6月12日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link


6月12日【双子座】生まれの方へ!
≪占いが導く性格判断とアドバイス≫

6月12日生まれの人は、飛行機や自動車に乗るのが大好きです。ですから、移動時間を楽しめる旅行をしたがるでしょう。基本的に、動いているときが最高に幸せで、動いていれば様々な悩みから離れられると思いがちです。しかし、そんなことで根本的な解決にはなりません。

自分を第一に考え、時には煩わしい しがらみを捨てましょう。勇気を持って決断することで、うまく困難を乗りきれるはずです。最初の精神的打撃とそれに続く憂鬱(ゆううつ)をしのぐことが出来たら、さらに強く、道理をわきまえた、目的意識のある人物になれるでしょう。

6月12日生まれの運勢と性格

6月12日生まれのテーマ

『へこたれない楽天家』

大抵のことはうまくいく、という前提で行動します。ですから、見通しがやや暗くても、へこたれることはまずありません。とはいえ、陽気な外見の下に、心の悩みが潜んでいます。生きていく上での困難とまともにぶつかっていたら、自分の心の問題にかまけている暇はないかもしれませんが、個人的な問題について、放っておかないこと。決断を要する大事なことを、いつまでも未解決のままにしておかないよう気をつけましょう。

【長 所】

  • 楽天的
  • 明るく朗らか
  • 頼りになる

【短 所】

  • 自己認識の欠如
  • 白黒つけたがる
  • 自分を客観視できない

Sponsored Link


6月12日生まれの心理/性格

気前のよさが特徴とはいえ、人に何かを与えるのは正当な理由があると思ったときだけ。楽天家とはいえ、現実を客観視するタイプですから、施しを求める人を寄せつけません。しかも、「天は自ら助くる者を助く」という信念の持ち主。このような態度は親子関係にもあらわれます。家族にとって「頼りになる」存在ではありますが、少し厳しすぎるように思える時があるかもしれません。特に、批判を好むタイプなのでなおさらです。とても義理堅くて責任感が強く、甘やかしは自立を妨げ、手の掛け過ぎは成長を止めるだけだと承知しています。

興味深いことに、心のなかでは、実利を重んじる面と理想を追求する面が共存しています。自分は天真爛漫なくせに、世間一般に対しては現実的です。残念ながら、世間を自己認識の鏡として利用することはありません。ほとんどの場合、浮世離れした夢を追い求める人ばかりが周囲を固めているので、自分を客観的に見つめるのは至難の業でしょう。

星座/占星術が導く365日誕生日占い
星座別365日一覧表 誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当...

双子座の特徴

双子座は、人の一生を星座12期に分割すると、第3期(14歳~21歳)に当たることから、大人になろうと もがく思春期に例えられます。
この時期(第3期)は、社会に溶け込もうとする一方で、親や社会の権威から逃れたいという願望がみられます。

水星に支配される双子座は、思ったことをストレートに表現し、気持ちを伝えることが出来ます。また、頭の回転の速さとコミュニケーション能力に優れていることもあり、「活気」「多様性」「変化」などといった、慣習にとらわれない 立ち向かう気持ちを周囲に与えるでしょう。しかし、大局的な全体像よりも細部にこだわるため、進むべき方向がブレやすく、唐突に方向転換することもあります。

双子座の人は、思春期の頃と同じで、興奮と変化に心惹かれます。ですから、飽きっぽく、家の中で のんびり単純な喜びにふけるよりも、何かおもしろいことを探しに出かけることを好みます。

基本的に、燃えるような神経エネルギーを備えていますが、飽きやすく、長期の取り組みを求められると、すぐに諦めるか方向転換したくなるようです。この点に、双子座を支配する高速の惑星である水星の影響が感じられます。

水星に影響されると、舞い上がるような高揚感を与えてくれる活動に惹かれます。特に、何よりの楽しみは、仲間とつるんで うろつき回り、もめ事に首をつっこむことです。
このような、思春期を思わせる無遠慮なところはありますが、本質的に反抗的なわけではありません。単に個性を謳歌し、個人の自由に無上の価値をおいているのでしょう。

集団に属することを好み、あふれるアイデアと話術で社交の場を活気づけることでしょう。
一方で、考えが変わりやすいこともあり、気まぐれ屋、ことによると薄っぺら、と非難されることがあります。しかし、当の本人は考えを変えることに、まったく罪悪感がありません。
執着をもたないことは、双子座生まれの人のモットーであり習性なのです。

6月12日生まれ/双子座3期(6月11日~6月18日)

6月12日は、星座を48期に分割すると双子座3期(6月11日~6月18日)に当たります。

双子座3期の中心的イメージは「探求者」です。この期は、若者が10代に別れを告げて、大人の世界に自分の場所を見出そうと準備に励むときにたとえられます。
仕事や住まい、友人、伴侶を求め、刺激的な考えや新たな場所を探すことなどが、この期に生まれた人の課題となるでしょう。

「探求者」の心構えとしては、必要な限りどこまでも進み、自分で設定した限界や、前進を妨げる懐疑心と縁を切ることが必要です。
社会に第一歩を踏み出した怖いもの知らずの探検と、そこから学ぶことが人生のテーマになるでしょう。

(双子座3期についての詳細は、下記サイトをご覧ください。)

双子座の運勢と性格【星座を48期に分けた誕生日占い】
双子座(5月22日~6月21日)を占う! 双子座を分割すると・・・ 牡牛座~双子座カスプ(5月19日~5月24日)※下記注釈...

