ってきません。

さらに、人生の岐路に差しかかる40歳前後に正しい道を選べば、幸福と成功を手にするでしょう。しかし、道を踏み外すと八方ふさがりになって、価値を認めてもらえないまま運勢が下り坂になることもあります。うわべの華やかさや目先の利益にとらわれて脇道にそれてしまうと目標を見失ってしまいます。目標を達成するためには、ときには愛着のあるものを手放したり、我慢したりすることも必要です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

牡羊座(3月21日~4月20日)の特徴

牡羊座は、人の一生を星座12期に分割すると、第1期(0歳~7歳)に当たることから、あらゆるものの始まりを意味し、何事も初めてという性質を持っています。このため、既に存在するものの分割や分析、説明を拒否します。
この牡羊座のパーソナリティは、世話されなければ生きられない存在から、一連の発達を経て周囲の環境を理解していく子供に例えられるでしょう。

エネルギーと、力の惑星である火星に支配される牡羊座は、激しい気性と圧倒的な精力の待ち主です。客観的な比較を通じて自らを理解するよりも、自分自身として存在することを望みます。このポジティブな存在は、最も純粋な自己表明 「私は~である」 に熱中します。ですから牡羊座は、誤解されたり、自分以外のものと取り違えられたりすることを嫌います。

牡羊座生まれの人は、幼い子供と同じで、のびのびして率直で開けっぴろげな半面、自己中心的でわがままです。また、無邪気な目で、畏れと驚きに満ちて世界を見つめます。
スターとして輝きたいという欲望と同時に、探求への衝動も強いものがあります。自我を支えるために、他人の承認を必要とすることはありませんが、むしろ注目されたいタイプです。

思考より、行動を重んじる傾向にあります。あれこれ思い悩まず、直観的に行動することが最善と考えているため、邪魔が入ったり、じらされたりすると、強い苦痛を感じるようです。
ときには生活から一歩退いて客観性を身につけ、距離を置いて問題を検討することを学ぶといいでしょう。

リーダーになりたいとの強い願望を見せることも少なくありません。ただし、一番になりたいという欲求をもちながら、それに必要な技量や度量を欠いた場合、欲求不満に陥り、くよくよ思い悩むことになりそうです。うまくいけば独創的で理想に溢れた開拓者となりますが、最悪の場合、目新しいものを追うばかりで無神経な利己主義者になってしまうでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

19日生まれの人は、ナンバー1(1+9=10➡1+0=1)と太陽に支配されています。ナンバー1に支配されている人は、何事にも1番を目指し、野心家で、縛られることを嫌います。
太陽は創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。ただし、太陽のもつエネルギーは、しっかりと方向を定め、力を継続して使うことが大事です。

4月19日は、火星(牡羊座の支配星)と金星(牡牛座の支配星)の影響を受ける牡羊座~牡牛座カスプ(4月19日~24日の牡羊座と牡牛座が混じりあう場所)に当たります。
火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。この火星の熱いエネルギーは、仕事に関して良くも悪くも大きな影響を及ぼします。攻撃だけで、仕事をこなすことは難しいと知り、熱い想いはコントロールすることで、大きな成果が得られるはずです。
金星は社交をつかさどる惑星です。また、美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあります。

これらの性質を受ける4月19日生まれは、太陽と火星の強い影響を受けるため、荒っぽい言動に注意しなければ人間関係がうまくゆきません。
出来るだけ、金星のもつ美や調和、社会的安定などの影響を強めるためにも、積極的な態度と消極的な態度を生活のなかで使いわけることを心掛けてください。そうすることで、様々なことがスムーズに行くはずです。

例えば、トイレ掃除は積極的に、使う時は消極的になるといいでしょう。これは、トイレを我慢するということではなく、「人の嫌がることをやり、使う時には感謝する」という意味です。何となく行き詰った時は、全てを忘れてトイレ掃除に専念してみてください。

タロットが導くカード

19日の大アルカナ・カードは太陽。他のカードに比べ、極めてたくさんの良い解釈が出来ると言われています。象徴するものは知識、生命力、幸運です。

太陽は、他にも「尊敬」「報酬」「明瞭」「周囲との調和」「良い評判」などの意味もあり、良いこと尽くめのように思われますが、一方で「高慢」「虚栄」「自惚れ」という悪い面もカードは暗示しています。

健康について

一日中座りっぱなしの仕事の場合、肥満に注意。毎日適度な運動をすること。また、十分な睡眠をとりましょう。ストレスが溜まって不眠症になったら、エッセンシャル・オイルを滴らせた熱い風呂やマッサージが効果的です。また、愛する人や家族とのコミュニケーションを大切にすると、ストレスも軽減されるでしょう。

仕事の面で、何もかもコントロールしたがるので、精神的に参ってしまうことが多いようです。とにかくリラックスすることが大事です。

お腹を満たすだけの食事は止めて、できるだけ、おいしい食事をゆっくり取ってください。パンや野菜といった素朴な食べ物や、エスニックやスパイスの効いた料理などがおすすめ。

4月19日生まれの方へ

精神的な成長を望むなら、コントロールしたいという欲求を抑えることが大事。失敗は成功のもと。他の人(特に友人や子供)からそのチャンスを奪ってはいけません。

守ってあげたいという気持は善意からでしょうが、過保護になると身近な人達は経験から学べなくなります。たまには成り行きに任せることも大事です。

立ち止まらず、人の意見に耳を傾けて変化を受けいれましょう。チャンスを逃さず掴むのが大事。人のことには口出ししないように。

【瞑想の言葉】

愛の力ほど強いものはない。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link