7月21日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月21日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月21日生まれの人は、基本的に目立ちたがり屋で、大勢の人の前に出てワクワクするような興奮を味わうのが大好きです。ですから、様々な興奮に惹かれやすく、特に争い事がもたらす興奮には、魅了される傾向にあります。戦争をモチーフにしたゲームやホラー映画、スリル満点の乗り物などにはまりやすいところがあります。


Sponsored Link


7月21日が導く運勢

【悲喜こもごもの毎日】

努力もむなしく、しょっちゅうトラブルに巻き込まれてしまいがちです。とにかく、身辺には常に嵐の気配があり、それも悲劇と喜劇の混ざりあった嵐です。驚いたことに、それは穏やかなタイプの人でも同じで、本人の行動に関係なく、ハラハラするような思いがけない出来事に巻き込まれてしまうようです。当然、派手なタイプの人は嵐の中に自ら飛び込んでいきます。

【長 所】

  • 大胆
  • エキサイティング
  • 肉体的に恵まれている

【短 所】

  • 執着心が強すぎる
  • 自暴自棄になりがち
  • 理屈をこねたがる

心理/性格

機転の利いた討論や反論を得意としています。討論好きが幸いして、問題を両面から検討するので仲裁役としても優秀です。対立することは嫌いではないので、他の人が参ってしまいそうな問題も、うまくさばけるでしょう。また、抜群のユーモアセンスで難局を切り抜ける場合もあります。

気分の揺れが激しいほうかもしれませんが、状況に応じて、非常に冷静になることもできます。他の人が動揺していても、その影響を受けません。ですから、もめごとが起これば呼ばれることもあるでしょうし、自ら率先して首を突っ込む場合もあります。

社交の場で人気者になれる人です。そこにいるだけで場が華やぎ、楽しいひとときを演出することができます。とはいえ、討論好きが過ぎると、バトル大好き人間などという烙印を押されてしまうかもしれません。社交の場ではユーモアを忘れずに。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹(かに)座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。

月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。

甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

21日生まれの人は、ナンバー3(2+1=3)と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は野心が強く、ときに横暴な態度になることがあります。木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的な性質をもたらします。

7月21日は、月(蟹座の支配星)と太陽(獅子座の支配星)の影響を受ける蟹座~獅子座カスプ(7月19日~25日の蟹座と獅子座が混じりあう場所)に当たります。
月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。太陽は、創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。

これらの性質を受ける7月21日生まれは、次に控えている、獅子座とナンバー3の影響により、論争好きなところがありますが、行き過ぎた発言がないよう気をつけないと、周囲の反感を買い協力を得られない恐れがあります。また、木星のもつ楽天性の影響を受けてなり得る、誇大妄想癖や現実逃避にも気をつけてください。蟹座を支配する月によって予知能力は強まるようですが、妄想と予知を混同しないよう要注意。

タロットが導くカード

21日の大アルカナ・カードは世界。エネルギーを与える杖を両手に持ち、走る女神が描かれています。女神は世界の頂点に立ち、真理をあらわす存在です。彼女には無限の力があります。

このカードが象徴しているのは、この世界で達成できる、すべてのこと。また、報酬と完全性を意味しています。一方で、挫折、苦悩、甘えなどの悪い面も意味しており、克服できない障害があらわれることも警告しています。

健康について

明日のことなど考えず、常に危険を追いかける人が多いだけに、自分の体や健康には絶対の自信をもっています。ですから、病気や怪我などに見舞われても、運が悪いだけと考えます。基本的に、病気の予防につとめる時間は無駄だと思ってる反面、経験や本などから得た自分なりの健康法を信じて実行しています。

食生活に関しても、健康に自信をもっているので、食べたいものを好きなだけ食べます。深刻な病気になるまで、注意しても、なかなか直らないので、せめて運動だけは習慣づけるようにしてください。

7月21日生まれの方へ

リスクを負いたがる傾向を抑えないと、克服できない障害にばかりぶちあたり挫折や苦悩の連続になりかねません。自分の核となるものを強化し、己の実力を知ることが大事です。自分自身を誇大評価してはいけません。

話し合いや討論の場では、いきなり却下しないで、反対意見も考慮しましょう。争いをけしかけるような、横暴な態度には気をつけてください。

【瞑想の言葉】

シンクロニシティは宇宙の法則。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link