1月1日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月1日【山羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月1日生まれの人は、亭主関白型。組織や社会の上下関係を愛し、家庭や職場を仕切らずにはいられません。勤勉で、教育をとても重んじますが、信念は決して曲げません。しかし、いざ野望を達成するとなると、自分の主義主張が足かせになってしまいそうです。

あまりにも正直で誠実、対面を大切にするため、高い地位を手に入れるのが難しいようです。組織を重視するため、何かを型どおり実行しようとすると正論でがんじがらめになってしまうこともあるでしょう。


Sponsored Link


1月1日が導く運勢

【繊細さを内に秘めた人】

弱点は、とても感受性が強いこと。人の下で働くのに我慢ができない面もあります。友人と付き合ったり、人々を導いたりする場合(特に先生として)にはとても魅力的で、周囲から好かれ、有能です。

しかし、企業で出世したり、熾烈な競争を勝ち抜いたりするには、何事にも動じない強靭さを身につけなければなりません。また、自分や他人に厳しくなりすぎたり、せかしすぎたりしないこと。これさえできれば、たとえ感情面で動揺しても、努力がたちまち水泡に帰してしまうことはなさそうです。期待が大きすぎて失意のどん底に突き落とされないように注意してください。

【長 所】

  • 責任感が強い
  • 組織に順応できる
  • 有能

【短 所】

  • 柔軟性に欠ける
  • 神経過敏
  • 臆病

心理/性格

不満を溜め込む許容量が小さいため、心の底の激しい感情が残らず噴出してしまうことがあります。性格は複雑で矛盾だらけ。例えば、責任感がとても強く、安請け合いしない性格にもかかわらず、手に余るほどの責任を抱え込んだり、本当は感情が豊かなのにそれを抑えすぎてうまく表現できなかったりなどです。

一見リベラルなようでいて、実は極端に保守的なところもあります。とりわけ内面的な葛藤は激しく、自分でも手に負えない力に押し切られてしまう可能性があります。この日生まれの人にとって何より大切なのは、自分の選んだ道をどこまで追求すべきか、人生の途中でじっくり考えてみることです。

トップの座に就こうとするなら、ストレスに対抗できる強さや忍耐力、感情面のコントロールが必要なのはいうまでもありません。自分の長所や短所を十分に考慮した上で、成功の見込みがあるかどうかをしっかり見定め、それに見合った目標を設定するべきです。長期的な目標と短期的な目標を具体的に決めて、計画どおりに実行することが大事です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

山羊座(12月22日~1月20日)の特徴

山羊座は、人の一生を星座の12期に分割すると第10期(63歳~70歳)に当たることから、成熟した真面目な大人の時期と考えられています。ですから、倹約、省エネ、慎重なアプローチなどは、山羊座の責任感ある態度の典型です。

山羊座の山羊は、おとなしく草原で草を食べているだけのように思えますが、やがて、より見晴らしのよい地点を求めて山を登ります。この元気な山羊は、「野心」「意欲」「成功への努力」などを象徴しています。

山羊座生まれの人は、土星に支配されることから、真面目さ、責任感、そして制限への欲求が強まり、一見すると保守的に感じられますが、それは必ずしも向上を求めないということではありません。忍耐強く着実に高みを極めようとする人です。ですから、信条として、ゆっくりと丹念に取り組み、途中で投げ出すことは滅多にないでしょう。また、自由意志と自己主張の重要性を忘れることがないため、頂上を極めて、そこに留まる能力もあります。

一方で、権力とその効用について本能的に理解しており、独裁的になりがちです。人に何かを命令するどころか、やり方までいちいち指図し、言うことをきかせるために、圧倒的な知識をひけらかすことも珍しくありません。この、やや神経質な性格のおかげで、物事が容易に運んだり、上手く行きすぎたりすると、かえって疑わしい気持になるようです。

山羊座は非常に多様なタイプが見られるので、性格の判断が難しい星座です。しかし共通しているのは、土星の影響による宿命の感覚です。この感覚は、試練や困難や苦しみさえも、人生に包まれた一部として考え、縁あって巡ってきた、あらゆる役割を受け入れるでしょう。しかし、このような真面目な性格は、変化に対応できる柔軟性を欠くため、間違いや失敗をなかなか認めないところが心配されます。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

1日生まれの人は、ナンバー1と太陽に支配されています。1日生まれの人は、1番が大好き。たいへん個性が強く頑固な性格で、何が何でもトップを目指します。太陽は創造エネルギーと情熱の象徴。この太陽エネルギーは、人々に活力を与える存在ですが、しっかりと方向を定め、力を継続して使うことが大事です。

1月1日は、山羊座を支配する土星の影響も受けます。土星は縮小・制限を意味し、制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。また、責任感が強く、限界を知り、慎重ですが、諦めやすいのが特徴です。

これらの性質を受ける1月1日生まれは、土星の真面目さが良くも悪くも影響し、自分の能力を信じることが出来ないようです。しかしこれは、より良いものを求める、強い責任感からくるものです。時間は掛かりますが、責任という経験を積むことで、確実に周囲から必要とされ、能力を伸ばすことが出来るでしょう。
注意すべきは、感情のコントロールです。怒りや悲しみ、また同情心などは、相手や周囲の反応を考慮し、抑えることも大事です。ただ、心を許せるパートナーや友人には、素直な感情を見せましょう。完全に感情を内に閉じ込めてはいけません。

タロットが導くカード

1日の大アルカナ・カードは魔術師。知恵、コミュニケーション、情報、そして魔力をあらわしています。魔術師の頭上には、無限大の記号。タロット・デッキによっては、帽子や光輪が描かれることもあります。
一説には、魔術師は終わりなく巡り続ける生命の性質を知り、それによって力を得ていると言われています。

このカードがあらわす良い面は、鋭い洞察力と他人の扱いがうまいこと。一方、日和見主義や、何をしても良心の呵責を感じないなどの悪い性質も示されています。

魔術師は1月1日生まれが直面している、ジレンマを象徴しているのかもしれません。つまり、「成功を収めたい」「自分の能力を開花させたい」と願う気持ちと、倫理観がぶつかってしまうようです。注意しなければならないのは、成功するまでに時間を要するということです。せっかくの能力を活かすためにも、簡単に諦めないことが大事です。

健康について

見えない恐怖や不安にさいなまれがちです。神経質になったり落ち込んだりするのを防ぐには精神面でのアドバイスやセラピーが役立つことでしょう。

肉体面では便秘などの排出器官のトラブルに要注意。食事は量と質に気をつけて。できるだけ野菜を多く取るよう心がけてください。また、ストレスによる病気(特に心臓や血管の病気)にかかりやすいため、お酒や喫煙はなるべく控えめにして、砂糖や動物性脂肪を減らすこと。生活習慣病を招かないよう、活動的な生活を心がけ、規則正しい適度な運動を忘れずに。

1月1日生まれの方へ

自分では実務向きの現実的な人間だと思っているようですが、やはり自分にも人並みにロマンチックな夢があり、それを叶えたいという気持ちがあると気づくことが大切です。感情面での深さと複雑さに見合った等身大の自己イメージを持つことが、幸せと成功をつかむ鍵です。

曖昧な表現を避けること。要求を口に出す前に、自分の望みを明確にしましょう。感情を内に閉じ込めず、分かち合うこと。安心は永続するものではありません。

【瞑想の言葉】

タンゴは二人で踊るもの。息の合ったダンスは最高。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link