2月15日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月15日生まれの人は、他人に同情や共感を寄せるので、他人の痛みに敏感です。このため、恵まれない人や弱い人が利用されたり抑圧されたりするのを見るに耐えません。一方で、
とても神経質なところがあり、他人から批判されると強く反発します。また、感情を表に出しやすく、まさに一触即発という状態になりやすい人です。

基本的に、自分自身を刺激で満たせば満たすほど、充実した人生が送れるでしょう。ただし、あまりにテンションの高い生活を長く続けすぎて、燃え尽きてしまわないように注意しましょう。


Sponsored Link


2月15日生まれ 特徴

【発明の才に恵まれた人】

素晴らしい発明の才に恵まれ、想像力も豊かです。技術的なものでも、詩的なものでも、誰も思いつかないようなアイデアや夢を実現することができる人です。また、創造的な考え方を、ごく自然に披露し、普通の人にとっては難しいことでも変化に富んだ複雑な挑戦として受け止めるためす。この点に限っては、非常に前向きな姿勢の持ち主です。

ただし、努力が報われないと落ち込みやすく、行動力より忍耐力のほうが要求される場合は、粘り通すだけのスタミナがないことが欠点になります。

【長 所】

  • 好奇心旺盛
  • 創意工夫の才がある
  • 愛情豊

【短 所】

  • ハチャメチャ
  • 神経過敏
  • 気分屋

心理/性格

好奇心の塊で、身の周りのすべてを探りたがります。このため、自然が大好きで、気の向くままにそぞろ歩いたり、考えたり、世の中のあらゆることに思いを馳せるのが好きな人です。そして、いつでも楽しみたいという気持ちを持っています。その一方で、主義や理想を非常に大切にする人でもあります。

物事が思うように運ばなくなったとき、自分を甘やかしがちです。こうなると事態はさらに悪化し精神的に追い詰められ、手の付けられない怒りを爆発させることもあるようです。とはいえ、ネガティブな感情と向き合うのは、きわめて価値のある挑戦とも言えます。自分を律することで破天荒な生活を立て直すこともできます。また、年齢を重ねるごとに賢くなり、感情も安定するでしょう。慌てず時を待つことも大事です。

基本的に、周囲の事柄をスムーズに運びたがります。これは他人のためばかりではなく、自分もあれこれと指図をしないで済むため、人との摩擦が軽減できるからでしょう。一方で、他人から「きちんとしろ」と指図されるのを非常に嫌うところがあります。しかし、指図通りにきちんとすることが必要な場合は十分に理解し、それが理にかなっていれば厳密に従おうとします。ただ、残念ながら、この不完全な世の中では完全に納得できる仕事は滅多にないと心得てください。


Sponsored Link


色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

健康について

環境に敏感なため、アレルギーに要注意。肌は特に敏感なので、ビタミンEの入った柔軟クリームやエッセンシャルオイルを使うと効果的。また、感情の繊細さからくる神経系のトラブルに悩まされそうです。活動的な生活を心がけ、人との会話を避けないようにしてください。

基本的に食事には気を遣うため、あまり制限を設けずに好みのものを楽しむのがベスト。好奇心が強く、新しいものが好きなため、料理を学べば健康についての知識も広がり、おのずと体に良いものを口にするようになるでしょう。

大事なことは、食べた物が自身の体をつくり創造する力を生み出していると心得え、感謝することを忘れないことです。

2月15日 生まれの方へ

日々の生活における愛情のやり取りは、成長を遂げるのに欠かせません。愛情なしでは内向的になり、イメージは豊かでも一人きりの孤立した世界に住むことになります。愛される一番の近道は、いつも明朗でいることです。

忍耐力や集中力を養い、拒絶や落胆にうまく対処する方法を身につけてください。エネルギーは閉じ込めず、循環させましょう。

【瞑想の言葉】

明日は明日の風が吹く。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。