11月15日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月15日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

11月15日生まれの人は、生きてゆく中で経験する興味深い出来事、またそれまで知らなかった人との強烈な出会いに何度も遭遇するでしょう。そのための心構えとして、予測できないものには漠然と、決まっている事柄に対しては意識的に、準備をしておくことが大事です。そうすることで、自分のためだけでなく、助けを必要とする人たちのために闘い、世の中に貢献することが出来るでしょう。


Sponsored Link


11月15日が導く運勢

【終末を予感する危険な恋人】

終末を予感しているようなところがあるため、最悪の事態を予期し、最悪がどんなものかを想定しています。基本的に、「人生には、あらゆる類の爆発がつきものだし、フラフラした行動は、地雷を踏む可能性があり慎むべき」と考えており、行動のタイミングを心得た人です。そのため、終末を予感すると、むやみに動かず、ここぞというタイミングとスピードで、行動を起こすことが出来るでしょう。

安全を重視する人が、この日生まれの人を、恋の相手として選ぶのは考えものです。ただし、スリル好きな人にはぴったりの相手です。

【長 所】

  • 慎重
  • 正義を重んじる
  • 勇気がある

【短 所】

  • 移り気
  • 事故に巻き込まれやすい

心理/性格

対決を辞さない人として知られているはずです。面倒くさかったり、不都合のために問題を避けたり、同意できない意見に妥協したりすることは、まずないからです。ただし、無意味な議論や、自分の威厳を損なうだけの勝ち目のない闘いは避けるでしょう。

かなりの忍耐強さを見せるときがあります。待つことの重要さを知っており、行動すべきタイミングは狂いません。傍目には、あまりに慎重すぎて失敗を恐れているように見えるかもしれません。確かに、その慎重さには恐怖心が一役買っていますが、それも現実として何を恐れるべきかを本能的に察知しているからです。

礼儀正しさを重んじますが、その一方で、そんなものは無視したいという誘惑に駆られるでしょう。その結果、どちらを重視すべきか内心に葛藤が生じます。また、魅力的で洗練された雰囲気を持っていますが、その本当の性格は、気まぐれの影に隠れて誰も気づきません。行動的な強い面は、突然不意に現れ、相手にかなりの動揺を引き起こします。そのためか、恋愛も激しくスリリングなものになりそうです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

15日生まれの人は、ナンバー6(1+5=6)と金星に支配されています。ナンバー6に支配される人にとって、愛は人生最大のテーマ。また、金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあるため、15日生まれは、愛情や尊敬の対象となります。

11月15日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける11月15日生まれは、冥王星の特徴でもある「飽くなき野望」が影響し、興奮と誘惑に駆られ、危険で不穏な要素のある出来事に足を突っ込んでしまう恐れがあります。特に恋愛に関しては、道徳に反しないよう要注意です。
人生には様々な不運が付きものですが、調子の悪い時ほど冷静に、そして人に優しくすること。そうすることで、周囲から尊敬され、人々から崇拝されることさえあるでしょう。

タロットが導くカード

15日の大アルカナ・カードは悪魔。お金や権力に魅力を感じたり、情熱や不条理を感じたりするときに、頻繁に生まれてくる不安や欲望をあらわすカードです。悪魔は、物質的な満足感や金銭を求める人間の気持につけこみ、虜にしてしまいます。

悪魔が象徴するのは、安定にしがみつく人間の本質なのです。また、男女の気質のなかにある相容れない部分を利用して、人間を混乱させようとするのも悪魔です。しかし、男女の性的魅力と情熱的な欲望の表現は、このカードのあらわす良い面でもあります。さらに このカードは、肉体に縛られていても精神は自由に羽ばたけることを思い出させてくれます。

11月15日生まれの人は、制御しきれない恋愛感情に注意しなければ、取り返しのつかない状況に追い込まれる可能性があります。好きになった相手を不幸にしてはいけません。

健康について

感情面について一考を要します。対決姿勢をとることや、(口には出さずとも)報復をちらつかせるのは、自分にも多大なストレスを与えます。事故や暴力に巻き込まれがちなので、行動はもちろん、そうなりやすい性分にも注意しなければなりません。真の強さは防御のときに発揮されると心得てください。

食事は肉を控え、砂糖もほどほどにすること。米、小麦(パスタ)、トウモロコシなどの穀物がいいでしょう。また、野菜スープ、シチューなどの栄養豊富な食べ物もおすすめです。

積極的に体を動かす運動は、あり余るエネルギーやフラストレーションの発散に効果的です。ただし、競技スポーツや武術は、異常に競争心が出るため、注意が必要です。

11月15日生まれの方へ

精神面のトレーニングが大切です。攻撃的な衝動や恐怖感を捨てましょう。そんなに簡単に怖がってはいけません。自分に自信をもつこと。やさしく親切になれるのも、強さがあってこそです。

【瞑想の言葉】

手出ししないことが最高の勇気。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link