6月19日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月19日【双子座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

6月19日生まれの人は、人がもつ最高のものと最悪のものを引き出します。人を刺激するつもりはなくても、つい目立ってしまい、強烈な反応を呼び起します。そのため、存在そのものが脅威となり、反感を買うこともあるでしょう。
その一方で、迫力あふれる態度と不屈の精神が称賛の的にもなり得ます。いずれにしても、波乱に満ちた人生を送る人が多いでしょう。


Sponsored Link


6月19日が導く運勢

【刺激あふれる火付け役】

人に強い刺激を与えるので、どんなに腰の重い相手でも動かされてしまいます。断固として行動する強い信念と勇気は、周囲の人にとって確かに良い刺激になります。ただし、傲慢な態度には要注意です。自分が天狗になっていることに気付かない場合もあり、そんな時は、ちょっと薬が効き過ぎるかもしれませんが、こっぴどく怒られることも必要な人です。

【長 所】

  • 熱中できる
  • 説得力がある
  • チャレンジ精神がある

【短 所】

  • 人を挑発する
  • トラブルに巻き込まれやすい
  • 無頓着

心理/性格

女性の場合、とても説得力があり、何をしたいかがはっきりしています。キャリアか勉強か、愛のある関係か経済的安定か等々、2つに1つを選択し明確な方向性をもっています。

男性は一般に着実なタイプです。女性と同じく激しい面もありますが、どんな運命が待ち受けていようと、びくともしません。基本的に、男女とも、自分の周囲を動かそうとする傾向があります。

外圧に屈しないのは立派ですが、歩み寄りの精神でいったほうが、はるかにうまく事が運ぶのに、かたくなになってしまうことがあります。妥協などしたら、自分の願望や信念などを売り渡すことになると思っているようです。

最大の問題は、社会における自分の役割の限度を理解できないこと、そして理解しようとしないことです。何事も、性急になり過ぎると、挫折を招きやすく、苦境に追いこまれる恐れがあります。おそらく、重圧を受けながらもへこたれず、負けん気を発揮するでしょうが、長い間に、その重圧がじわじわと心に悪影響を及ぼします。

自分の猛烈な生き方が家族や愛する人にどう影響するのかを、よく考えなければなりません。「こんなはずじゃなかった」と思った時には、取り返しのつかない状況になる可能性があります。

星座/占星術が導く365日誕生日占い
星座別365日一覧表 誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当...

双子座(522日~621日)の特徴

双子座は、人の一生を星座12期に分割すると、第3期(14歳~21歳)に当たることから、大人になろうと もがく思春期に例えられます。
この時期(第3期)は、社会に溶け込もうとする一方で、親や社会の権威から逃れたいという願望がみられます。

水星に支配される双子座は、思ったことをストレートに表現し、気持ちを伝えることが出来ます。また、頭の回転の速さとコミュニケーション能力に優れていることもあり、「活気」「多様性」「変化」などといった、慣習にとらわれない 立ち向かう気持ちを周囲に与えるでしょう。しかし、大局的な全体像よりも細部にこだわるため、進むべき方向がブレやすく、唐突に方向転換することもあります。

双子座の人は、思春期の頃と同じで、興奮と変化に心惹かれます。ですから、飽きっぽく、家の中で のんびり単純な喜びにふけるよりも、何かおもしろいことを探しに出かけることを好みます。

基本的に、燃えるような神経エネルギーを備えていますが、飽きやすく、長期の取り組みを求められると、すぐに諦めるか方向転換したくなるようです。この点に、双子座を支配する高速の惑星である水星の影響が感じられます。

水星に影響されると、舞い上がるような高揚感を与えてくれる活動に惹かれます。特に、何よりの楽しみは、仲間とつるんで うろつき回り、もめ事に首をつっこむことです。
このような、思春期を思わせる無遠慮なところはありますが、本質的に反抗的なわけではありません。単に個性を謳歌し、個人の自由に無上の価値をおいているのでしょう。

集団に属することを好み、あふれるアイデアと話術で社交の場を活気づけることでしょう。
一方で、考えが変わりやすいこともあり、気まぐれ屋、ことによると薄っぺら、と非難されることがあります。しかし、当の本人は考えを変えることに、まったく罪悪感がありません。
執着をもたないことは、双子座生まれの人のモットーであり習性なのです。

双子座の運勢と性格【星座を48期に分けた誕生日占い】
双子座(5月22日~6月21日)を占う! 双子座を分割すると・・・ 牡牛座~双子座カスプ(5月19日~5月24日)※下記注釈...

