7月20日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月20日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月20日生まれの人は、波乱万丈の人生を好んで歩むタイプです。自分が現状に「甘んじる」あるいは「満足する」ことを嫌います。満足して安定するより、ちょっとした失敗や挫折を求め、それによって自分の生活を根底から変えてしまいたいと思いがちです。ですから、ある程度の成功を手にしても、心底喜ぶことはないでしょう。


Sponsored Link


7月20日が導く運勢

【波乱万丈の人生】

なにしろ移り変わりが激しい人です。それは、浮き沈みや勝ち負けといった変化ではなく、「今とは別の何かになること」を追い求めるための変化です。静より動を重んじる傾向にあり、特に若年のときは、不安定な人格になりやすいところがあります。しかし、心が成熟してくると、絶え間ない変化の中にこそ安定と落ち着きがあることを見い出します。台風の中心、つまり台風の目の中が最も穏やかだということを体現するでしょう。

【長 所】

  • 冒険好き
  • 積極的
  • 合理的

【短 所】

  • 落ち着きがない
  • なかなか満足できない

心理/性格

人間的に成熟してくると、心に穏やかさをもつようになりますが、自己満足と停滞には注意しなければなりません。より高く、より困難な頂上を目指してバランスをとりながら登っているときにこそ充実した活躍ができる人です。ただし、このような生き方は、思いがけない落とし穴に注意しなければなりません。危険に対しては、現実的に対処できる知恵を身につける必要があります。

親しい人々(友人、配偶者、恋人、子供など)には、何故そんなにあがく必要があるのか、理解不能でしょう。愛する人にしてみれば、幸せをなげうってまで苦労を選んでいるとしか思えず、そんな苦労にはつきあいきれないと思うでしょう。しかし、それでも当人は平凡に甘んじることができません。安定した生活を維持するためには、仕事や日常の中に刺激や興奮を見い出して、目標を追求するこが大事です。

配偶者をはじめ自分に関わりのある人を裏切ることは絶対にありません。そういった意味では、人生や仕事のパートナーとなる相手は幸せです。とはいえ、人生のゴールと定めた地点に到達するのに長い時間がかかるため、パートナーになる人は理解と忍耐を求められるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。

月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。

甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

20日生まれの人は、ナンバー2(2+0=2)と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、物静かで想像力に富み、感情表現が豊かです。一方で、周囲の批判や不用意な言動に傷つきやすい性質をもっています。また、些細なことに腹を立てたり、イライラしやすい面があります。

7月20日は、月(蟹座の支配星)と太陽(獅子座の支配星)の影響を受ける蟹座~獅子座カスプ(7月19日~25日の蟹座と獅子座が混じりあう場所)に当たります。月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。太陽は創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。

これらの性質を受ける7月20日生まれは、20日も蟹座も月の支配を受けるため、感受性が豊かで、感情に流されて行動する傾向が強まります。また、生活が不安定になりがちで、落ち着きに欠けるところがあります。しかし、目指すものがハッキリしていれば、太陽の影響を受けて、頼れる存在になるはずです。

タロットが導くカード

20日の大アルカナ・カードは審判、あるいは覚醒をあらわしています。このカードは、肉体的な欲望を忘れ、高い精神性の追求と人間の上にいる無限の存在に気付くよう促しています。つまり、最終的な審判は、神が行うということを知らしているのです。

カードにはトランペットを吹く天使が描かれ、より大きな目的があることに気付くよう警告しています。また、トランペットの音は、新しい日の到来を告げており、人間はその新しい日をどう過ごすか試されるのです。
その他、トランペットの音があらわしているのは、狂気、極度の興奮、バランスを失うこと。また、卑しい衝動に従い欲望を満足させることを警告しています。

このカードは、7月20日生まれの人に、高みを目指しながらも、安定を維持する大切さを思い起すことが大事とも告げています。

健康について

体を消耗させないように注意してください。限界に気がつかず無理を重ねると、大事故にあったり持病を抱えたりする恐れがあります。かかりつけの医師や友人の忠告を無視してはいけません。プロのスポーツ選手でないかぎり、運動はほどほどにしてください。

薬によって気分を激しくアップ・ダウンさせるのは危険です。薬には頼り過ぎないよう注意してください。食べ物はできるだけ様々な種類を摂るようにして、1つのものだけにこだわらないようにしてください。

7月20日生まれの方へ

どんなに心地よくても、妥協の誘惑に屈してはいけません。遠くにそびえる山に目を据えて、内なる声に耳を傾けましょう。心をとぎすませ、やるべき答えを引き出し、行動してください。ただし、大事な絶対に守らなければならないものがあるのなら、潔く現状維持に努めてください。

【瞑想の言葉】

人のタイプは2つしかない。すぐ満腹する人と、いくら食べても満腹しない人。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link