6月12日生まれを占星術でチェック!

12日生まれの人は、№3(1+2=3)と木星に支配されています。
№3に支配される人は、自分のテリトリーでトップを目指します。このため、自由でいられるフリーランスの仕事や自営業で生計を立てたいと思うでしょう。
木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。一方で、やや非現実的なところもありますが、№3の影響を受けることで、精神面でも肉体面でも様々なことに集中して取り組むでしょう。


Sponsored Link


6月12日は、双子座を支配する水星の影響も受けます。水星は、頭の回転の速さとコミュニケーションをあらわします。
水星に支配される人は、細部に注意を払い、先読みして行動することを好むため、トランプやマージャン、パズルなどのゲームが得意なこともこの惑星の特徴です。

これらの性質を受ける6月12日生まれは、とにかく独立心が旺盛です。このため、自由を手に入れたくて、たとえ安定した経済力や地位があったとしても、その安全な場を捨てようという衝動に駆られることがあるようです。また、組織の中の仕事に疲れてしまうと、人に指示したり、されたりすることにうんざりして、全てを一人でやろうとするところもあります。
しかし、こんな気持ちの葛藤とは裏腹に、木星と水星が互いに影響し合うことで、とても朗らかで知的な印象を周囲に与えるでしょう。

注意すべきは、横柄な態度と見栄っ張りなところです。特に、人の上に立った場合、この点に気をつけること。また、無理に楽天家を装う必要はありません。自然体で十分魅力ある人ですから。

6月12日生まれを導くタロットカード=吊された男

12日の大アルカナ・カードは吊された男。(別名=吊られた男・吊るし人 など)

一本の足で、逆さ吊りになっている男が描かれています。体は自由になりませんが、吊された男は、強い意志をもち深い思索にふけっています。

中世ヨーロッパで実際に行われていた、刑罰の様子が描かれていると言われています。ただ、表情は辛そうではありません。
この刑罰、もしくは修行を終えて解放された後、真の幸せが訪れます。

吊された男=正位置の場合

影響する言葉【試練・報われる・忍耐・克服・飾らない】

自分の限界を知り、克服すること。また、飾りのない、ありのままの人間でいることも意味しています。

自分自身にとっては、不利になることが分かっていても、慈悲や献身的な気持ちを忘れず、その状況を受け入れることで最終的には良い結果を得ることができます。
苦労が報われ、実りを得られることを暗示しています。

吊された男=逆位置の場合

影響する言葉【やせ我慢・欲望・報われない・終わりが見えない・自己犠牲】

行動が無駄に終わってしまい、何かを犠牲にしなければならないことを示しています。
この吊された男の状況は、努力をしても報われないという気持ちを人の心にもたらしますが、自分だけが報われないと思ったら大間違いです。そして、自己犠牲を美化してはいけません。たとえ報われなくても、或いは犠牲になったとしても、将来のために、今やるべきことに集中することが大事です。

タロットカードから導く誕生日占い
人生に影響する大アルカナ・カードの意味と解説! 本来タロットは、偶発的に現れるカードから占うものですが、当サイトでは、誕生日を、そのま...

6月12日生まれの健康について

自分を過大評価して、自ら墓穴を掘らないように気をつけましょう。限度を知らないと、ひどい目にあう危険があります。また、健康について楽観的になりがちで、少々のことでは死なないと思っています。ですから、いざ病気や怪我に見舞われたとき、心の準備ができず、ひどく落ちこむかもしれません。

怪我全般に気をつけましょう。特に、指、手、腕には要注意。信頼できる掛かりつけの医師の定期検診を受けていれば、重い病気にならずに済みます。大抵は食欲旺盛で、自分も家族も健康に良いものをモリモリ食べます。双子座の人は、変化に富んだ食事を好むおかげで、丈夫な体になります。

6月12日生まれの方へ

疲れを知らない行動の人。おもしろくて愉快、決して人を退屈させず、良い親や友人になります。有能で貴重な存在ですが、楽天的な面を控えめにして、自分の欠点をあるがままに受けいれることが大切です。

自分に不可解な部分があることを認めましょう。逃げても拒絶してもしかたのないこと。覚悟を決めて、心ゆくまで自分と向き合いましょう。内面の苦しさを他人のせいにしてはいけません。原因を突き止める努力をすることです。

【瞑想の言葉】

太陽は生と死の源。

6月12日生まれの運勢と性格
【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

星座占い一覧
星座から運勢や性格を確認してみましょう!
牡羊座 牡牛座 双子座
かに座 獅子座 乙女座
天秤座 さそり座 射手座
山羊座 水瓶座 魚 座

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link