1月15日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月15日【山羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月15日生まれの人は、英雄的行為を避けて通ることが出来ません。自分の中に怖れを知らない部分があると不意に悟り、その後はその勇気を頼りに危機や苦悩を乗り越えていく宿命を負っているのです。

運命が闘いを課すまで、自分に英雄的な気質があると気づかないこともしばしばです。その日までは、きわめて穏やかな、ごく普通の生活を送るでしょう。この潜在的な能力を引き出す決定的な転機は20代後半にやって来ます。


Sponsored Link


1月15日が導く運勢

【ヒーローに憧れる人】

子供時代に英雄に憧れたり、ロマンチックな夢を抱いたりしますが、対象は必ずしも実在する人間ではありません。両親の場合もありますが、往々にして自分が惹かれる相手に夢を投影することが多いようです。

ヒーローやヒロインの役割を引き受けることは、この日生まれの人にとって一種の通過儀礼のようなもので、それができないとその後の成長が難しくなることもあります。中には自分が親になったときに我が子のヒーローとなることでその役割をまっとうする人もいるでしょう。

【長 所】

  • 理想が高い
  • 喜びを追求する
  • 英雄的

【短 所】

  • 自分を甘やかす
  • 危なっかしい
  • 溺愛しがち

心理/性格

社交的かどうかは人それぞれですが、30代前半に自分を啓発し、自己発見のきっかけを与えてくれるキーパーソンに強く惹かれるでしょう。自分を導く師であるキーパーソンの存在は仕事面でも強い影響を与えます。この関係は愛情だけでなく、少なくとも強い友情や親愛感によって支えられるでしょう。

この日生まれの子供や若者が大人になる過程で欠かせないのが反抗です。不公平を敏感に感じ取り、不当な扱いや狭量さに敢然と立ち向かいます。一見したところ人当たりが良く無邪気ですが、芯の強さを持っています。

軟弱で、単純で、騙されやすい雰囲気を持っています。このためか、自分を傷つけるかもしれない人を心から受け入れてしまう傾向があるので要注意。しかし、「一度だまされるのは相手が悪い。二度だまされるのは自分が悪い」ということわざを支持しているので、経験からすばやく学び、同じ過ちは繰り返さないでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

山羊座(12月22日~1月20日)の特徴

山羊座は、人の一生を星座の12期に分割すると第10期(63歳~70歳)に当たることから、成熟した真面目な大人の時期と考えられています。ですから、倹約、省エネ、慎重なアプローチなどは、山羊座の責任感ある態度の典型です。

山羊座の山羊は、おとなしく草原で草を食べているだけのように思えますが、やがて、より見晴らしのよい地点を求めて山を登ります。この元気な山羊は、「野心」「意欲」「成功への努力」などを象徴しています。

山羊座生まれの人は、土星に支配されることから、真面目さ、責任感、そして制限への欲求が強まり、一見すると保守的に感じられますが、それは必ずしも向上を求めないということではありません。忍耐強く着実に高みを極めようとする人です。ですから、信条として、ゆっくりと丹念に取り組み、途中で投げ出すことは滅多にないでしょう。また、自由意志と自己主張の重要性を忘れることがないため、頂上を極めて、そこに留まる能力もあります。

一方で、権力とその効用について本能的に理解しており、独裁的になりがちです。人に何かを命令するどころか、やり方までいちいち指図し、言うことをきかせるために、圧倒的な知識をひけらかすことも珍しくありません。この、やや神経質な性格のおかげで、物事が容易に運んだり、上手く行きすぎたりすると、かえって疑わしい気持になるようです。

山羊座は非常に多様なタイプが見られるので、性格の判断が難しい星座です。しかし共通しているのは、土星の影響による宿命の感覚です。この感覚は、試練や困難や苦しみさえも、人生に包まれた一部として考え、縁あって巡ってきた、あらゆる役割を受け入れるでしょう。しかし、このような真面目な性格は、変化に対応できる柔軟性を欠くため、間違いや失敗をなかなか認めないところが心配されます。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

15日生まれの人は、ナンバー6(1+5=6)と金星に支配されています。ナンバー6に支配される人にとって、愛は人生最大のテーマ。また、金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあるため、15日生まれは、愛情や尊敬の対象となります。

1月15日は、山羊座を支配する土星の影響も受けます。土星は縮小・制限を意味し、制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。また、責任感が強く、限界を知り、慎重ですが、諦めやすいのが特徴です

これらの性質を受ける1月15日生まれは、金星と土星のコンビネーションにより、複雑な感情の持ち主になるでしょう。このため、対人関係に問題が生じやすくなります。
注意すべきは、ナンバー6が与えるカリスマ性を悪用することです。相手の立場を考えない、心ない言動は、いずれ破たんし孤立します。対立する前に、相手を知り状況を把握すること。そして、何事もタイミングが大事。愛や責任感も使い方次第で、周囲の評価が変わることを知ってください。

タロットが導くカード

15日の大アルカナ・カードは悪魔。お金や権力に魅力を感じたり、情熱や不条理を感じたりしたときに、頻繁に生まれてくる不安や欲望をあらわすカードです。悪魔は、物質的な満足感や金銭を求める人間の気持につけこみ、虜にしてしまいます。

悪魔が象徴するのは、安定にしがみつく人間の本質なのです。また、男女の気質のなかにある相容れない部分を利用して、人間を混乱させようとするのも悪魔です。しかし、男女の性的魅力と情熱的な欲望の表現は、このカードのあらわす良い面でもあります。更にこのカードは、肉体に縛られていても精神は自由に羽ばたけることを思い出させてくれます。

1月15日生まれの人は、他人に依頼心を植え付けたり、自分の威圧的な力を見当違いなことに使ったりしないよう要注意。

健康について

時々横道にそれて、無価値な行為にエネルギーを費やすことがあります。例えば、異常なダイエットや、その逆の過食、また買い物に夢中になるなどの行為を周期的に繰り返すことがあるようです。周囲を支配したいという欲求をコントロールし、価値あるものだけを受け入れるよう心がけてください。また、お酒や煙草、ギャンブルなどの感覚的な楽しみに弱いので、あまりそれに耽(ふけ)り過ぎないよう注意しましょう。

健康的な食生活を維持するためにも料理の腕を磨くこ。食事は、恋人や家族と会話をしながら楽むことが大事です。一人の食事が長期間続くと、好きなものばかり食べて生活習慣病を招く恐れがあります。

1月15日生まれの方へ

ヒーローの役を演じるのは避けられない運命。それがあなたにふさわしいゴールであることを忘れずに。ものを見る目を養い、変化を受け入れること。自分に役立つことを見つけましょう。待つことや、行動のタイミングを学んでください。何をするにも時と場所を見計らうことが大事です。

裏切られたり、侮辱されたりしたときに、自分の周りに鉄の壁を張り巡らせるのは止めましょう。おおらかさと用心深さのバランスを上手にとることが大きな課題です。

【瞑想の言葉】

人生の闘いで最も強力な武器は知恵と理解である。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link