2月10日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月10日【水瓶座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

2月10日生まれの人は、持っている全エネルギーを情熱に変換しつつ、感情を冷静に保つことができます。ですから、周囲の人の気持ちに直接訴えはしますが、自分の感情をあからさまに出すことはありません。

基本的に、客観性が成功の秘訣と考えているのでしょう。ただし、いつも注目の的になろうとするのは考えもの。他の人にチャンスを譲り、模範として、また教師として知識を分け与えることも人間的な成長を遂げるためには大切です。


Sponsored Link


2月10日が導く運勢

【喝采に憧れる人】

この日に生まれた人は、大衆に愛されたいと願うと同時に、専門家からも評価されたいと考えています。自分の業績が社会的にも文化的にも高く評価されることを望む人が多いようです。

ただし、人気を得るためだけに自分の方針を変えることは滅多にありません。基本的には「イエスかノー」かの姿勢なのです。これは必ずしも喧嘩や対決を好むというわけではなく、ただ自分のやり方を貫く以外に手段がなく、それに自信を持っているということでしょう。

【長 所】

  • 個性的
  • 自信に満ちている
  • 感情移入できる

【短 所】

  • 神経質
  • 自分のことで頭がいっぱい
  • 近寄りがたい

心理/性格

経験を重ね精神的に成熟してくると、躍起になったり、誠実さを犠牲にしたりしなくても、おのずと周囲から認められるでしょう。ただし、認められるというより、想像力あふれる強烈な考え方と自信を持って貫く姿勢に、人々が圧倒されてしまうことも多々あるようです。この場合、残念ながら、周囲の評価は「頑固で融通の利かない人」となるでしょう。

仕事や生活全般に対して大きな責任を感じる反面、対人関係においては他人に対する義務感に乏しいようです。家族を無視するような態度を見せたり、友情を当然のものと考えたりなど、親しい仲間を軽んじてはいけません。思いやりと分かち合い、そして進んで犠牲になろうという覚悟こそ、目標を目指す上で忘れてはならないテーマと心得てください。

人々に認められ、ちやほやされながらも、結局は一人ぼっちということもあり得ます。しかし、孤立の危機を早めに察知し、自分自身を変えられれば、こうした運命を避けることはできます。たとえ孤立しても、人との絆を修復するのに遅すぎるということはありません。他人の気持ちが分からない人ではなく、あくまでも順応性や自覚の問題です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

水瓶座(1月21日~2月19日)の特徴

水瓶座は、人の一生を星座の12期に分割すると第11期(70歳~77歳)に当たることから、現世からの離脱の進行を感じさせます。このため、どこかハッキリしない夢見がちな(しかし賢明な)言動が特徴としてあらわれるでしょう。

水瓶座の人は、高貴な理想に邁進し、科学的・普遍的な真理を尊重します。ただ、客観性を重んじるため、冷たいとか感情がないなどと非難されることがあります。また、状況を敏感に察知し、素早く反応して、楽々と世渡りするため、調子のよい人間と見られる事もあります。

天王星に支配される水瓶座は、予測不可能で、エキセントリックかつ不安定な言動が生じやすく、いろいろな意味で変人という評判をたてられることが多々あります。水瓶座の行動を予測することは不可能かもしれません。その突発的な行動を阻止しようと、ルーティーンワークに縛りつけておいても無駄なことのようです。想像力を羽ばたかせる余地を十分に与え、制約は可能な限り取り除いてやらないと、せっかくの才能が埋もれてしまいます。

基本的に、陽気でオープンな態度で人生に向かいます。ただし、拒絶されると困惑し、急に閉鎖的になる場合もあります。また、他人と衝突したり、ストレスのかかる要求をつきつけられたりすると、逆上し突如攻撃に転じるか、黙って姿を消してしまうこともあるでしょう。
ちなみに、水瓶座の人は、不思議と本人とは対照的な、深く暗い側面をもった相手に、強烈に惹かれることが多いようです。

水瓶座を支配する天王星は不安定な軌道をもち、どんな抵抗も打ち砕くほど強力です。このエネルギーは、損なうことなく、適切な方向に導かなければなりません。
水瓶座は、科学および超感覚的な力を与えられており、まもなく始まろうとする新たな千年紀の象徴でもあります。この千年紀に、世界は変わることでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

10日生まれの人は、ナンバー1(1+0=1)と太陽に支配されています。ナンバー1に支配される人は、たいへん個性的です。また、人の意見に惑わされることは滅多になく、何事にも1番を目指します。一方、太陽は、創造エネルギーと情熱を象徴し、人々に活力を与える存在です。この太陽エネルギーは、しっかり方向を定めて、力を継続して使うことが大事です。

2月10日は、水瓶座を支配する天王星の影響も受けます。天王星は独創性や反抗精神など、急激な変化や思いがけない行動をつかさどります。天王星は不規則な動きをすることから、単純な行動を嫌います。ただ、衝動的でありながら自然なエネルギーを出すため、周囲から極端に嫌がられることはないでしょう。

これらの性質を受ける2月10日生まれは、太陽のもつ前向きさが天王星の独創性を後押し、ハッキリした考えをもつようになります。ただし、熱中するほど、融通が利かない頑固者になるようです。
行き詰った時ほど、人の話を聞くようにしましょう。時には頑固さも必要ですが、あまりに意固地になると、目の前の危険さえも見えなくなるので注意してください。

タロットが導くカード

10日の大アルカナ・カードは運命の輪。この運命の輪は、「上昇と下降」「勝利と敗北」などの、人生における「成功と失敗」を象徴しています。つまり、このカードは未来における逆転を暗示し、変化のみが永遠であることをあらわしています。

ナンバー1と10に支配される人は、いつもチャンスを掴もうとしていますが、やみくもに動いてはいけません。注意しなければならないのは、巡り合わせです。カードが示すように、良い事(悪い事)だけが巡ってくるわけではありません。

良い事の後には気を引き締め、悪い事の後には次のチャンスのために準備して待つことが大事です。運命の輪は必ず回転するものと思ってください。

2月10日生まれの人は、時折の失敗を乗り越え、その失敗を教訓にして、次に活かすことが特別の課題になるでしょう。

健康について

きわめて敏感でストレスにも極端に弱いため、神経系を鎮めることが大事です。頭の働きが活発すぎて、睡眠や十分な休息を取れないこともあります。世間の要求を締め出す私的な避難所として、心からくつろげる家庭を作ることに専念してください。この日生まれの人は、理解あるパートナーや、変わった性格や欠点や短所をありのままに愛してくれる人を見つける必要がありそうです。

食事は、健康に差し支えない範囲で、出来るだけ美味しいと感じるものだけを食べるようにしてください。ただし、味付けの濃いものに騙されないように、特に塩分には注意しましょう。また、様々な食材を自由に摂るのはよいのですが、リラックスして食べることが大切です。

2月10日生まれの方へ

小さなことも大切にしてください。些細なことが理屈っぽさを和らげてくれることもあります。自分が取り組んでいることにあまり夢中になり過ぎないようにしましょう。目の前のことをおろそかにしてはなりません。

【瞑想の言葉】

人気や実力だけでなく、皿洗いやモップ掛けも大事な仕事。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link