12月3日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月3日【射手座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

12月3日生まれの人は、プライバシーを非常に大切にしています。そのためか、人生の進むべき道が固まり始める、30歳を過ぎたあたりから、外の世界と完全に縁を切りたいと考えるかもしれません。また、そんな時期には、まるで世捨て人のようになってしまうこともあります。それはまるで、一人になって、より高度な力の源泉に触れ、最大の集中力を引き出そうとしているかのようです。ただ、家族には気の毒な話かもしれませんが、金儲けにはそれほど関心を示さないでしょう。


Sponsored Link


12月3日が導く運勢

【不思議な実行力で突き進む人】

成し遂げる仕事は、次元の高い霊感のようなものの導きがなければとても説明できない場合があります。しかし、当人は特に信仰が厚いわけではなく、合理的に考え、すべてを疑ってかかるような性質さえ持っています。

理想を実現する過程で行き詰ることがほとんどありません。計画を巧妙に実行し、目標達成のためなら、秘かに事を運び、人の目を欺くことさえあります。しかし、私利私欲を求める気持ちが強いというわけではありません。名声や権力を手に入れることよりも、自分が生み出すもの自体に強く興味を持つ人です。

【長 所】

  • 集中力がある
  • 革新的
  • 器用

【短 所】

  • 隠し事をしたがる
  • 変わっている
  • よそよそしい

心理/性格

職人気質や物を創り出す才能は、もともと身につけているものです。加えて興味のもてる専門ジャンルがあれば、その道の達人になれるでしょう。また、人にアピールする魅力があり、ひたむきに仕事に取り組む姿勢を評価する人が大勢現れるでしょう。しかし、絶えず人から認められていなければ仕事ができないというタイプではありません。むしろ、放って置かれたほうがいいと思う人です。

仕事に熱中するあまり、自分の成長を省みなくなることがあります。実際、人格などというものには興味がありません。いわば、持って生まれた才能と、それを使うための身体能力を、いかに有効利用できるかと考えています。そのためか、仕事の内容が特殊すぎたり専門に偏ったりと、万人からは理解されにくいことが多々あるようです。仕事に取り組むのと同じ熱意を持って、自分をより深く知ろうとする努力も必要です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

射手座(11月22日~12月21日)の特徴

射手座は、人の一生を星座の12期に分割すると第9期(56歳~63歳)に当たります。この年齢から得られる、射手座のパーソナリティは、家族や仕事の責任を離れて、個人的または普遍的な関心事に専念し始める有力な大人に例えられます。また、巨大な惑星である木星に支配される射手座は、人間精神における鉄人的な態度(何ものにもとらわれない楽天的なところや細部にとらわれずに全体が見られる能力)の増大を象徴します。

射手座のシンボル射手は、半人半馬の賢者ケンタウロスです。射手座の哲人が放つ矢は、ものごとの核心を射貫くことで、人間を高い精神に引き上げ、星の世界までも連れて行きます。この射手座の精神世界は、目標を遠くにおきすぎて、挫折することもありますが、一方で、人が下劣な卑しい行為に陥ることを防ぎます。

射手座を支配する木星のエネルギーは、本人だけでなく他人にも、物事の良い面を見るようにしむけます。また、木星から豪放さや楽天性、全体像を見ようとする欲求などが与えられます。ところが、理想主義的な意見が災いして論争に巻きこまれることもあります。
射手座生まれには、より高い真実を求めて現実社会の価値観を否定するところまで行ってしまう人も少なくありません。自分と異なる信念をもった人をあまり非難しないよう気をつける必要があります。

射手座生まれの人が移動と旅行を好むことはよく知られていますが、居心地がよければ、同じ場所に留まって、思索の世界を探求することに満足することもあります。基本的に、退屈することは滅多になく、常に新たな自己表現の方法を求めています。また、世界をもっとよく知ろうと努めますが、人間が見習うべき理想として、自然や動物に特別の関心を示すでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

3日生まれの人は、ナンバー3と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は、自分のテリトリーでトップを目指し、独立心が旺盛です。そのため、自主性を重んじ、一人でも十分にビジネスを営む力量があり、自営業やフリーの仕事で能力を発揮します。
木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的な性質をもたらしますが、やや非現実的なところもあります。

12月3日生まれは、射手座を支配する惑星も木星であるため、木星の影響が強く出ますが、仕事に関しては、ナンバー3が大きく影響するでしょう。ただ、収入や地位の向上よりも仕事をすること自体に大きな興味を示すため、お金に苦労するかもしれません。

家族や友人に対しては、頼りになる「気さくで良い人」なのですが、組織の中で働くのは苦手なようで、基本的に何かを一人でしている時が一番幸せな人です。しかし、あまりに人間関係から逃げてしまうと、仕事を失ってしまいます。持っている才能を活かすためにも、人との関わりを大事にしてください。

タロットが導くカード

3日の大アルカナ・カードは女帝。創造的な知性をあらわします。女帝は完璧な女性。あらゆる女性的要素を一身に備え、母なる大地を潤し、人間の夢や希望、憧れを体現しています。

このカードがもつ良い面は、魅力、優雅、絶対的な愛。悪い面は、虚栄、気取り、完全なものしか認めないことです。

女帝の何事にも動じない性質は、そのまま12月3日生まれの長所となってあらわれます。友人や家族に対しては、誠実に振る舞い、頼りになる存在になるでしょう。

健康について

何かに熱中してしまうと自分や家族の健康をおろそかにする傾向があります。信頼のおける医師の定期検診が必要でしょう。まず、知識を得ようとするタイプなので、体や心の病気について本を読んだり資料を集めたりしますが、情報を仕入れるだけでは意味がありあません。ただし、専門知識は食生活に活かせるはず。食品の成分や構成(例えば、カロリーやビタミン、またはタンパク質と炭水化物と脂質の関係)に関心をもてば、健康的なメニューを考えられ、健康維持に大いに役立つでしょう。

病気を予防する運動は、ウォーキング、サイクリング、水泳など、適度な運動がおすすめです。ただし、無茶な競争心は怪我の元と心得てください。

12月3日生まれの方へ

自分を見つめ、成長しましょう。不安を捨てて、ときには人にすべてを任せること。自分だけの世界に閉じこもっていてはいけません。世の中の事に関心を持ち、周囲の人に助けの手を差しのべることも忘れないでください。

【瞑想の言葉】

あまり深い穴を掘ると底が抜けてしまうかもしれない。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link