4月18日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月18日【牡羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

4月18日生まれの人は、外見や世間体を気にするので、人前で恥をかくようなことは滅多にしません。また、愛されるだけでなく、尊敬されたいと願っているところもあり、仕事仲間や職場の同僚たちには、真面目で思慮分別のある人間というイメージを与えます。

プライドが傷つけられるようなことがあるとショックを受け、何があっても名誉を回復しようと努めるでしょう。しかしながら、プライドを傷つけられた後は、かなり落ちこむので、冷静になるまでに長い時間がかかり、本来やるべき事を見失う恐れがあります。


Sponsored Link


4月18日が導く運勢

【懸命に守る人】

信念を守るためには断固として戦う人です。また、自分の利益だけでなく、不幸な人々の利益も守ろうとします。守ろうとする方法や手段にあたっては、時代の先端をゆくスマートな形で事を運ぼうとすることが多いようです。

進歩的な考え方をしますが、急進的ではありません。むしろ伝統を重んじ、歴史に関する詳しい知識をもっていて、それを現在の自分の状況に当てはめようとします。

【長 所】

  • 高潔
  • 活気がある
  • 公正さを重んじる

【短 所】

  • 現実離れしている
  • すぐ喧嘩腰になる
  • 気持ちが揺れ動く

心理/性格

とても誠実で正義感が強いため、友人や家族だけでなく、同僚やクライアントも味方になってくれますが、その分、敵を増やしてしまうことにもなりかねません。正義は双方にあり、それぞれに言い分があります。自分の正義をむやみに振り回しては、問題がこじれるばかりです。特に、他人の問題には首を突っこみ過ぎないように。

親のどちらか(通常、男の子の場合は母親、女の子の場合は父親)と深い絆で結ばれていて、なかには親に精神的に支えてもらい、褒められていないと駄目になってしまう、依存心の強い人もいます。

人間的に成長するには、やさしさや愛情を人に惜しみなく与えることが重要なポイントとなります。出し惜しみをしていると、しだいに性格がひねくれてきて、被害者意識をもつようになります。

人からの好意を当たり前のように受け取っているようでは、幸運も遠のくばかりです。常に感謝の心を持たなくては、前向きのエネルギーが湧いてこないはずです。頭を下げ、感謝するたびに幸運が引き寄せられると思ってください。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

牡羊座(3月21日~4月20日)の特徴

牡羊座は、人の一生を星座12期に分割すると、第1期(0歳~7歳)に当たることから、あらゆるものの始まりを意味し、何事も初めてという性質を持っています。このため、既に存在するものの分割や分析、説明を拒否します。
この牡羊座のパーソナリティは、世話されなければ生きられない存在から、一連の発達を経て周囲の環境を理解していく子供に例えられるでしょう。

エネルギーと、力の惑星である火星に支配される牡羊座は、激しい気性と圧倒的な精力の待ち主です。客観的な比較を通じて自らを理解するよりも、自分自身として存在することを望みます。このポジティブな存在は、最も純粋な自己表明 「私は~である」 に熱中します。ですから牡羊座は、誤解されたり、自分以外のものと取り違えられたりすることを嫌います。

牡羊座生まれの人は、幼い子供と同じで、のびのびして率直で開けっぴろげな半面、自己中心的でわがままです。また、無邪気な目で、畏れと驚きに満ちて世界を見つめます。
スターとして輝きたいという欲望と同時に、探求への衝動も強いものがあります。自我を支えるために、他人の承認を必要とすることはありませんが、むしろ注目されたいタイプです。

思考より、行動を重んじる傾向にあります。あれこれ思い悩まず、直観的に行動することが最善と考えているため、邪魔が入ったり、じらされたりすると、強い苦痛を感じるようです。
ときには生活から一歩退いて客観性を身につけ、距離を置いて問題を検討することを学ぶといいでしょう。

リーダーになりたいとの強い願望を見せることも少なくありません。ただし、一番になりたいという欲求をもちながら、それに必要な技量や度量を欠いた場合、欲求不満に陥り、くよくよ思い悩むことになりそうです。うまくいけば独創的で理想に溢れた開拓者となりますが、最悪の場合、目新しいものを追うばかりで無神経な利己主義者になってしまうでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

18日生まれの人は、ナンバー9(1+8=9)と火星に支配されています。9は特別なナンバーです。あるナンバーに9を足すと各位の数字の和が必ずもとのナンバーになり(例:5+9=14➡1+4=5)、また、9をかけた場合は各位の数字の和が必ず9になる(例:5×9=45➡4+5=9)というように、他のナンバーに強い影響を与えます。このため、4月18日生まれの人も周囲に対して大きな影響力を振るいます。

火星は牡羊座を支配する惑星でもあるため、4月18日は、火星の影響を二重に受けます。このため、火星の性質に強く影響されるでしょう。
火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。この火星の熱いエネルギーは、仕事に関して良くも悪くも大きな影響を及ぼします。攻撃だけで、仕事をこなすことは難しいと知り、熱い想いはコントロールすることで、大きな成果が得られるはずです。

これらの性質を受ける4月18日生まれは、火星の強いエネルギーのために、自分ばかりか仲間をも誤った方向に導く恐れがあります。
とにかく、争いは敵を生むと自覚し、攻撃性をコントロールする必要があります。出来るだけ人との衝突は避けるよう言葉には配慮して下さい。

かといって、衝動を完全に抑えこもうとすればするほど、欲望が大きなエネルギーを持ち、自分では公明正大なつもりでも、非常に偏った方向に行く恐れがあります。むしろその強いエネルギーは、発散できる健全な はけ口を探すようにするといいでしょう。

タロットが導くカード

18日の大アルカナ・カードは月。主として夢、感情、無意識の世界を象徴しています。

カードに描かれている月は、中央の細く見えにくい道を照らしています。これは、見えにくい希望も、よく見ればそこにあることを示ししています。また、二匹の犬(狼)は、「避けられない試練」を暗示しています。つまり、試練の先に進むべき道があることを、カードは教えてくれています。

このカードのもつ良い面は、繊細さと相手に共感し理解すること。
悪い面は、感情に流され受け身で自分がないところです。

4月18日生まれの人は、幻想や罠、待ち伏せに注意し、おだてや偽りに騙されないようにしましょう。

健康について

精神面のバランスを保つことが何より重要です。押しの強さ、意志の力、想像力の面では優れていますが、理性の面ではやや弱いので何らかの精神修養をするといいでしょう。また、エネルギーを建設的に使えるよう、生活を見直しましょう。エネルギーの無駄づかいを抑えることで、無駄な神経を使わず、心身ともに安定するはずです。

毎日の仕事や運動が忍耐力や想像力を培います。同じく、バランスのとれた規則正しい食事もプラスです。激しいエネルギーをコントロールできないと、喧嘩や事故につながる恐れもあります。決められた時間に適度な運動をすれば、睡眠が深くなり、驚くほど疲れがとれてリラックスできるでしょう。

4月18日生まれの方へ

何かを守ろうとしすぎたり、人の問題に首を突っこんだりするのはやめましょう。人を信頼して、リラックスすること。

できるだけ人を受けいれ、なるべく口出ししないように。怒る前に、現状をしっかり見て把握することが大事です。

【瞑想の言葉】

何事も真剣に考えすぎてはいけない。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link