10月26日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月26日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

10月26日生まれの人は、強烈な個性の持ち主で、周囲からは大胆不敵だと思われることもあります。時には向こう見ずなところも見せますが、大抵は感情や行動をきちんとコントロールしています。そのため、人前で感情や心の弱さを見せる人に共感できなかったり、嫌悪感を感じたりします。ただし、この融通の利かない、感情を抑えた自制心は、決してプラスには働きません。感情のない強さは、いずれ孤立することを実感するでしょう。


Sponsored Link


10月26日が導く運勢

【組織のまとめ役】

組織を改善し再編、運営する才能に恵まれています。組織の内容はクラブを始め、スポーツチーム、協会のグループ、ビジネス関係、さらには大規模な政治組織まで実に様々です。リーダーとして活躍するだけでなく、少なくとも顧問以上の重要な役割を担うことが多く、組織をまとめて円滑に運営する方法を熟知しています。一人でも十分に仕事をこなしますが、本当に輝かしい才能を発揮するのは、同僚や仲間と共同でプロジェクトに取り組んだ時でしょう。

【長 所】

  • グループを大切にする
  • 金銭の処理がたくみ
  • 組織に順応できる

【短 所】

  • 不機嫌
  • 感情を抑えがち
  • 厳格

心理/性格

権力がどういうものか、それが社会にどんな影響を与えるか知っています。金銭感覚に優れているので、組織との共生関係を通じて経済情勢を改善するでしょう。重役であれば、賢く投資し、節約する戦力に出ます。また組織の長期的な見通しを悪くするようなことは滅多になく、自分に大きな犠牲が強いられた場合でも、そうするだけの十分な理由があれば、ためらわずに犠牲になる覚悟があります。

尊敬は勝ち取るものであって、決して他人に強制して得るものではないことを経験から学びます。残念なのは畏怖(いふ)の念を求める場合があることです。自分が引き出した畏怖の念と、尊敬の区別がつかなくなると、権力などの圧力に簡単に負け、モラルを失うことになるでしょう。そして、地位、財産、愛する人を失う恐れがあります。

計画者であると同時に、実行者でもあります。実行するだけの権利があれば、たとえ大反対されてもひるまずに組織を一掃し、全面的な再編成をしようとします。そして、自分のやり方がいかに効率的か、実績によって証明したがるでしょう。ただし、組織の利益を最優先するあまり、支配欲や権力志向が強調されることに要注意です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

26日生まれの人は、ナンバー8(2+6=8)と土星に支配されています。ナンバー8に支配される人は、ゆっくりと慎重に人生を築き上げます。土星は、責任感が強く慎重で、限界をわきまえていますが、諦めやすい性質があります。また、実際には温かい心の持ち主なのに、冷たくとっつきにくい印象を与えるようです。

10月26日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける10月26日生まれは、土星と冥王星の組み合わせにより、真面目さや支配欲、権力志向が強調されます。一方で、権力には逆らうことが出来ず、保守的で諦めやすい傾向も強まるようです。ただ、ナンバー8も影響するので、安定感があり、頼りになる存在として周囲から見られるでしょう。

タロットが導くカード

26日の大アルカナ・カ-ドは力。あるいは勇気。獰猛(どうもう)なライオンを手なずけている優雅な女神が描かれています。この女神は、御しがたい力を制する女魔術師の象徴。精神と肉体の強さをあらわしています。

このカードのもつ良い面は、統率力、また何事かを成し遂げようとする決意。悪い面は、ひとりよがり、権力の悪用や乱用です。

健康について

ご馳走を食べ過ぎたり、逆に、食べることに厳格または質素になり過ぎて消化器を傷めないように注意すること。バラエティに富んだ食事を腹八分目に取るよう心がけ、穀物やサッと火を通した野菜を始めとする食物繊維の多い食材を取り入れて、消化や排泄を促しましょう。

毎日、最低1リットルは水を飲むようにして、アルコールの摂取はなるべく控えること。有り余ったエネルギーは激しい運動で解消し、攻撃的な衝動はチーム単位のスポーツや武術で発散しましょう。

10月26日生まれの方へ

放蕩(ほうとう)と禁欲の中間点を見つけること。他人や自分に期待しすぎてはいけません。何事もほどほどに。自分の望む姿をハッキリ描き、そのイメージから、かけ離れすぎないように。権力の悪用や乱用に注意。

【瞑想の言葉】

人格の影の部分は、長い間忘れられているだけ。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link