4月21日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月21日【牡牛座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

4月21日生まれの人は、調和のとれた美しいものが大好きです。人工物でも自然なものでも、美しいものを見るたびに、次々と心から愛します。
そのためか、私生活では1人の相手と終生添い遂げることはなく、恋愛沙汰の絶えない波乱に富んだ一生を送ることになるでしょう。愛し愛されることへの欲求が大変強く(特に愛したいという願いが強いようです)、それが満たされないことが原因で、波乱に満ちた人生に踏み込むことも少なくないようです。

女性は素直で、優しすぎるところがありますが、欲しいものがハッキリ分かれば、自立に向けたスタートが切れるでしょう。一方、男性の場合は、何でも自分で出来るという自信が やや過剰なため、人の力を借りることを覚えたほうがいいでしょう。


Sponsored Link


4月21日が導く運勢

【誠意をもって仕事にあたる人】

仕事の上では、完璧を目指します。誠意もあり、自分の発言に責任をもちます。そのため、威厳があり、権力を手にすると天性の能力を発揮するでしょう。

有り余るエネルギーの持ち主で、お金儲けも上手です。人の欲するものを敏感にキャッチできるので、流行の発信源として成功している人も多いようです。ただし、この日生まれの人にとって重要なのは、お金ではなく、あくまで名声のようです。

【長 所】

  • 趣味がいい
  • 面倒見がよい
  • パワフル

【短 所】

  • 浪費癖がある
  • 自分を甘やかす
  • 防衛本能が強い

心理/性格

見た目は仕事人間に見えますが、休養や気分転換を求める気持を強くもっています。休暇の間はストレスを解消し、充電し、想像力を羽ばたかせるでしょう。睡眠、休憩時間、休暇などが十分でないと自分を見失ってしまいます。もともと仕事人間ではないので、仕事に対して、異常なまでにプレッシャーが掛かってしまう場合がありますが、これは責任感が強いからでしょう。

とりかかった仕事は最後までやり遂げる人ですが、しくじりを非難されたり、仕事を断わられたり、また大衆の好みから外れてしまうと、それが痛手となってひどく落ちこむこともあるようです。しかし、幸いにして立ち直りが早く、生存本能も人一倍強いので、さほど心配する必要はないでしょう。

4月21日は、女性に強いエネルギーをもたらす日です。この日生まれの女性は、30代後半から40代前半になって、やっと天職を見つけることがあります。それまでは主婦の座に安住していたり、自分の能力に気づかなかったりするでしょうが、いったん自分の生きる道を見つけると立ち止まらずに前進し、それが良い結果になるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

牡牛座(421日~521日)の特徴

牡牛座は、人の一生を星座12期に分割すると、第2期(7歳~14歳)に当たることから、成長と発達を意味し、身辺の管理を覚えていく子供に例えられます。この、少年期から思春期への成長は、何が自分のもので、何がそうでないかを学ぶ時期でもあるため、牡牛座の人は、大切なものを維持管理することが主要なテーマになります。

金星に支配される牡牛座は、調和を求め、身のまわりを美しくすることに関心があります。物質界との関わりが深いため、大切なものを所有することと安全を確保することが、人生に大きく影響するでしょう。

牡牛座は、シンボルの雄牛さながらに頑固で闘争的です。しかし、調和を求めるので、意外に柔軟なところもあります。また、牡羊座は、何にでも興味をもつところがあります。特に、異性、食事、スポーツなど、肉体に関するすべてに関心を寄せるでしょう。

基本的に、プロジェクトを立ち上げ、形にすることを得意とします。
牡牛座生まれの人は、じっくりと考える能力が発達しており、周到な計画をたて、時が熟するのを待って実行に移す慎重さがあります。しかし、物事を先延ばしにして、行動のきっかけをなくすこともあるようです。

牡牛座生まれの人は、集団に属することを好む半面、かなりの部分を自己裁量でやりたいと願います。支配したいという欲求が強いため、いつまでも追随者ではいられません。
頑固者との評判どおり、一緒に働く人々に対して譲れない線を示すことも多いでしょう。

特徴的なのは、周囲の人に対して最もプラスになることを心に留め、人の為に生きようとすることです。しかし、「自分のやり方以外は認めない」と主張するところがあり、誤解を招くことが多々あるようです。
頑固な態度は、自分優先に利益を守ろうとしているのでは? という印象を周囲に与えるため、利己的と非難されないよう言動には注意してください。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

21日生まれの人は、ナンバー3(2+1=3)と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は、自分のテリトリーでトップを目指します。このため、自由でいられるフリーランスの仕事や自営業で生計を立てたいと思うでしょう。
木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。一方で、やや非現実的なところもありますが、ナンバー3の影響を受けることで、精神面でも肉体面でも様々なことに集中して取り組むでしょう。

4月21日は、火星(牡羊座の支配星)と金星(牡牛座の支配星)の影響を受ける牡羊座~牡牛座カスプ(4月19日~24日の牡羊座と牡牛座が混じりあう場所)に当たります。
火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。この火星の熱いエネルギーは、仕事に関して良くも悪くも大きな影響を及ぼします。攻撃だけで、仕事をこなすことは難しいと知り、熱い想いはコントロールすることで、大きな成果が得られるはずです。
金星は社交をつかさどる惑星です。また、美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあります。

これらの性質を受ける4月21日生まれは、木星と金星の影響が強く働き、男女が集まる社交的なものを好みます。そのため、おしゃれで見栄っ張りのところがあり、浪費癖が心配されます。また、借金を負ったり、一握千金を狙って失敗したりすることがあるようです。
くれぐれもお金の使い方には注意してください。

タロットが導くカード

21日の大アルカナ・カードは世界。エネルギーを与える杖を両手に持ち、走る女神が描かれています。女神は世界の頂点に立ち、真理をあらわす存在です。彼女には無限の力があります。

このカードが象徴しているのは、この世界で達成できる、すべてのこと。報酬と完全性を意味しています。
一方で、苦痛や甘えなどの悪い面もあらわしています。また、克服できない障害と挫折を警告しています。

健康について

慢性の病気にかかりやすく、健康を気にしすぎて心気症になる人もいます。精神を安定させるには、エッセンシャル・オイル、マッサージ、カイロプラクティックなどが効果的です。

単なるのどの痛みから中耳炎や耳下腺、唾液腺、さらには甲状腺など、首やのどの病気に要注意。規則正しい運動はプラスですが、休養や快適な暮らしが好きなので、なかなか続かないようです。運動は一人ではなく、気心の知れた仲間とやるのがいいでしょう。

男女とも料理が得意で、食べることも大好き。その上、運動不足になりがちなので、肥満にはくれぐれも気をつけましょう。運動が嫌ならガーデニングがおすすめ。

4月21日生まれの方へ

他人にしつこく干渉しないこと。威圧的な態度になりがちなので要注意。ときには人の力を借りてもかまいません。

真の優しさには人を変える力があります。無条件の優しさを身につけ、忍耐力をもって、本当に欲しいものを早く見つけましょう。

【瞑想の言葉】

核エネルギーを重視して料理を軽んじる文明は、必ずや破滅に向かう。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link