7月17日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月17日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月17日生まれの人は、スターになりたい、仕事でトップに登りつめたいという願望をもっています。普段は真面目で控えめ、引っ込み思案のように見えるので、そんな願望をもっているとは感じさせません。物静かで、受け身がちな世捨てタイプと勘違いされますが、ここ一番の頑張りどころでは、侮れないほど大胆になれる人です。また、一見、冗談とは無縁そうですが、素晴らしいユーモアのセンスの持ち主でもあります。


Sponsored Link


7月17日が導く運勢

【キャリア志向の頑張り屋】

つまらない人物や組織、取るに足りないことなどに全力投球してしまいがちです。頑張る方向を間違えてしまうと、何より大切な時間を、ただ欝々(うつうつ)と送るかもしれません。それは、自分の強さ、或いは心の底で燃えたぎっている野心に気づいていないからです。若いうちに、将来の進路について誰かに相談するといいでしょう。そうすれば、自分が何に向いているかを把握でき、才能をどう伸ばせばいいかも見えてきます。

【長 所】

  • 大望を抱く
  • まじめ
  • 自信がある

【短 所】

  • 自信過剰
  • よそよそしい
  • 非情

心理/性格

お金や権力のために努力する人もいますが、むしろ時間や労力は自分自身のために費やすという人が多いでしょう。ですから、頂点を極めたり、あと一歩というところまでいっても、何らかの理由で不意に方向転換してしまうことがあります。達成感、思いがけない発見、偶然の出来事などがきっかけとなり、別の道を志そうと、突然決意する場合があります。

フリーランスや事業など、自由に動き回れる職業に向いています。陰で支えてくれるような協力者がいてもうまくいくでしょうが、大抵は一人で動くタイプです。暫くは、朝9時から夕方5時までといった仕事を楽しんでいても、経験を積んだら独立へとステップアップを試みます。いったんこの分野でで頑張ると決めたら、何が何でもトップになろうと努力します。自信に満ちているので、邪魔が入らずに思う存分やりたいことができさえすれば、長い下積みも苦にしません。また、目標に一歩でも近づこうと、まわりの人々を巻き込んだり、うまく人を操縦することが自然とできる人です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。
月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。
甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

17日生まれの人は、ナンバー8(1+7=8)と土星に支配されています。ナンバー8に支配される人は、ゆっくりと着実に生活基盤やキャリアを築いていきます。一方、孤立しがちで、気ままな性格になりやすく、何かに没頭し過ぎる傾向もあるようです。土星に支配される人は、制限や制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。

7月17日は、蟹座を支配する月の影響も受けます。月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。

これらの性質を受ける7月17日生まれは、土星の現実的な考えと月の感受性豊かな部分が結びつくことで、人々の感情的な部分をコントロールし、話をまとめることが出来ます。注意すべきは、自分にも他人にも厳しくなりがちなところです。少しは遊び心がないと、周囲からの助けが得られず、孤立する恐れがあります。

タロットが導くカード

17日の大アルカナ・カードは星。裸の美しい娘が、星の下にいます。彼女は1つの水差で乾いた大地を潤し、もう1つの水差しで池のよどんだ水を生きかえらせているのです。

娘が象徴しているのは地上の生命の繁栄。しかし、彼女の肉体はその繁栄の奴隷であることも示しています。一方で、頭上の星は精神的な世界の存在を思い起こさせます。

このカードは、7月17日生まれの人に対して、犠牲にするものを間違わないよう警告しています。また、常に大志を抱き、人生目標を高く設定することが大事とも告げています。

健康について

健康に気を配りますが、それには理由があります。健康なくして成功はありえないと信じているからです。ですから、バランスのよい食事を摂ろうと日々、心がけるタイプなので、さほど健康面に心配することはないようです。ただし、精神面も鍛えるようにしてください。仕事上の競争からくるストレスに耐えられないと、せっかくの情熱の火が消えてしまう場合があります。自己を手助けしてくれるような、自己啓発本などを参考にするとよいでしょう。

7月17日生まれの方へ

ギブ・アンド・テイクを心がけましょう。周りの人々を意のままに動かそうとしなように。野心のために人間関係を犠牲にしてはいけません。肩の力を抜いて、笑みを絶やさないようにしてください。

【瞑想の言葉】

人生の困難は成長のための試練である。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link