占星術が導くナンバーと惑星

19日生まれの人は、ナンバー1(1+9=10➡1+0=1)と太陽に支配されています。
ナンバー1に支配される人は、たいへん個性的です。また、人の意見に惑わされることは滅多になく、何事にも1番を目指します。
一方、太陽は、創造エネルギーと情熱を象徴し、人々に活力を与える存在です。この太陽エネルギーは、しっかり方向を定めて、力を継続して使うことが大事です。

6月19日は、水星(双子座の支配星)と月(蟹座の支配星)の影響を受ける双子座~蟹座カスプ(6月19日~24日の双子座と蟹座が混じり合う場所)に当たります。


Sponsored Link


水星は、頭の回転の速さとコミュニケーションをあらわします。
水星に支配される人は、細部に注意を払い、先読みして行動することを好むため、トランプやマージャン、パズルなどのゲームが得意なこともこの惑星の特徴です。

月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。
この月の影響を受ける人は、主導権や自主的な行動が抑制されるため、リーダー的な存在にはなりにくいようです。また、月のもつ思慮深さが消極性を強めるため、フラストレーションが溜まるでしょう。

これらの性質を受ける6月19日生まれの人は、月が影響する内なる感情と、水星のもつ外に発信する知性がぶつかり合い、言動が激しくなりがちです。また、野心的で束縛を嫌う傾向にあるので、職場でトラブルを起こすことが多いようです。
精神の成長には内外ともに自分を抑えることが大事と心得てください。言葉を発する前に一呼吸おくといいでしょう。

タロットが導くカード

19日の大アルカナ・カードは太陽。
他のカードに比べ、極めてたくさんの良い解釈が出来ると言われています。象徴するものは知識、生命力、幸運です。

太陽は、他にも「尊敬」「報酬」「明瞭」「周囲との調和」「良い評判」などの意味もあり、良いこと尽くめのように思われますが、一方で「高慢」「虚栄」「自惚れ」という悪い面もカードは暗示しています。

健康について

女性の場合、手を広げ過ぎて疲れ果てることが多いので注意すること。心に負担を掛け過ぎたり、周囲の批判にさらされたりすることは避けなければなりません。健康のためには、生活や仕事がやりやすい環境を選ぶことも大切です。

男性は、病気につながる徴候が長びいたら無視してはいけません。また、うつ病の兆しを見逃すと慢性になりがちなので、くれぐれも注意すること。はっきり「ノー」と言えないのがこの日生まれの男性の欠点です。

男女とも、心理の面で、男性的な部分と女性的な部分のバランスをとることか重要です。出来るだけバランスのよい食事をとり、創意工夫して、料理の腕を磨きましょう。運動は軽いものがおすすめ。ウォーキングや水泳など、体に衝撃の少ないスポーツがいいでしょう。

6月19日生まれの方へ

自分の内面や身の周りで起きていることに、もっと目を向けましょう。それが出来れば、燃え尽きることなく、成功のチャンスも掴みやすくなるようです。自分に選択の余地を与え、ときには障害を避けて遠回りすることができれば(正面からぶつかるのではなく)、成功への大きな一歩となります。

もう少し冷静になって考えましょう。方針や役割に縛られないこと。他人の気持を思いやり、歩み寄りを心掛けてください。

【瞑想の言葉】

チーターと競争したり、カンガルーを相手にボクシングをしたりするのは愚かなこと。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

星座占い一覧
星座から運勢や性格を確認してみましょう!
牡羊座 牡牛座 双子座
かに座 獅子座 乙女座
天秤座 さそり座 射手座
山羊座 水瓶座 魚 座

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link