12月27日生まれの運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月27日生まれの人は、自分を責め、落ち込んだりプライドをなくしたりする傾向にあります。もともと高潔な精神の持ち主で、正しい行動をしているという自負を持っているだけに、疑念や罪の意識などネガティブな感情が芽生えると本質的な部分に傷を負ってしまう危険があります。成長するためには、外から来るものでも自分の内に発生するものでもネガティブな力に負けないことがきわめて重要になります。


Sponsored Link


12月27日が導く運勢

【高い次元で献身する人】

高い次元で周囲に尽くす人です。家族や友人、または地域社会が必要とするものを提供します。専門的な技術を持っていることも多く、才能を有効に使う方法を知っているので、周囲に対して現実に即した貢献をすることができます。

一方で、自分を犠牲にしがちなことが大きな問題となります。あまりにも気前がよく、自分の望みを明らかにするという基本的な権利すら諦めてしまうことがあります。自分を大事にして、あまり譲らないよう制限を設けるといいでしょう。また、怒りや不満を溜め込まないようにすることも大事です。

【長 所】

  • 気前がいい
  • 気品がある
  • 愛情を込めて人に尽くす

【短 所】

  • 罪の意識にとらわれやすい
  • 自分を信用できない
  • 感情を抑えがち

心理/性格

機知に富んだユーモアを愛する気立てのいい人です。そのため、私心がなく気前のよい人間だと思われているので、自分の意志を通そうとすると、周囲の人は驚くでしょう。しかし、場合によっては、率直に言い分を主張し、異なる意見を押し通す勇気も必要です。一個の人間であることを分かってもらうことも大事です。

鋭い感覚の持ち主で、侮辱や拒絶には敏感な人ですが、フラストレーションや攻撃性を、外に出さずじっと我慢するタイプです。もっと積極的に自分を表現し、ストレートに反応して、必要なら少し衝動的になったほうがいいでしょう。

社会的な生活と私生活をきっぱり分けようとします。驚くのは、職場を出て家路に着くときには、仕事を完全に忘れ、考え方さえガラリと変えられることです。家を職場にしている人でも、その点は同じ。私生活を非常に大切にしていて、親しい人との付き合いをおろそかにできない人です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

占星術が導くナンバーと惑星

27日生まれの人は、ナンバー9(2+7=9)と火星に支配されています。9は特別なナンバー。あるナンバーに9を足すと各位の数字の和が必ず元のナンバーになり(例:5+9=14➡1+4=5)、また、9をかけた場合は各位の数字の和が必ず9になる(例:5×9=45➡4+5=9)というように、他のナンバーに強い影響を与えます。したがって、12月27日生まれの人も、周囲に対して強い影響力を振るいます。

火星は力強い攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーを象徴しますが、12月27日生まれの人は、山羊座を支配する土星からの影響を強く受けることで、控えめで穏やか過ぎる性格になりそうです。注意すべきは、無気力な態度です。火星の力を引き出すには、前向きな考えをもつことが大事です。


Sponsored Link


タロットが導くカード

27日の大アルカナ・カードは隠者。通常はランプと杖をもって歩く姿が描かれています。隠者は瞑想、孤独、沈黙の象徴。このカードは、明確な知恵と究極の修行を意味しています。また、隠者は人々の良心を呼び覚まし、導く存在です。

このカードのもつ良い面は粘り強さ、目的意識、知識の深さ、集中力。悪い面は独断、心が狭いこと、不信、落胆です。

12月27日生まれの人は、孤立しがちなので要注意。また、周囲との感情交流を避けて自分の世界に籠らないよう気をつけること。

健康について

憂鬱(ゆううつ)になったりフラストレーションを抱えたりなど、感情面でのトラブルを招きがちです。人に献身し積極手に自分をアピールできない性格のためでしょう。怒りを外に出せないと、だんだん無気力になってきます。パワーを失わないよう恋人や家族との時間を大切にすごしましょう。信頼できる人とのスキンシップは、精神の健康を保つ上で非常に重要です。

動脈硬化症や血栓症にならないような食事を心がけること(脂肪、食品添加物、コレステロール、糖分を減らし、新鮮な果物と軽く調理した野菜を主体にしましょう)。また、もし座りっぱなしの仕事に従事しているようなら、十分な運動を心がけてください。

12月27日生まれの方へ

ふさぎ込まず、寛容さと活発さを失わないようにしましょう。気力を高め、楽観的になって、前向きな考え方や態度でいること。献身的な性格は大切です。しかし、与えるだけでなく、見返りも求めること。自分の価値を大事にしてください。

信仰はきわめて重要な要素になるでしょう。宗教など何か精神的なものの力は、自分を支え、人生に意味を与えるためにも必要です。高次の存在や人間、あるいはその両方に対する信仰をもてれば、心がもっと広くなるでしょう。人に尽くすばかりではなく、かといってそういう性質を失わずに、ちょうどいいところでバランスをとることが大事です。

【瞑想の言葉】

意味のない笑いでも、心に及ぼす影響は大きい。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link