12月18日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月18日【射手座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

12月18日生まれの人は、粘り強く、何年も頑張り続けることが出来ます。ですから、長い時間をかけて取り組む仕事に向いていますが、この性質は、仕事がうまくいっていないときに問題となります。計画を途中で諦められない習性が、足を引っ張ることになるようです。
友人や恋人を相手にしたときも、こうした諦めの悪い態度をとることがあります。人とのつながりをもっと簡単に断ったほうがいいと言っているのではありません。相手が自分の思い通りにはならないことを理解し、相手が求めるものに変えてゆくべきなのです。


Sponsored Link


12月18日が導く運勢

【大きな構想を抱く人】

人生は壮大に描かれた絵画という感覚を持っています。大きな構想を立てて、はるか先まで見通しますが、細部も見過ごしません。実際、長期にわたるプロジェクトでも、コツコツと仕事を進め、集中力を失わないでしょう。そして質と量ともに優れた結果を出します。とはいえ、わき目も振らずに働いたにもかかわらず、仕事の達成量の多さからかえって手を抜いたと非難されることもあります。質を保ったまま大量の仕事を仕上げることなどありえないという人もいるのです。結局、評価は人がするものです。人間関係には注意して仕事をする必要があるようです。

【長 所】

  • 役に立つ
  • 朗らか
  • 根気強い

【短 所】

  • 何かに気を取られやすい
  • フラストレーションが溜まりやすい
  • 頑固

心理/性格

周囲の人の生活に影響を与えすぎないよう注意が必要です。また時に「ほっといてくれ!」と、この世で最もわがままな要求をすることがあります。仕事は、上手に振り分けて苦労を分かち合うことも大切。自分一人ですべてできると過信しないように。

エネルギーに満ちた至高の世界に住み、高い理想を目指した複雑な計画を打ち立てます。自由に思考をめぐらせ、限界まで体力を使います。しかも特別な努力や意識を必要としません。ですから、子供のときは、自由な環境を与えた上で遠くから見守ってくれるような両親と、暖かく健全な家庭が必要です。そして、親になったときは、ただ家庭を築くのではなく、子供を自由にさせ、穏やかに指導することを忘れないでください。子供を威圧しないよう気をつけましょう。

自分の中の非常に優れた能力に気づいていない人もいるでしょう。その力があまりにも大きくて、気づくのが怖いのかもしれません。そういう人にとっては、自分の性格と才能を生かせるライフスタイルや職場環境を確立することが重要になります。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

射手座(11月22日~12月21日)の特徴

射手座は、人の一生を星座の12期に分割すると第9期(56歳~63歳)に当たります。この年齢から得られる、射手座のパーソナリティは、家族や仕事の責任を離れて、個人的または普遍的な関心事に専念し始める有力な大人に例えられます。また、巨大な惑星である木星に支配される射手座は、人間精神における鉄人的な態度(何ものにもとらわれない楽天的なところや細部にとらわれずに全体が見られる能力)の増大を象徴します。

射手座のシンボル射手は、半人半馬の賢者ケンタウロスです。射手座の哲人が放つ矢は、ものごとの核心を射貫くことで、人間を高い精神に引き上げ、星の世界までも連れて行きます。この射手座の精神世界は、目標を遠くにおきすぎて、挫折することもありますが、一方で、人が下劣な卑しい行為に陥ることを防ぎます。

射手座を支配する木星のエネルギーは、本人だけでなく他人にも、物事の良い面を見るようにしむけます。また、木星から豪放さや楽天性、全体像を見ようとする欲求などが与えられます。ところが、理想主義的な意見が災いして論争に巻きこまれることもあります。
射手座生まれには、より高い真実を求めて現実社会の価値観を否定するところまで行ってしまう人も少なくありません。自分と異なる信念をもった人をあまり非難しないよう気をつける必要があります。

射手座生まれの人が移動と旅行を好むことはよく知られていますが、居心地がよければ、同じ場所に留まって、思索の世界を探求することに満足することもあります。基本的に、退屈することは滅多になく、常に新たな自己表現の方法を求めています。また、世界をもっとよく知ろうと努めますが、人間が見習うべき理想として、自然や動物に特別の関心を示すでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

18日生まれの人は、ナンバー9(1+8=9)と火星に支配されています。9は特別なナンバーです。あるナンバーに9を足すと各位の数字の和が必ずもとのナンバーになり(例:5+9=14➡1+4=5)、また、9をかけた場合は各位の数字の和が必ず9になる(例:5×9=45➡4+5=9)というように、他のナンバーに強い影響を与えます。このため12月18日生まれの人も周囲に対して大きな影響力を振るいます。一方、火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。

12月18日は、射手座を支配する木星の影響も受けます。木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。

これらの性質を受ける12月18日生まれは、引き受けた仕事は必ず成し遂げる力をもつでしょう。注意すべきは、その力の使い方を誤ったり、暴走させたりしないようにすることです。
目的のためとは言え、手段を選ばず、倫理観の無い言動は破滅を招きます。多数派の意見に惑わされることなく、少数派の意見にも耳を傾け、責任ある行動をとるよう心掛けてください。

タロットが導くカード

18日の大アルカナ・カードは月。主として夢、感情、無意識の世界を象徴しています。

このカードのもつ良い面は、繊細さと相手に共感し理解すること。悪い面は、感情に流され受け身で自分がないところです。

健康について

限界を超えた活動をしないよう注意。とりあえず、自分に限界があることを知るだけでもいいでしょう。頑張り過ぎて燃え尽きてしまう恐れがあります。また、道を外れて、現実とかけ離れた夢の国に逃げ込んでしまうことも多いでしょう。いつでも物事を客観的に見ることが大切。

誠実に接してくれるパートナーや友人、先生、セラピスト、聖職者は頼れる存在です。辛い時期には支えとなってくれるでしょう。限界を考えないため、体の疲労が問題になりますが、精神のトラブルの方がさらに深刻です。

バランスの摂れた食事を心がけ、特に穀類と野菜を欠かさず、糖分やアルコールは控えるように。勇気を出して休暇を取り、何もせず、ただのんびりする時間を持ちましょう。

12月18日生まれの方へ

途方もない野心や夢や願望をもてあましてしまう人もいるようです。自分の行動の限界を知り、実現可能な見通しを持って計画を立てなければいけません。そして何よりも、快適で効率よく作業のできる環境を作ることが必要です。できれば、愛情と理解を持ったパートナーを見つけること。

自分の中に静寂と平穏を見いだしましょう。何もない空間にも意味はあるのです。隙間を埋め尽くしたり、用もないのに動き回ったりするのは無駄です。人の才能や能力も尊重すること。

【瞑想の言葉】

何もしないでいることは、何かをするのと同じくらいの努力がいる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link