9月6日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月6日【乙女座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

9月6日生まれの人は、30歳代の初め頃までは平穏で順調な人生ですが、その後は運命に翻弄されるかもしれません。そして、予期せぬ出来事が人生を支配し始めると、運命なら仕方ないと諦めてしまいます。
逆に、運命に逆らおうと悪戦苦闘を続けても、結局は運命に身を委ねることになるでしょう。このため、良くも悪くも、ますます運命論に傾きやすくなる傾向にあります。


Sponsored Link


9月6日が導く運勢

【思いがけない運命に翻弄される人】

9月6日生まれの人は、目に見えない偶然の力に左右されます。実に不思議なことですが、ほかの人々と比べてみても、良くも悪くも運命によって人生が開けていくようなところがあります。また、予言が実現することも多いため、口にする言葉が自分自身や周囲に影響を及ぼすと自覚したほうがいいでしょう。

【長 所】

  • 人の意見を素直に受け入れる
  • 人の気持ちを慮る
  • 趣味がいい

【短 所】

  • 自分のことで頭がいっぱい
  • 感情を押さえ勝ち
  • 諦めがよすぎる

心理/性格

自分で人生の舵をとって慎重に進路をたどろうとしても、なぜか行く手には障害が立ちはだかるようです。綿密に計画を練って、予期せぬハプニングに十分備えたつもりでも、なかなか思ったようには行きません。そのため、大変なストレスを抱えてしまうこともあるようです。

人生は波乱万丈ですが、本人は安定した誠実な人です。友人や家族をかけがえの無い存在と考えており、辛い目にあわせないよう守ろうとします。ですから、親しい人に裏切られたと感じたときは、ひどく落ち込んでしまうでしょう。しかし、思うようにいかないのが人生と考えているため、いつまでも落ち込むことはありません。基本的に、今ここにあるものに全力投球し、人生のリズムに合わせて一歩一歩着実に前進することが大事だと考えている人です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

乙女座(824日~922日)の特徴

乙女座は、人の一生を星座の12期に分割すると第6期(35歳~42歳)に当たります。このため乙女座は、中年期にありがちな、避けることのできない重要な問題に直面しても解決できる「成熟した大人」に例えられます。この「成熟した大人」とは、道徳心の強さでもあり、乙女座に真面目なイメージを与えています。事実、乙女座の人に、あまりユーモアは通じません。また、注意深く几帳面な上に、鑑識眼が鋭すぎるため、何かにつけて厳しく選り好みするでしょう。
基本的に、乙女座は秘密主義で、何を隠し、何を(いつ、どのように)明らかにするかに気をつかいます。ですから、乙女座の内面は、分析、解決、評価に没頭しています。また、乙女座にとっては未来に焦点があり、目標を設定して計画的に働こうとします。例えば、休暇のときも、「旅行資金を積み立てる」「用意周到に準備を整える」「スーツケースや車のスペースを完璧に利用する」などはお手のものです。だからといって、偶然や即興を楽しまないわけではありません。ただ、その楽しみ方は、ちょっとしたアクシデントでは揺るがない、しっかりした土台があってこそと考えています。つまり、自らの真面目で几帳面な部分を土台とすることで、自分と仲間の為の安心安全を得たいのです。言い換えると、ちょっとした心配性でもあります。
これまで乙女座は控えめな、あるいは取り澄ました姿に描かれるのが普通でしたが、因習的な道徳を振り捨て、自らの感情や欲望をはばからず口にする人も少なくありません。とはいえ、一線を越えるようなことはなく、家族や職場の同僚として最高で、それぞれの集団に大きな貢献をします。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

6日生まれの人は、ナンバー6と金星に支配されています。ナンバー6に支配される人にとって、愛は人生最大のテーマ。また、金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあるため、6日生まれは、愛情や尊敬の対象となります。

9月6日は、乙女座を支配する水星の影響も受けます。水星は頭の回転の速さとコミュニケーションをあらわします。また、ゲームやパズルが大好きで、細部に注意を払い、立ち直りが早いこともこの惑星の特徴です。

これらの性質を受ける9月6日生まれは、乙女座のもつ真面目さと金星のもつ愛が影響し、趣味のよさや理想主義、美しいものを愛する傾向が一層強まります。ただ、現実は厳しいもので、事が思うように運ばず、苦労することも多いようです。これは、理想が高すぎるための苦労なので、理想と現実の違いを知り、運命を受け入れるようにすると、おのずと苦労は減るはずです。大事なことは、無関心な態度になったり幻滅を見せたりしないこと。常に前を見るようにしましょう。

タロットが導くカード

6日の大アルカナ・カードは恋人たち。9月6日生まれのナンバーと惑星を強調するかのようです。このカードは、男性と女性がもつ、それぞれの性質を1つにすることによって、全人類を結びつける愛情をあらわしています。

このカードのもつ良い面は、精神的にも肉体的にも、そして道徳的観点からも高いレベルの愛情や願望。悪い面は、満たされない欲求、感傷、優柔不断などです。

健康について

健康であることを当然のように考えて、体力を過信するのは禁物です。感情を抑え込み、ストレスを抱え込むと、特に内臓に悪影響を及ぼします。定期的に健康診断を受けるようにしてください。何より大切なのは、将来をしっかり見据えて人生を前向きにとらえることです。目の前の一歩の積み重ねが、病気を招く一歩にならないよう、チョットした心配事など些細なことでも自己判断せずに、仲間や家族に相談しましょう。

自分の望みや欲求を満たそうと懸命に努力していれば、精神的に強くなり、病気にもかかりにくくなります。また、生涯元気に過ごしたいなら、よく運動し、健康にいい食べ物やライフスタイルを選んで、実行してください。そうすることで、たとえ不運に見舞われても、健康だけは維持できるはずです。そして、健康な体が、不運を跳ね返し、幸運をもたらしてくれるはずです。

9月6日生まれの方へ

運命を自然の流れとして受け入れ、不運も幸運も上手に付き合うようにしましょう。イニシアチブを取ることを恐れずに。一歩ずつ着実に前進し、思い込みは捨てましょう。自分は運が悪いなどと思いこまないこと。

【瞑想の言葉】

頭に思い浮かべ、口にしたことは、そのまま力強い予言となる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link