7月22日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月22日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月22日生まれの人は、仕事面において平坦な道を歩くことができません。素晴らしい幸運に恵まれたかと思うと、これ以上はないというほどの不運にも見舞われます。長い間苦労してやっと頂点を極めたのに、すぐに転落の憂き目を見るという場合もありますが、不遇時代が続いた末に、天高く輝く星となる喜びを味わう場合もあります。また、死後に名声が高まるというケースも少なくないでしょう。


Sponsored Link


7月22日が導く運勢

【ジェットコースターのような運命】

変動が激しいのは仕事に関してばかりではありません。恋愛、結婚、離婚、別居など、様々な事件の中で、感情の浮き沈みを経験するでしょう。社会的な地位を得ると支配的な性格になり、諦めを知らない人間になりがちです。こうなると、得意の絶頂で叩きのめされることになります。自分の長所、短所をよく理解しないと手に入れた幸福を長続きすることができません。自分の性格を冷静な目で眺め、己をよく知ることが大切です。

【長 所】

  • ダイナミック
  • 勇気がある
  • 上昇志向がある

【短 所】

  • 感謝しない
  • ストレスで消耗しやすい
  • 自己認識の欠如

心理/性格

概して勇敢で素直です。勝ち目はどうあれ争い事もいとわないタイプです。同時に向こう見ずで、頑固なところがあります。弱点は自分の短所に気づかないことです。ですから、生活や性格に改めるべきところがあっても、なかなか直りません。自分のすることは絶対の自信をもっているので、災難が間近に迫った時、本当なら手遅れにならないうちに気づくべきなのに、そのちょっとした兆候を見落としてしまいがちです。

しっかりした意志をもち、荒々しいほど力強く行動するときもあれば、問題に立ち向かう気になれず、グズグズと先延ばしにするときもあります。何かを起こして失敗したら、まずは失敗を認め、次にそこから教訓を学び、それから先に進むことが肝心です。失敗から学ばず、いつも同じ間違いを犯すようでは運からも見放されてしまいます。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹(かに)座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。

月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。

甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

22日生まれの人は、ナンバー4(2+2=4)と天王星に支配されています。天王星に支配される人の行動は、一風変わっていて、激しやすい面があります。ナンバー4は、反抗、個性的な考え方、規則を変えたいという欲求をあらわします。

7月22日は、月(蟹座の支配星)と太陽(獅子座の支配星)の影響を受ける蟹座~獅子座カスプ(7月19日~25日の蟹座と獅子座が混じりあう場所)に当たります。月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。太陽は創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。

これらの性質を受ける7月22日生まれは、蟹座の支配星である月と天王星の組み合わせにより、やや気性の激しい面がありますが、次に控えている、獅子座の支配星である太陽の影響を受け、陰湿なところがなく、「面白く刺激的な人」として周囲から慕われるでしょう。注意すべきは、無謀ともいえる行動です。自分を客観的に見る目をもつと、トラブルを避けることが出来るはずです。

タロットが導くカード

22日の大アルカナ・カードは愚者。ある解釈では、無分別にも断崖の縁から一歩を踏み出そうとしている、と言われています。描かれているのは、判断力をなくした愚か者だという説もあれば、物質的束縛から自由になった無垢な魂の持ち主だという説もあります。しかし、愚者といっても、年齢を重ね、経験を積み、独自のものの見方を身につけることで、愚者のふりをした賢者にもなれることを忘れてはなりません。

このカードのもつ良い面は、抵抗を止めて、本能に従い、自由に行動することです。一方で、愚かさ、衝動、破滅などの悪い意味もあります。

健康について

時間をかけて、もっとよく自分を知るようにしないと、精神面にトラブルを抱えてしまいそうです。十分な検討もなしに大胆な行動をとると心身ともに疲れ切ってしまい、ストレス性の病気になる恐れがあります。その場合、主に心臓、背骨、胃に要注意です。

毎日の栄養補給を十分にするため、バランスのいい食事をきちんと時間を決めて摂ることを習慣づけてください。また、煙草やお酒、コーヒーは、止めないまでも制限したほうがいいでしょう。ときどき休肝日や禁煙デーを設けて、節制するように心がけてください。

7月22日生まれの方へ

生活全般をもっと安定させましょう。大切なのは規則正しさです。何もせずボウっとしているときでも、肩の力を抜いて楽しむことです。充電期間を取り、頭の中を真っ白にしてみましょう。がむしゃらに成功を急がないことです。粘り強く、真っすぐに努力する方が、見返りは大きいものです。

【瞑想の言葉】

すべては一度にやってくる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link