6月13日生まれの運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月13日生まれの人は、「不可能なものはない」を信条にしているように見えます。障害を克服する自分の姿を思い描き、とても満足します。時として危険なのは、そんな勝利が空想にすぎず、実は欺瞞(ぎまん)に満ちた非現実的な状態でしかないということです。しかし、現実に直面して夢破れることがなければ、このような夢見る人はずっと幸せに暮らせるでしょう。

とてつもない偉業を企てる勇者や永遠のヒーローに憧れます。崇拝するヒーローは、たいてい1人。不幸なのは、崇拝する人物が、たまたま配偶者や恋人になった場合です。現実を知ると勝手につくりあげた神聖な偶像は粉々に崩れ落ち、やがて耐えきれなくなります。現実のヒーロー(人間)は負けることもあるし、テレビのヒーロー戦隊のように毎週戦えません。出来れば、憧れの人は、遠目から見ているだけにしておきましょう。


Sponsored Link


6月13日が導く運勢

【遠くを夢見る探究者】

頭の中で想像して、探究することが好きな人です。ですから、遠く離れた場所や冒険を夢みてうっとりすることもあるようです。若い頃から読書や空想によって外国探検の情熱をかきたてられ、その情熱を生涯もち続けるでしょう。現実に遠い国へ旅行することもあれば、過去あるいは未来など抽象的な世界を扱った神話を研究することもあります。

【長 所】

  • 心霊力に敏感
  • 想像力に富む
  • 冒険好き

【短 所】

  • 危険を求める
  • 現実離れしている
  • 偶像を崇拝する

心理/性格

様々な経験を積み人間的に成熟した人は、仕事や科学の研究、あるいは芸術の世界で夢を実現させます。一方、あまり野心のない人は、『虹をつかむ男』のように自分だけの夢に没頭します。その夢を現実に追い求めることはしませんが、夢のおかげで生活が潤うようです。しかし、理想と現実の落差が大きくて、ひどいフラストレーションを抱えこまないように注意が必要です。

とにかく夢ばかり見ていると、何かにつけ、日々の雑事、つまり生活する上で配慮しなくてはならないことに意識がまわりません。文字どおり、あるいは比喩的な意味で、頭がいつも雲の中をさまよった状態になりがちです。

夢見がちな割には、登山、ウォーキング、ランニングなどの運動全般が大好きです。また、物事の限界、経済的な限界をなんとしても克服したいとも思っています。したがって、工場や事務所や家庭での判で押したような作業に縛りつけられると、想像だけの世界にはまり込む可能性があります。職業を選択するときは、収入よりも、仕事内容で選んだ方がいいでしょう。

危険なことや冒険に惹かれるのは、ごく自然の成り行きです。自滅的な衝動というより、ハンググライダーやマリンスポーツや登山のような運動を通じて技術と勇気をおおっぴらに示すことができ、限界を克服できるからです。また、このような危険を伴う活動をしたがるのは、夢か現実か分からない感覚を味わいたいからでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

13日生まれの人は、ナンバー4(1+3=4)と天王星に支配されています。天王星は気まぐれで激しやすい性質をもっています。しかし、空想でも現実でも、6月13日生まれの活動は息の長いものがほとんどです。それは、天王星の性質を抑え、水星(双子座を支配)の論理性に影響されているからでしょう。基本的に、天王星は変化の惑星で、激しくて気まぐれで、型にはまらない性質を示しますから、6月13日生まれの抱く願望もいっそう激しくなります。 13は不吉な数字だと考えられていますが、どちらかというと、強い力をもった数字です。その力を賢く使えばよし。そうでなければ破滅です。

タロットが導くカード

13日の大アルカナ・カードは死神。しかし、死神のイメージでこのカードを解釈することは滅多にありません。自分の限界を超え、成長してゆくため、過去に別れを告げることを意味しているのです。このカードとナンバー4は、落胆、幻滅、悲観、憂鬱(ゆううつ)などに注意するよう警告しています。

健康について

事故に遭いやすいタイプだというのは、自他ともに認めるところでしょう。大抵の人には、その自覚があり、事故には十分注意しています。むしろ、空想にふけってしまう自分を止める方が難しいようです。極端な場合、精神のバランスを崩し、フラストレーションのない夢の世界に逃げこもうとします。程度の差はあれ、大抵の人は心のカウンセリングが必要になりそうです。

子供や親を相手に空想の中の自分を演じるのは絶対に止めましょう。そんなことをしていたら、家族の心がバラバラになってしまいます。旅行が出来なくても、世界の料理を研究すれば、それぞれの国の文化に親しめます。

6月13日生まれの方へ

自分の気持に正直になり、空想にふけり過ぎないように注意。人前では自分を押し殺して、時には演技することも必要だという認識をもってください。片づけなければいけない問題があることを忘れずに。心と家庭の秩序を保つこと。今、何が出来て何が出来ないかをよく考えましょう。

【瞑想の言葉】

隣の芝はいつでも青い。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。