1月26日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月26日生まれの人は、やる事なす事すべてが大胆なので、精神的にも肉体的にも他人を傷付けないよう注意が必要です。行動があまりにすばやく決然としているため、周囲の人々は不意をつかれます。恋人でさえ、一緒にいると落ち着かない気分になってしまいます。

考えや望みをもっとはっきりさせないと、友人やパートナーとも疎遠になる恐れがあります。もう少し思いやりや温かさ、人情を大切にして、友好的な態度で接することができれば、対立もある程度は避けられるでしょう。


Sponsored Link


1月26日生まれ 特徴

【大胆な挑戦者】

論議好きで大胆かつ攻撃的な人です。そんな性格のためか、ゴールを目指そうとする断固たる決意と限りない自信に溢れていて、行く手に何が立ちはだかろうと引き下がらないでしょう。

不意打ちが得意で、好機と見るや、すべてを駆使して攻撃をかけます。しかし、闇雲に攻撃することは滅多になく、入念に作戦を練る戦略家です。一方、あらゆる場面で道徳的な配慮を欠くため、それが問題になることが多々あるようです。

【長 所】

  • 積極的
  • ドラマチック
  • 自信に満ちている

【短 所】

  • やけっぱち
  • 横柄
  • 衝動に駆られやすい

心理/性格

複数の視点を考慮せずに勝手に行動してしまうと、常識を忘れ、有力者や社会全般から大きな反感を買ってしまいます。外部にばかり目が言ってしまいがちなため、都度、我が身を振り返り、理性を取り戻すことが大事です。刺激そのものを求めることに、どれほどの価値があるのかを見つめなおす必要がありそうです。

激しい争いに惹かれます。ですから、どこで何が起きているかを敏感に察知し、参加の機を逸することはまずありません。しかし、何にでも首を突っ込む姿勢は考えものです。自分の心中にある深い動機とニーズに目を向け、本当に必要なことに関わるようにしてください。興味本位の参加では、精神的な成長を遂げられません。

安定した家庭や、やさしく理解があるしっかりしたパートナーは、不思議なほどエネルギーを落ち着かせてくれます。ですから、親になると、子供たちを触発し、子供たちと過ごす時間も多く、楽しい関係になるでしょう。ただし、親の権利を振りかざしすぎて、独裁的にならないよう注意してください。


Sponsored Link


色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

健康について

癇癪(かんしゃく)を起こしやすく荒々しい面があるので要注意。事故に遭いやすく、不穏なエネルギーを引き寄せる傾向もあるようです。エネルギーをコントロールしながら建設的に活かすには、瞑想や精神的なトレーニングが必要です。

脚と足首は特にトラブルに見舞われそうです。怪我が後になって血栓症を引き起こしたり、塞栓(そくせん)の移動が脳卒中につながったりする恐れもあります。

肉や砂糖を控え、穀類や野菜を主体にした食事を続けること。軽度の運動がおすすめですが、競技には不向きなようです。愛する人とのスキンシップが大切。また、正直で誠実な親友たちの存在も精神の安定には欠かせません。

1月26日 生まれの方へ

人間性を磨きましょう。リラックスして楽しい時間を過ごすこと。弱点を認めると、肩の荷がおります。精神的に成長するには、日常生活の中で、分かち合いや妥協を覚えることも必要です。心を穏やかに、他人の気持や考えにも気を配ってください。

【瞑想の言葉】

生きていくには調和が大切。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。