8月2日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月2日【獅子座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

8月2日生まれの人は、様々な分野で活躍することができます。おまけに、何をやっても自分の個性を生かせるでしょう。傍目(はため)には、本分を忘れているとか、あるいはそれまでの成功を投げ出してしまったかのように見えるかもしれません。ところが、毎度のように新しい成功を手に入れます。しかも、それで自分を変えることはありません。まるでカメレオンのように、本質的な部分はそのままに変身できる人です。


Sponsored Link


8月2日が導く運勢

【たくさんの顔をもつチャレンジャー】

世間が何と言おうと、危険なこと、実現できそうもないことに挑戦するチャレンジ精神旺盛な人です。しかし、このチャレンジ精神旺盛なおかげで、一時的に周囲の人々の信用を失うなど、厄介な問題が起こるかもしれません。おそらく何年か時がたてば、同僚や家族もそんな行動の真価を理解し、尊敬の目で見るようになります。そればかりか、荒唐無稽(こうとうむけい)としか思えないようなアイデアさえ、そのうちきっと実現するに違いないと信じるようになるでしょう。

【長 所】

  • 多才
  • 順応性がある
  • 決然としている

【短 所】

  • 鈍感
  • 支離滅裂
  • 無責任

心理/性格

非常に感じやすいかと思えば、ひどく鈍感にもなります。多くは前進あるのみというタイプで、蹴散らした人々に同情を感じるかどうかはさておき、決して立ち止まりません。高い理想に燃えていて、その前進を阻むことは誰にもできません。権力やお金を強く求めますが、そういうものは目標達成のために、うまく使いこなします。権力やお金に振り回されて自分を見失うことはないでしょう。

趣味やライフスタイルは自由そのものです。圧力に屈して周囲と同化することなどありえません。世間の批判や非難に深く傷つくこともありますが、それを表情に出しません。ある意味では自分自身や他人の気持ちに冷淡なところがあります。ですから、元々は繊細な人であっても、しだいに何事にも動じない非情さを身につけます。タフな性格になるにつれて、優しさや脆(もろ)さは影をひそめることになるでしょう。

自信たっぷりなのは、自分に出来ることと、出来ないことがはっきり分かっているからです。自分の力を正確に把握していたからこそ、成功を手にしたというケースも多いでしょう。大抵は人の手を借りるのを嫌がり、何でも自力で成し遂げようとします。しかし、それでは実質的にも精神的にも前に進めなくなります。いつかは人と深い信頼を築き、責任と義務を分かち合うことを覚えなければなりません。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

獅子座(7月23日~8月23日)の特徴

獅子座は、人の一生を星座の12期に分割すると第5期(28歳~35歳)に当たります。この獅子座は、若い力が社会の中で全力を注ごうとする「成熟した大人」に例えられ、世の中を明るく照らし出す創造的な力をあらわします。また、獅子座は、地上に足跡を残したいという自我の欲求を象徴し、「野心」「権力」「自信」が大きな特徴になります。

獅子は、勇気と王者の風格により、尊敬され、畏(おそ)れられます。この要素をもつ、獅子座の人は、先頭に立つことを好み、他人は従うのが当然だと思っています。また、必要とあらば不正や抑圧や悪と戦うことも辞しません。一方で、分かち合いと心の温かさも重視し、享楽と満足と調和を求めます。

ケチ臭い事や惨めったらしいことが大嫌いで、百獣の王の名にたがわず、価値がないと判断したことは無視する傾向があります。自分のやりたいようにやるだけでなく、気に入らない申し出を断わる強さや、決意を守り通す意志を誇示したがる傾向もあり、獅子座生まれの人にとって、口にした約束は絶対です。ただし、頑固な態度や古くさいやり方に固執することが、成長の妨げにもなります。

基本的に獅子座の人は、誉められることが大好きで、容貌だけでなく行為についてもそれを求めます。このため、他人から祭り上げられることは少しも苦ではありません。生まれながらのリーダーも多く、家族や社会、政治など様々な集団の手本となるでしょう。しかし、本来は、黙々と物事をやり遂げ、自信と信頼のイメージを伝えることを好む人です。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

2日生まれの人は、ナンバー2と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなり、仕事や人間関係を円滑にするでしょう。しかし、月の影響を受けることで、主導権や自主的な行動が抑制されるため、リーダー的な存在にはなりにくいようです。また、月のもつ思慮深さが消極性を強めるため、フラストレーションが溜まるでしょう。

8月2日は、獅子座を支配する太陽の影響も受けます。太陽は、創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。ただし、この太陽の力は少しずつ着実に使うことが大切です。エネルギーを一気に使い切ってはいけません。

これらの性質を受ける8月2日生まれは、月の信じ込みやすい性質と太陽のもつ行動力が影響し、肉体的な限界を超えて気持ちが先走りしがちです。このため、個人プレーに走りやすく周囲の協力が得られない恐れがあります。大事なことは、人との信頼関係を築くことです。責任と義務を分かち合うことで、太陽の影響を強く受け、明るい存在になるでしょう。

ちなみに、月とナンバー2のもつ、消極的な性質は、8月2日生まれの中でも第2子(次男・次女)に、より強く出ることがあり、将来、目上の人に頭が上がらなくなるかもしれません。

タロットが導くカード

2日の大アルカナ・カ-ドは女祭司。玉座につき、冷静で何事にも動じない姿が描かれています。女祭司は秘められた力や謎を超自然的な能力で解きあかし、その知識をもって人間に力を授けます。

このカードがもつ良い面は、沈黙、直観、思慮分別。悪い面は、誰にも打ち解けず、人を信頼しないこと。また、すべてに無関心で、ものぐさなことです。

8月2日生まれの人は、周囲の状況に無関心になりがちです。自分の事しか考えていないような態度では、いずれ行き詰るでしょう。

健康について

心臓や循環器系に負担をかけないようにしてください。特に男性の場合、緊張を強いられる仕事やライフスタイルを続けていると、年齢を重ねるにつれて高血圧症になる恐れが出てきます。まずは、安心できる生活基盤を確保することです。お金、エネルギー、時間を注ぎ込み、快適で安定した生活の場を築いてください。食事や運動に関しては、あまり変わったことはせず、ごく普通に生活してください。普通にすることで、元気に活躍できる健康を維持できるでしょう。

8月2日生まれの方へ

繊細な面を失わないようにしてください。繊細さを失うと誰にも打ち解けず、人を信頼しなくなり、人間性まで失うことになりかねません。家族や友人など周りの人は何が必要かを考え、与えることで人間性を維持できます。理想を大切にしながら、他の人の願望も尊重し、人の力を借りることも覚えましょう。

【瞑想の言葉】

世の中の人々が反対すれば、戦争はなくなるはず。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link