10月9日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月9日【天秤座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

10月9日生まれの人は、周囲の人々や出来事を、的確に厳しく見定めます。その一方で、人情に厚く、非常に寛大です。また、大変魅力的で、人を惹きつける力を持つ人も多いでしょう。ただし、人には鋭い洞察力を働かせても、自分に関しては冷静になれず、感情的な理由で精神のバランスを崩すこともありそうです。


Sponsored Link


10月9日が導く運勢

【鋭い洞察力の主】

すべてを見抜き、周囲に対しても鋭い眼力を働かせる人です。ところが、いざ自分のこととなると、実に非現実的で、当たり前のことさえ見失ってしまいます。そのため、他人に心を奪われ、惑わされ、傷付けられ、振り回されることもあるでしょう。また、後から、相手を慕っていたことが大きな誤りだった気づくこともあるようです。注意しなければならないのは、大切なものを失う前に冷静になることです。

【長 所】

  • マルチタレント
  • 観察力がある
  • ひらめきがある

【短 所】

  • 分類不能
  • 浅薄
  • 独りよがり

心理/性格

大変感受性が強く、芸術的な才能に恵まれますが、恋多き人でもあります。常に恋愛していたいと思い、恋愛が生活の重要なテーマになります。ですから、恋する感情が、精神力や信仰の助けとなったり、逆に障害になったりします。

実に多彩な人だけに、持っている才能を上手に使いこなさなければなりません。心理(鋭い洞察力)・言葉(巧みな表現力)・精神(確固たる信条)・肉体(魅了する体)が、それぞれ勝手な働きをしないように調和を保つことが大切です。

この日に生まれた男性は、非常に女性的な特質(感受性が強い、寛容)を持ち、女性は、男性的な性質(外向性がある、積極的)を持っており、そのために話が余計複雑になりやすく、理解しにくい人間です。しかし、一方で、人々の才能を引き出し、目標を達成できるように導くことを大の得意としています。人を勇気付け、前向きに付き合えるのですから、自分自身にもこうした姿勢で向き合うことが大事です。

他人にアドバイスや助けを求めるのは、恥ずかしいことではありません。自分の行動の盲点は、忍耐と努力によって克服できるはずです。物事の決定を先延ばしにせず、いざというときには、自分の内なる声に耳を傾け、断固とした態度で挑む覚悟をもちましょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

天秤座(923日~1022日)の特徴

天秤座は、人の一生を星座の12期に分割すると第7期(42歳~49歳)に当たります。このため天秤座は、人生後半の生活様式を形成しようとする成熟した大人に例えられ、この世の舞台で自分が果たす役割を完全に理解しています。また、人生におけるバランスの必要性を強調しています。実際、天秤座は選択肢を秤(はかり)にかけることが多く、それがよく考え抜かれた意見となることもあれば、優柔不断や迷いに繋がることもあります。
特徴として、誰に対しても公平な態度を心掛け、物事が問題なく円滑に進むことを望みます。しかし一方で、論争好きな態度や振る舞いから騒動を引き起こすことがあります。また、計画をあらゆる方向から検証したがるため、実行を先延ばしにする傾向があり、急いで結論を出すことを頑なに拒否します。ゆったりと息をつけるスペースを必要とし、人ごみの中や圧迫を感じる状況ではナーバスになるようです。
注意しなければならないのは、フェアな精神です。公平を求めるには、中道を探らなければなりません。受け入れすぎても、批判しすぎても、それぞれ落とし穴があることを覚悟してください。
エネルギッシュでスタミナあふれる天秤座の人は、「鋭い感覚」「魅力」「優雅さ」をもっています。そのため、遊びや仕事の仲間として人気があり、大抵の人から好意的に評価されるでしょう。しかしながら、自分の考えを他人に押しつけがちなところは、要注意です。また、魅力をとても重視しますが、見かけに振り回されないよう用心することです。見かけにこだわりすぎると、品位を犠牲にすることにもなりかねません。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

9日生まれの人は、ナンバー9と火星に支配されています。9は特別なナンバーです。あるナンバーに9を足すと各位の数字の和が必ずもとのナンバーになり(例:5+9=14➡1+4=5)、また、9をかけた場合は各位の数字の和が必ず9になる(例:5×9=45➡4+5=9)というように、他のナンバーに強い影響を与えます。このため、10月9日生まれの人も、周囲に対して大きな影響力を振るいます。また、火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。

10月9日は、天秤座を支配する金星の影響も受けます。金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴です。また、社交的なところが強調されます。

これらの性質を受ける10月9日生まれは、火星のもつ押しの強さが、天秤座にありがちな優柔不断なところを打ち消し、即断即決することが多いでしょう。特に、女性はこの傾向が強く出るようです。また、金星と火星の組み合わせは、性的な魅力を強調するとも言われています。注意すべきは、安易で浅はかな判断です。特に、その場しのぎの判断に終始しているようでは、希望とするものが遠のくばかりです。

タロットが導くカード

9日の大アルカナ・カードは隠者。通常はランプと杖をもって歩く姿が描かれています。隠者は瞑想、孤独、静寂の象徴。また、知恵を使うことや修行を積むことも意味しています。隠者は人々の良心を呼びさまし、導きます。

このカードのもつ良い面は、粘り強さ、目的意識、知識の深さ、集中力。悪い面は、独断、心が狭いこと、不信、落胆です。10月9日生まれの人の場合、隠者の悪い面が出ないよう、内省的になることが大事です。

健康について

物事が思い通りにいかないときの「憂うつ」「怒り」「困惑」などに注意しましょう。支配力を振るおうとする手ごわい相手には、毅然とした態度で立ち向かうこと。

波風が立つのを嫌い、自分の本音や希望を押し殺してでも、無理に和を大切にしようとすると、心身共に疲れ果て、結局は、魂を売り渡し、自分の意思をなくしてしまうようです。このような事態になる前に、精神修養や宗教、自己啓発トレーニングなどが助けとなるかもしれません。注意しなければならないのは、抗鬱剤や鎮静剤(精神を高揚させるもの、または鎮静させるもの)の過度の服用です。薬物の常用には十分な注意が必要です。

10月9日生まれの方へ

強い意志を持ちましょう。人の機嫌ばかり気にしてはいけません。目を開いて、厳しく判断すること。自分の気持ちを大事にして、大切なものを見失わないこと。希望を実現すれば幸せにつながります。

【瞑想の言葉】

「雪解けを待つか、雪解けを待たずに行くか」決断のポイントは、あえて厳しい選択をすることです。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link