12月4日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月4日【射手座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

12月4日生まれの人は、ガッツがあり、何事にも熱心に取り組んで成し遂げる精力的な人です。そのため、様々な壁にぶつかり、周囲と衝突することも多いのですが、なんとか乗り越えようと絶えず奮闘しています。一方で、時にひどく自己中心的になり、社会一般の考え方から外れた行動をとることがあります。しかし、基本的には、理想と信念を持ち、より良い社会や政治のために活動したり、それを芸実的に表現したりするでしょう。


Sponsored Link


12月4日が導く運勢

【バイタリティーあふれる人】

大きな困難や圧倒的に不利な状況にあえて挑戦することも多いでしょう。それでも運の強さに助けられ、遠大な目標を達成することができます。バイタリティーにあふれていますが、大変やさしいところがあり、目標達成までの期間も人の反感を買わないよう気配りを怠りません。その反面、手ごわい敵に対しては恐怖心や不安感を植え付けるコツも心得ています。なろうと思えば無慈悲になれるので、敵が恐れる存在となるでしょう。

【長 所】

  • エネルギッシュ
  • 根性がある
  • 果敢

【短 所】

  • トラブルメーカーになりやすい
  • 権威を振りかざしたがる
  • お節介

心理/性格

信じるもののためには、自分の安定や安心といったものを犠牲にすることも厭(いと)いません。また、組織的な活動をする才能にも恵まれています。そのため、仲間や社会の同僚の意見に耳を傾ける器量を持ち、それでいて組織の権威を脅かすようなことはしません。年齢を重ねるにつれて聡明になり、建設的で想像性のある力の使い方を覚えるはず。それによって、社会に大きな貢献ができるでしょう。

自分の分野(家庭のように小さなものから、国家のように大きなものまで)で絶対的な権力を手にしたいという強い思いを抱くことがたまにあります。このときは、自分を抑え、行き過ぎないように注意する必要があります。また、自分の能力以上の責任を引き受けてしまうこともあります。自分の限界を知ることは極めて重要です。そうすれば失敗を免れ、不名誉な思いもせずにすむでしょう。

先入観や偏見を持たず、すばやく的確に人の考えや人間性を見抜く類まれな能力を持っています。ただし、問題が身近すぎると客観的ではいられません。公私をはっきり区別する努力が必要です。例えば、仕事の関係で友人をひいきにしたりすれば、取り返しのつかないことになるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

射手座(11月22日~12月21日)の特徴

射手座は、人の一生を星座の12期に分割すると第9期(56歳~63歳)に当たります。この年齢から得られる、射手座のパーソナリティは、家族や仕事の責任を離れて、個人的または普遍的な関心事に専念し始める有力な大人に例えられます。また、巨大な惑星である木星に支配される射手座は、人間精神における鉄人的な態度(何ものにもとらわれない楽天的なところや細部にとらわれずに全体が見られる能力)の増大を象徴します。

射手座のシンボル射手は、半人半馬の賢者ケンタウロスです。射手座の哲人が放つ矢は、ものごとの核心を射貫くことで、人間を高い精神に引き上げ、星の世界までも連れて行きます。この射手座の精神世界は、目標を遠くにおきすぎて、挫折することもありますが、一方で、人が下劣な卑しい行為に陥ることを防ぎます。

射手座を支配する木星のエネルギーは、本人だけでなく他人にも、物事の良い面を見るようにしむけます。また、木星から豪放さや楽天性、全体像を見ようとする欲求などが与えられます。ところが、理想主義的な意見が災いして論争に巻きこまれることもあります。
射手座生まれには、より高い真実を求めて現実社会の価値観を否定するところまで行ってしまう人も少なくありません。自分と異なる信念をもった人をあまり非難しないよう気をつける必要があります。

射手座生まれの人が移動と旅行を好むことはよく知られていますが、居心地がよければ、同じ場所に留まって、思索の世界を探求することに満足することもあります。基本的に、退屈することは滅多になく、常に新たな自己表現の方法を求めています。また、世界をもっとよく知ろうと努めますが、人間が見習うべき理想として、自然や動物に特別の関心を示すでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

4日生まれの人は、ナンバー4と天王星に支配されています。ナンバー4に支配される人は、何をするにも独特の方法を用い、少し風変わりで、どちらかといえば、金儲けよりも名誉や権力に惹かれるようです。一方で、精神的に傷つきやすく、特に自分の属するグループに拒絶されると、ひどく腹を立てるところがあります。一方、天王星は独創性や反抗精神、また急激な変化や思いがけない行動をつかさどります。

12月4日は、射手座を支配する木星の影響も受けます。木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。

これらの性質を受ける12月4日生まれは、お金にあまり関心がなく、とりわけ若い頃は、お金よりも仕事の内容にこだわります。また、どんなに良い仕事(良い商品)でも、需要が無ければ、一銭のお金にもならないことをよく理解しており、お金のない自分に納得しています。
基本的に、お金の為の仕事ではなく、世の中の為に働きたいと考えていますが、結婚して子供が出来ると、お金を生み出す「力」を身に付けようと、努力し挑戦するでしょう。

タロットが導くカード

4日の大アルカナ・カ-ドは皇帝。その力の源泉である知恵を用いて、この世の事物を支配します。皇帝は賢く頼りになる存在で、その権力は絶対です。

このカードのあらわす良い面は、強い意志の力と衰えることのない活力。悪い面には頑固、横暴があります。また、残忍を意味することも。

健康について

自分のためにも家族のためにも、みなぎる力を持て余さないよう注意が必要です。活発に体を動かすとよいでしょう。チームスポーツや耐久力のいるスポーツ(山登り、ランニング、水泳など)が効果的です。心を鎮めて理性や欲求を抑え、リラックス法や瞑想などを学ぶといいでしょう。一番いいのは、きちんとした食事(穀類、根菜類、栄養価の高いスープ)を習慣づけて、糖分、スパイス、アルコールを控えること。

12月4日生まれの方へ

人間関係を壊すような言動をしたり、芝居がかった振る舞いをしたりするのは、なるべく早く止めたほうがいいでしょう。個人主義を表に出してはいけないとか、派手な行動は慎まなくてはならないなどと言っているわけではありません。自分の行動が周囲にどれだけの影響を与えるか、自覚すべきです。

何より強いのは愛の力。高い精神力を保ち、常にコントロールしましょう。自分の内面に責任をもつこと。自分以外の人の幸福をいつも心に留めておきましょう。権力をもつことがすべてではありません。

【瞑想の言葉】

人間が使える最も大きな権力は、権力を手放すことかもしれない。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link