6月17日生まれの運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月17日生まれの人は、いつも真剣です。どんなにリラックスして気楽そうに見えても、「目標を達成しよう」「家族や友人から信頼されよう」などと頑張ります。ですから、しっかりした人生設計をもっているように見えます。ただし、自分に対する要求も高いけれど、親しい人たちにも多くを望むため、「鬱陶(うっとう)しい人」になりがちです。心から慕ってくる弟子や従業員に囲まれた人は、とても道徳的で厳しく、自分と同じ目標に向かって進むことを人にも求めるでしょう。


Sponsored Link


6月17日が導く運勢

【説得巧者】

テキパキ考え行動し、職場の人に対して少々せっかちになります。このため、教えることが下手で、うまくありません。初心者や生徒には、辛抱強く、噛んで含めるように説明しなければならないのに、それができないのです。人の失敗を、黙って見守るのはもっと苦手。さっさと手を出して自分で片づけてしまうでしょう。

一方で、とても説得力があります。それに、圧力をかけるのが上手。それとなく、あるいは強制的に、人を自分の指図に従わせます。また、有能な人、成功した人の場合、論争でいったんは退いても、なかなか諦めない傾向があります。

【長 所】

  • 説得力がある
  • 肉体的に恵まれている
  • 空間を捉えるセンスがある

【短 所】

  • よそよそしい
  • 自分を甘やかす
  • 短気

心理/性格

強い精神と丈夫な肉体を兼ね備えています。しかし、感性や直観は少し鈍いかもしれません。深く思いやることが苦手で、心からの共感はほとんど不可能といってもいいでしょう。不信感をもつと、「だだっ子」のようになることもあります。思い通りにならないと、分別ある大人の顔が引っこんで、子供のように拗ね、不満を募らせます。

素晴らしい立案者、設計者、旅行家になれる素質を持っています。生まれつき方向感覚に優れ、空間を感じとる力のある人がほとんどです。稀に、あまりに斬新で独特な方法を取るため、話をわざと面倒くさくしているように見えるときがあります。そのため、そのような方法が正しかった、と判明して初めて人はその論理を理解するでしょう。

自分のいい分を通すために、話を少し膨らませるのは周知の事実。「大ぼら」を吹くことさえあります。なかには、人を騙すのに快感を覚える人さえいるでしょう。これらは罪のない遊びですが、遊びなら遊びらしく、コソコソせずに節度をわきまえること。また、ギャンブルは避けたほうが無難です。いくら頭の回転が速く利口でも、負けが込んでくると、いかさまの誘惑に負けやすくなります。実際のところ、人間的に未熟な人は、最高のペテン師になるかもしれません。しかし、道徳的な観点はさておき、公私にわたって人を苦もなく自分の主義主張に賛同させてしまう達人です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

占星術が導くナンバーと惑星

17日生まれの人は、ナンバー8(1+7=8)と土星に支配されています。土星には、本気になって取りくむ性質があり、それが水星(双子座を支配)と結びつくことで、6月17日生まれの人の容赦なく批判する傾向を強めます。ナンバー8は物質界と精神界の衝突をあらわします。そのため、ナンバー8に支配される人は往々にして孤独で、とても気ままになりがちです。


Sponsored Link


タロットが導くカード

17日の大アルカナ・カードは星。裸の美しい娘が、星の下にいます。彼女は1つの水差しで乾いた大地を潤し、もう1つの水差しで池のよどんだ水を生き返らせているのです。

娘が象徴しているのは地上の生命の繁栄。しかし、その肉体が繁栄の奴隷であることも示されています。一方で、頭上の星は精神的な世界の存在を思い起こさせます。同様に、6月17日生まれの人に対して、物質ばかりを追い求めず、他人への優しい気持を育てて、より高い人生の目標をもつように戒めてもいます。

健康について

体で感じるタイプですが、何でも癖になりやすいので要注意。例えば、お酒、健康によくない食品、煙草、ギャンブルや恋愛など快楽につながるあらゆるものです。

意志を強くもってください。人に命令したり目標を追い求めたりするときは、強い意志が発揮されて良いのですが、個人的な欲望を抑えるときは、この意志が、からきし役に立たないようです。問題は、このような常用癖が心身にどれほど悪影響をおよぼすかを十分理解していないこと。なかには、全く気にしない人もいます。

規則正しい食事と適度な運動を習慣化することに努めれば、そのうち常用癖もおさまるでしょう。常用癖が依存症にならないよう注意してください。

6月17日生まれの方へ

人のことは本人の判断に任せること。いつもいつも自分の意見に人を従わせてはいけません。やり方が度を超してしまわないよう気をつけてください。幻想ではなく、真実を見つめましょう。自分の利益のために気安く人を利用してはいけません。

【瞑想の言葉】

人には敬意をもって接すること。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。